« 「徹子の部屋」 オノ・ヨーコサンと黒柳サンって… | トップページ | 「ブラタモリ」 上野 巨大なテーマパーク »

2009年10月 8日 (木)

百恵チャンの 「ザ・ベストテン」 全出演映像DVD化から見えるもの

 スポーツ紙などに大々的に報道されていますが、山口百恵チャンがTBSの伝説番組 「ザ・ベストテン」 に出演した際の映像を、すべて網羅した5枚組7時間にも及ぶDVDが、2009年12月16日に発売されることになったとか。 「ザ・ベストテン 山口百恵 完全保存版 DVD BOX」、価格24,990円。

 欲しいけど、高すぎるなあ。 だいたい、DVDなんて、せいぜい2、3回見たら、もう終わりだし。

 ボーナス特典として、「ザ・ベストテン」 以前の楽曲、「秋桜」「イミテーション・ゴールド」 などの映像も収録するそうですが、どうせならデビュー曲の 「としごろ」 からすべてのシングル曲を全曲入れなさい、と言いたくなりますけど。 「ロッテ歌のアルバム」 とか、同じTBSのソースは、あるんじゃないのかなあ。 いずれにしろ、百恵ファンの私としては、買いたい気持ちを抑えきれません。

 でも、この一報を知って最初に私が思ったのは、百恵チャンの出演部分だけじゃなくて、全部見たいんだけどなあ、ということでした。

 正直言って、「ザ・ベストテン」 という番組は、すべて再放送してもらいたい、とかねてから思っているんです。 個人的には、すべてでなくてもいい、自分が見ていた時代だけでも、という感じですけど。
 現在どうしようもなく視聴率が稼げないTBSにとっては、昔のこういう名番組を再放送してくれた方が、よほどいいような気が、するんですけど。 スポンサー収入のほうが、こういうDVDの売り上げよりも見込めるんじゃないのかなあ。 大きなお世話ですけど。

 こういう全編生放送だった番組を再放送するっていうのは、いろいろとややこしい部分もあるんだとは思いますけどね。
 昔のVTRを現在テレビで流したりするとき、ヘンな部分にぼかしが入っていることが多い。
 あれって、とっても気になるんですけど(笑)。
 特に 「ザ・ベストテン」 なんかのVTR、出演者の一部の人にぼかしが入っていると、ぼかしを入れざるを得ない出演者なんて、いたっけなあ?って気に、なるんですよ。 権利関係で、顔出しできないとか? 刑務所入ってるとか?

 生放送で、子供のおちんちんが露出してしまった時もありましたけど(笑)、昔はそんなハプニング映像を年末の 「ベストテン豪華版」 でまた放送する時にも、あまりぼかしなどの編集はしてなかった気がします。 おおらかな時代でした。 今は何でもかんでも、あれを映すとまずい、とか、ヘンな縛りが多過ぎる気がします。 どうも現代社会の心の狭さを象徴しているようで、私としては昔のユルイ放送のほうが好きだな。 テレビっていうのは雑草メディアだ、という私の考えは、もう古いんですね。 ひとかどの権威になっちゃって、成熟しちゃったメディアですからね、いまのテレビ界って。

 話は戻りますが、「ザ・ベストテン」 だけじゃなくって、百恵チャンが出演したすべての番組のアーカイヴが、手軽に見られるようになると、いいんですけどね。 まあ、百恵チャンに限らず。 開放すべきだと思うんですよ、すべてのテレビ局は、そういう昔の映像を、ほこりをかぶったままにして置かずに。

|

« 「徹子の部屋」 オノ・ヨーコサンと黒柳サンって… | トップページ | 「ブラタモリ」 上野 巨大なテーマパーク »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント


リウ様


お久しぶりです。


その節は、友和さんと百恵さんの事でコメントさせていただいて、お世話になりました。


私の知らなかった、友和さんと百恵さんの事を教えていただき、ありがとうございました。


忙しくなってコメントを書けずにいました。


見れば様変わりしたようで、私が書いたコメントを見つける事ができませんでした。


急に、黙っていなくなるのは嫌だったので、どこにコメントを書けばいいのかわからずここに来ました。


一つの区切りとして、コメントは控えさせていただく事にしました。


もしもフラっとここに寄った時は、よろしくお願いいたします。


いつまでも、友和さんと百恵さんのファンでいてあげて下さいね。


お世話になり、ありがとうございました。


お身体を大切に…。

投稿: ちい | 2017年7月 7日 (金) 19時11分

ちい様
コメント下さり、ありがとうございます。

気軽に来ていただければ、こちらとしては大歓迎です。

もし私のサイトのなかのお目当ての記事が見当たらない場合は、「橋本リウ エニシダの木陰」 で検索していただくとスムーズにたどり着けると思います。 「エニシダの木陰」 を話題にしているサイトなど、ほとんどないはずですから(笑)。

