« どなたですかぁ~(笑)ひとりで600件近くアクセスしてる人ーっ(笑) | トップページ | さようなら南田洋子サン »

2009年10月21日 (水)

「吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」 中島サンとの関係って

 最後のツアーの中止から初めて(?…たぶん)の、拓郎サンのラジオ出演となった、2009年10月20日ニッポン放送、「オールナイトニッポンGOLD」。
 別記事でもちょっと書いたのだが、その最後のツアーのライヴ盤を出すそうで、これまでのライヴ盤ではカットが当たり前の、観客の話し声だとか、MCだとか、ライヴ終了後の様子だとかを入れまくった、常識を塗り替えるものらしい。
 タイトルも、「18時開演」 という、お店に行って 「18時開演下さい」 と言ったら 「うちはチケット売ってません」 と言われそうな(笑)、と拓郎サンが自画自賛しまくる、ヘンなタイトル。

 ツアー中止の時には、体調も5、60点だったらしいのだが、いまは100点だと。 夏の暑い時期に、ちょうど体調の悪い時が重なってしまった、というようなことを、拓郎サンは話していた。

 100点、と胸を張るだけあって、この日の拓郎サンは、全開バリバリの元気さ。 あまりにそのしゃべりが溌剌とし過ぎて、とてもじゃないが63歳とは思えない。 30年前の放送みたいな錯覚を覚えた。 …ちょっと2件前の記事と、内容が重複してます(笑)。

 別記事と内容の差別化を図りたいと思いますが(笑)、番組開始1時間半、午後11時半あたりから、声のメッセージをくれたのが、あの中島みゆきサン。 傍らで、瀬尾一三サンも話していた。
 3年前のつま恋コンサートでサプライズゲストとして登場した時のことで、未だに引っかかっていることなどを話していた。
 拓郎サンからハグをされた時に、あまりに力が強くて、サバ折り状態になってしまった(笑)とか、そのライヴ終了後にパーティがあって、そこの食事がおいしそうだったのに、無理やり帰らされた(笑)とか。 瀬尾サン、そのときのメニューは覚えていないけど、とてもおいしかったと(笑)。
 拓郎サンはそれを聞いて、あの時はいろんなテレビ局とかたくさん集まってて、中島がそういうのが苦手だろうなと思ったから帰したんだ、オレの優しい気持ちが分からないのか!(笑)と反撃。

 それにしても、拓郎サンは中島サンの 「悪女」 を一緒にステージでやりたいらしくて、「悪女をバックでやらせてくれよ…って、…ワッハッハッ!違うって!(笑)」 と、自分で言っといて大ウケ(笑)。 「そうだ来年は、中島がツアーやったら、どこかにもぐりこんで 『悪女』 をやらしてもらおう、これを来年の目標にしよう」 と、冗談ともつかない決意発表。

 そこで拓郎サンが弾いたのが、「悪女」 の替え歌。

 「マリコの部屋でー、マリコと交尾ー」(笑)。

 元ネタがアルフィーの坂崎サンのものであることをバラしていたが、この替え歌、個人的に、とてもなつかしくて。
 拓郎サンもよく覚えていたなー、と思って。
 感動したっ!(笑)

 1982年1月1日深夜(1月2日)、拓郎サンの 「オールナイトニッポン」 で、当時まだメジャーではなかったアルフィーがゲストで、新年会を兼ねたような、ハチャメチャな放送をやっていて。
 「どーせ元日の夜だから、だ~れも聞いちゃいないだろう」(笑)という拓郎サンの判断のもと、全員が酔っぱらいまくりの(?)放送だった。
 あまりに腹のよじれるケッ作な放送だったため、カセットテープに録音しておいた。 なんべん聞いたか分からない。 そこで坂崎サンが歌ったのが、「マリコと交尾」 だったのだ(笑)。 ちょっとほんの一部、抜粋してみる。

