« 「JIN-仁-」 第3回 自分の病との闘い! | トップページ | 小島慶子、吉田照美の番組に乱入! »

2009年10月26日 (月)

「天地人」 第43回 いままでで一番の出来でした

 「天地人」 第43回、いよいよ物語も佳境、というところですが。

 今回のメインは、妻夫木クンと小泉孝太郎クンの兄弟の絆。
 脚本が、素晴らしかったです。 あんまりシャミセンを弾かないでもらいたいものです。 これだけの話を書けるのならば。

 石原良純サンの福島正則と話しこんでいるうちに、半ばたきつけられたような、小泉クン演じる大国実頼。 妻夫木クンが徳川との折り合いをつけるため、上杉の存続をかけてギリギリの選択をした本多正信の息子との婚儀も、東幹久サン演じる泉沢が止めるの聞かず、自分の一存で断ってしまう。
 自分は上杉家中の不満を代表しているのだ、もののふが自らの保身に汲々としてどうなる、という、このときの小泉クンの表情は、まるで郵政民営化を強引に押し通し、自民党がぶっ壊れても構わない、という覚悟を前面に出していたころのオヤジサンをほうふつとさせる姿でした(笑)。

 当然徳川方は、これに乗じて上杉をとりつぶそうとするんですが、妻夫木クンは終始一貫して、本多親子や徳川に平身低頭、平謝りし続ける。

 これを上杉が徳川にヘーコラしている、上杉の義はどうした、情けねー、誇りがないのかなどと、口で言うのは簡単です。
 事実上、上杉がお家の存続を第一に考えたのだとしても、それは武士道にもとることだとしても、そんな批判の嵐のなかで職務を全うしようとした妻夫木クンの覚悟たるやいかに、と思われてなりません。

 本多親子のもとを謝罪に訪れた妻夫木クンは、ここで重要なセリフを言うのです。

 「義だ、誇りだと、声高に叫ぶ者たちの心中にあるのは、ただおのが体面のみ。 我らが奉ずる義とは、もっと大きなもの」

 結局それがいかなるものであるのかは、このシーンではついに語られませんでしたが、要するに上杉の義とは、狭義なメンツなどではない、ということなのです。

 メンツというのは、自らの信じるものに潔くありたい、と思う心のことだと思いますが、それは裏を返せば、自分や自分のお家さえカッコよければいい、という勝手さと、表裏一体の部分がある。 泥をかぶることは、その点においてまことにみっともなく、カッコ悪い。 だがいくら後世からカッコ悪いとの謗りを受けようとも、生きのびてこそ浮かぶ瀬もある、という兼続の考え方は、現代でこそますます光ってくる考えのように思えるのです。

 ここで妻夫木クンの申し開きを聞いていた本多正信の描きかたが、またよかった。
 終始、黙ったままなんですよ。 妻夫木クンをじっと見据えて。
 そして絶望的状況だった上杉家に対して、寛大な処置を進言する。 小泉クンの首がつながって、高野山に追放、ということですよ。
 男は黙ってサッポロビール(笑)、って感じです。 松山政路サン。

 そのあとひとり酒を飲む妻夫木クンの場面もよかったぁ。
 小泉クンから言われた、「兄上のやっていることは、ホントに上杉のためなのですか?」 という言葉を思い出して逆上し、いったん盃を振り上げるのですが、思いとどまって投げるのをやめ、「…実頼…」 と絞り出すように吐き捨てる。
 自らも、武士としてのメンツを守りたいという気持ちがまだ心のなかにくすぶっているからこその、このシーンでした。
 こういう、「上杉の義」 をめぐる複雑な葛藤は、物語を限りなく深くしているように思います。

 高野山へ追放の沙汰を妻夫木クンから申し渡され、「私を死罪にして、家中への見せしめにしてください!」 と迫る小泉クンに、妻夫木クンが言うセリフ。 今年の大河のなかで、最も感動した気がします。
 「実頼、この世の中、捨てたものではない。 生きて罪を償えば、また新たな望みも生まれる! 罪を負うておるのは、わしもじゃ…。 実の弟を、ここまで追い詰めてしもうた…。 たとえ、今生の別れでも、心は常に、お主とともにある…」
 泣きました。

 開墾が続く農地で、妻夫木クンがふと見かけた幼い兄弟に、与六と与七時代の姿を思い出し、胸を熱くするシーンは、その涙をさらにダメ押しさせていただきました。
 ここでダメを押されるとは。 すごいですよ、ホント、この脚本。

 冒頭にも書きましたが、これだけの優れた話を書けるのならば、シャミセンなど弾かないでもらいたいものであります。

|

« 「JIN-仁-」 第3回 自分の病との闘い! | トップページ | 小島慶子、吉田照美の番組に乱入! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46590495

この記事へのトラックバック一覧です: 「天地人」 第43回 いままでで一番の出来でした:

» 天地人 第43回「実頼追放」 [あしたまにあーな]
今回は、久しく語られることがなかった上杉の正しい「義」の考え方について実頼という存在を通して教えて貰ったような気がします。これまで、曲がったことはせずに自分たちが正しいと思う道こそが義なのではないかと思っていたときもありましたが、それは兼続に言わせると全然違っていたんですね。そのことを上杉の主君である景勝ではなく兼続を通して知ることになります。 実頼も少しかわいそうな気がしますね。自分でも上に書いたような考え方をしてしまうのに、それをきちんと説明を受けずに自分が決めたことだからと兼続に言われて納... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 23時01分

« 「JIN-仁-」 第3回 自分の病との闘い! | トップページ | 小島慶子、吉田照美の番組に乱入! »