いや、そもそもの話ですが、「三浦友和と仲間たち」 に関しては、もう少しインターネットでみなさん話題にしていいんじゃないか、とは思いますね。

「エニシダの木陰」 以外にも、いい曲がたくさんありました。 確かに素朴な好青年という性格が前面に出過ぎていたけれど、三浦友和サンの歌う歌にはいいものが多かった。 私が 「エニシダ」 と同じくらい好きなのが、「水たまりのステップ」 という曲。 この歌を思い出すと、あの頃の甘酸っぱい気持ちがたちどころに蘇ります。

またいつの日かコメント欄でやり取りできることを、楽しみにしております。

投稿: リウ | 2017年7月 8日 (土) 12時29分


リウ様


こんにちは。


コメントをいただき、ありがとうございました。


先ほど、元のところにコメントを書かせていただきました。


慌てて書いて、コメントをいただいたお礼を言うのを忘れてしまい、すみませんでした。


私も【三浦友和と仲間たち】の事は、もう少しインターネットなどで、ファンの方は話題にしていいのではないかと思いました。


と言うか、話題にしてほしいものです。


いい曲がたくさんありましたよね。 


雨あがりの街だったかな?


歌詞の最後のほうが、♪悪いけどさよならは言えそうもない まだ君を愛してるから♪っていう曲や、バラード系で歌い出しが♪卵形のろうそく 明かり灯して♪で始まる曲も好きです。


少し前、ミュージックフェアに、友和さんが出ていらっしゃいました。


1982年頃の友和さんで、来生たかおさんと『セーラー服と機関銃』をデュエットされていました。


めちゃくちゃ素敵で、今ではあまり言わないけど、やっぱり二枚目でした。(笑)


三浦祐太朗さんが、百恵さんの歌をカバーして、4日前にCDを出しましたね。


早速、通販で購入しました。


今、入荷待ちです。


毎日暑い日が続きますが、お身体を大事になさって下さい。


またお話しできる日まで、お元気で。

投稿: ちい | 2017年7月 9日 (日) 14時53分

ちい様
コメント下さり、ありがとうございます。

百恵ちゃんの息子さんのCDを予約、なんてかなりマニアックですね(笑)。

ああそれでなのか、と思い当たったのは、こないだNHK総合テレビで明石家さんまサン司会の 「第2回明石家紅白」 なる特番が放送されていて、そこで三浦祐太朗クンがご自身の母親(つまり百恵ちゃんですね)の 「プレイバックPART2」 を歌っていたんですよ。 CDのプレビューですね。

しかもその番組には宇崎竜童・阿木燿子ご夫妻もご出演されていて、祐太朗クンは宇崎サンの生ギターに合わせてこの曲を歌ったのでした。

百恵ちゃんのCDに合わせて未だに車の中でひとり一緒に歌っている私の考えるところでは、このバージョンはかなり元の曲に比べるとスロー。

つまり、「プレイバックPART2」 とそれに続くシングルの 「絶体絶命」 は、かなり早口言葉レベルで展開する曲なんですよ。 特に 「♪交差点では隣の車がミラーこすったと 怒鳴っているからあたしもついつい大声になる」 の部分は舌がもつれます(笑)。 「絶体絶命」 も、冒頭部分もかなり早口で歌いにくいけれど、「♪やってられないわ」 のところは 「やってられられられ」 みたいになってホントにやってられなくなってくる(笑)。

だから祐太朗クンの歌ったテンポでは、その難しさが実感できないのです(笑)。

それにしても私、三浦祐太郎クンのお顔は、このとき初めてまじまじと見た気がします。 いや~、お父上に似ているパーツもあればお母上に似ているパーツもある。 ホントにおふたりのお顔を融合されたようなお顔立ちでございました。 弟のほうの三浦貴大クン、でしたっけ、この人はドラマでたまにご尊顔を拝するのですが、クチビルが百恵ちゃんですね(笑)。

それにしても、毎度毎度、話が長くなってしまって申し訳ありません。

それではまた、お元気で…。

投稿: リウ | 2017年7月10日 (月) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46429693

この記事へのトラックバック一覧です: 百恵チャンの 「ザ・ベストテン」 全出演映像DVD化から見えるもの:

« 「徹子の部屋」 オノ・ヨーコサンと黒柳サンって… | トップページ | 「ブラタモリ」 上野 巨大なテーマパーク »