« 「世界ふしぎ発見!」 18年越しのビートルズ | トップページ | 「JIN-仁-」 第2回 建前との闘い! »

2009年10月18日 (日)

サマーピクニックフォーエバーinつま恋総集編 加藤和彦サン…

 NHKBS2で、去る2009年9月20日に行われた 「サマーピクニックフォーエバー」 の総集編が放送されました。

 当日行なわれた中継で、「天地人」 の時間帯に中断された部分を見ようと思って、あらかじめ録画の予約をしておいたのですが、全く予期できない事態が発生したため、この番組を見る意義は、はからずも急激に上がった、と言っていいでしょう。

 それは、前日に亡くなってしまった、加藤和彦サンの、たぶん生前最後のテレビ(ライヴ)出演シーンが含まれていたせいであります。

 このライヴがNHKBSハイビジョンで生中継されていた9月20日当日の放送では、先に述べた 「天地人」 の毎週の放送を律儀に行なったためにすっぽり抜けていた時間帯に、加藤和彦サンがご出演されていたのです。

 加藤サンは、南こうせつサンと坂崎幸之助サンがデュエットした 「酔いどれかぐや姫」 のあとに登場。 「酔いどれ…」 の途中で、当日は放送が 「天地人」 に替わったのでした。

 この 「酔いどれかぐや姫」 を 「シュールでいい」 と評価してくれた人がいた、という紹介の仕方で、こうせつサンがコールしたのが、加藤和彦サンでした。
 「その人が今日、サプライズで、来てくれてるので、えープログラムに名前はないんですが、この人がいたからかぐや姫があったという、フォーククルセダーズ。 加藤和彦ーっ!」

 満面の笑みで現れた、加藤和彦サン。

 字幕には、「加藤和彦さんは昨日亡くなりました 心から哀悼の意を表します」 のスーパー。

 加藤サン 「実は今日は休みなんで、京都へ飯食いに行こうと思ってたんですよー。 のぞみに乗ろうと思ったんだけど間違ってこだまにのっちゃってー、で寝てーパッと覚めたら掛川で、お客サンがいきなり 『加藤サン今日は出るんですかー?』 って釣られてきちゃいました」
 こうせつサン 「いいねー(笑)」
 加藤サン「バレバレのギャグじゃないですか!」
 こうせつサン 「トノバン(加藤サンの愛称)、(坂崎)幸チャンとユニットがあるって…」
 加藤サン 「あ、あのー和幸っていう とんかつチェーンをやってます」(笑)
 こうせつサン 「じゃそれお願いします、ちょっと」
 ここでこうせつサン、退場。
 加藤サン 「あのーずっと、坂崎クンとはね、和幸チェーンを、やってまして」
 坂崎サン 「展開しておりまして」
 加藤サン 「マニアックな音楽ばっかりやって、…新人だから全然ヒット曲ないんですね」
 坂崎サン 「アルバムをいちおう2枚」
 加藤サン 「出てるんですけどね。 …知ってますか和幸?(客席から歓声)おっ、おおー。 でも和幸の曲は、やりませんー(笑)。 難しくてー(笑)。 えーこれから、あのー、川の歌を歌いますけどもー(歓声)…『長良川』っていう」
 坂崎サン 「(笑)長良川じゃないー。 奥入瀬川でもない」
 加藤サン 「(笑)えー掛川っていうのもありますね」
 坂崎サン 「掛川(笑)」
 加藤サン 「えーこれはあのー、北山修の言葉ですけども、この川はホントの川、実在する川ですけどもー、えー象徴的な意味として、ここにも流れてるかもしれないし家に帰ったらー、おとうさんとおかあさんの間、息子と娘、従兄弟とはとこ、いろいろありますがそこにも流れてるかもしれないしー、上司と部下とかね、国どうし、にも流れてます。 えーでも川ですから、えー、まあ、海へ流れていくわけですね。 でこの川の水がずうーっといって、ひょっとしたらこういうとこまで流れてるんではないかということで、ちょっと面白い仕掛けで、やってみたいと思います」
 
 「イムジン河」 をアコーディオン奏者、パトリック・ヌジェを交えて演奏。 たぶんこれは、フランス語でしょう。 パトリックサンの1コーラス目を受けて、加藤サンもフランス語で歌い、そして日本語バージョンで最後は締める、という 「仕掛け」 でした。

 そしてこうせつサンから、「あの素晴らしい愛をもう一度」 をみんなで歌いましょう、という提案を受けて、それまで出演していた、松山千春サン、森山良子サン、尾崎亜美サン、山本潤子サン、イルカサン、夏川りみサン、伊勢正三サン、杉田二郎サンもステージに上がります。

 加藤サン 「これー、千春サン歌ったことありますー?」
 千春サン 「ああ、まかして下さいよ! あたりまえ、あたりまえじゃないですか、この歌を知らずして、いやねえ、何を歌うんだ!(笑)あっ、かまやつサン、お目覚めですか!(笑)」
 こうせつサン 「じゃ、トノバン、どうやっていく?イントロは」
 加藤サン 「いいですよ、カウント係は誰ですか? カウント大臣は?」
 こうせつサン 「幸チャンがいいんじゃ」
 坂崎サン 「ぼくは、リハでやりましたけど本チャンは加藤サンで」
 加藤サン 「じゃ行きまーす。 ア、ノ、ス、パ」(←間違えてたらゴメンナサイ)

 このおしゃれなカウントのかけ方から、ステージでのMCから、まるでこのあとひと月もたたないうちに亡くなってしまうかたとは思えない元気ぶりです。 亡くなってしまったいまあらためて見てみると、まるで多くのミュージシャンに祝福をされているかのような、この加藤サン最後の 「あの素晴らしい愛をもう一度」。 かえすがえすも、信じられません。 悪夢としか、思えません。

 このコンサートでも話題に出ていた和幸や、サディスティック・ミカ・バンドを木村カエラチャンをボーカルに据えて再結成とか、個人的にはぜんぜん現役感の強かった加藤サンでしたが、世間的に話題になり続けていたからこそ、新しい曲ができないということが、余計にプレッシャーになっていったのかな、という気がします。 もっと一歩引いたような活動をしたって、過去の財産はじゅうぶんあるのに…。 考えてみれば、天才肌の加藤サンらしい最期だった気もしますが、このステージの、多くの人たちのセレブレーションが、加藤サンに届かなかったことは、とても悲しい気がするのです。

|

« 「世界ふしぎ発見!」 18年越しのビートルズ | トップページ | 「JIN-仁-」 第2回 建前との闘い! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46519721

この記事へのトラックバック一覧です: サマーピクニックフォーエバーinつま恋総集編 加藤和彦サン…:

« 「世界ふしぎ発見!」 18年越しのビートルズ | トップページ | 「JIN-仁-」 第2回 建前との闘い! »