 高見沢サン 「♪マリコの部屋でー、マリコがいたらー、またまたマーリコー、ミエコの部屋でー、ミジコ(?)がいたらー、トモコはいないー、ミエコ」
 坂崎サン 「(こうせつサンのモノマネでセリフ)ミエコが出てきてねオイチャンの新曲がミエコっていうねえ、♪ミエコー、ミエコー(笑)…♪ミエコの部屋でー(笑)」
 高見沢サン 「♪ミエコの部屋でー、ミエコの部屋でー、ミエコの部屋でー、ミエコが見ーえたよ~」
 坂崎サン 「(ここでいきなりサビ)♪ あーくーじょーになーれーばトロロロヨヨヨヨトーロロー」
 高見沢サン 「♪なみだーがーぽろぽろぽろーとー、あくーじょー」
 坂崎サン(高見沢サンかな?)「……アクジョートオーッ!」(当時流行っていた映画「悪霊島」のことです)(笑)
 ここで拓郎サンから、「なんだそのアクジョートォーって?」(笑)と振られて、「アクジョートオーって言ったらあれっスよ」 と、「悪霊島」 のテーマ曲だった、ビートルズの 「レット・イット・ビー」 を弾き出すのであるが、酔っぱらっているせいか歌詞がグダグダで(笑)。 高見沢サン 「ホェナファイマイファイマイファイマイー、ファイマイ、…なんだっけー(笑)」 そこで比較的マトモだった桜井サンがちゃんと歌い出す、…という(笑)。 拓郎サンは終始、笑いっぱなし(笑)。 このあと坂崎サンが 「ディグ・イット」 を流れで(笑)歌うのだが、「BBC!TDK!FBI!ディギッ!ディギッ!…(裏声でジョンのセリフを真似て)アイハブジョージハリソン」 高見沢サン 「(笑)ちょっと待て」(笑) …TDK!って(笑)。 アイハブジョージハリソンって…(笑)

 高見沢サン 「♪マリコの部屋でー、マリコと交尾ー(笑)」
 拓郎サン 「ちょっと待て(笑)、その歌はよくない、『マリコと交尾』って(笑)」
 坂崎サン 「どこのマリコだよ~」
 高見沢サン 「葛飾だろうって」
 坂崎サン 「葛飾のマリコかぁ~」

 こうしていまあらためて、このテープを聴きなおしたのだが、どうも 「マリコと交尾」 を歌っているのは、高見沢サンのようだ。 当時はだれが坂崎サンで、誰が高見沢サンなんて、分からなかったからなあ。 まあ、アルフィーの場合もネタ化(笑)(拓郎サンの話とまた重複してしまいますが)しているケースが、まま見られるので、 「交尾」 は坂崎サンのネタかもしれないが、当の坂崎サンが 「どこのマリコだよ~」 と高見沢サンにこのとき訊いているので、高見沢サンが元ネタなんじゃないだろうか。

 話は戻って。

 今日の放送で、拓郎サンはみゆきサンをリスペクトしていると言っていたが、無名時代のアルフィーとみゆきサンの曲を俎上に載せている頃の拓郎サンは、あまりみゆきサンに関心がなかった気がする。 確かに1982年当時、みゆきサンも大メジャーになっていたとはいえ、まだまだ拓郎サンと格が違う、という感じだった。

 今日の放送でも、みゆきサンは曲作りを再開した、という拓郎サンに、私にも曲を提供してほしい、といったんはお願いしたものの、やはり思い直したように、やはり恐れ多くて、頂けませんと話していた。
 みゆきサンの心のなかでは、やはり拓郎サンは対等な立場ではないのだ。

 でもここ数年の拓郎サンとみゆきサンの距離っていうのは、あの頃に比べると非常に近い、と思えてならない。 そんなことを感じた、今日の 「拓郎のオールナイト」 だった。

|

« どなたですかぁ~(笑)ひとりで600件近くアクセスしてる人ーっ(笑) | トップページ | さようなら南田洋子サン »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46541001

この記事へのトラックバック一覧です: 「吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」 中島サンとの関係って:

« どなたですかぁ~(笑)ひとりで600件近くアクセスしてる人ーっ(笑) | トップページ | さようなら南田洋子サン »