« 「天地人」 第41回 死亡フラグ立ちまくり! | トップページ | 「カウントダウン新・三銃士」 泣いちゃうとは思いませんでした »

2009年10月11日 (日)

「JIN-仁-」 第1回 荒唐無稽との闘い!

 TBS日曜劇場 「JIN-仁-」。

 現代の外科医が江戸時代にタイムスリップするという、村上もとか氏のコミックをドラマ化、という最初の謳い文句から、すでに荒唐無稽の匂いがぷんぷんしているわけで。
 そのため、あまり期待して見始めたわけではなかったんですが、なかなか面白かったです、初回を見る限りでは。 2時間の拡大枠が、ちっとも気になりませんでした。

 村上もとか氏と言えば、私の世代にとってはなんと言っても 「六三四の剣」 でしょうー。 少年サンデーでは、「うる星やつら」「タッチ」 と互角くらいの人気だった気がします。 確かアニメ化もされたし。 青年誌に活動の舞台を移してからは御無沙汰していますが、村上サン、しっかり傑作を描いていらっしゃるようです。

 原作をどうアレンジしているか分かりませんが、このドラマで興味深かったのは、設定的にあり得ないものを、どうやってリアリティあるドラマにするのか、ということでした。

 ドラマではそれを克服するために、タイムスリップする以前、現代での話を30分くらいさせて、主人公の大沢たかおサン演じる南方仁の人となりをていねいに描写しています。

 そこでの大沢サンの演技が、とても複雑で引き込まれる。

 南方は、中谷美紀サン演じる恋人を手術で植物状態にしてしまったために、難しい手術を人任せにしてしまう、という医者になり果てています。 それを研修医の山本耕史クンに質されたりするんですが、無理に明るく笑って 「オレみたいな医者になるな」 とかわす。 それでじゅうぶん、南方が傷ついていることが伝わってくるのです。 いやー、大沢サン、やはりこの人の演技は、侮れないっス。

 南方が植物状態の中谷サンに話しかける演技も、なんとか再び目を開けてもらいたい、という気持ちと、目を覚まさない中谷サンに募るイライラと、そうしてしまったのが自分だという自責の気持ち、怒りの気持ちがないまぜになっているシーンで、これまた秀逸、としか言いようのないシーンでした。
 なんでこんな深い演技ができるのか、この人?

 つまり、大沢サンの演技で、このドラマのリアリティが完璧に補完されているのです。

 そして、タイムスリップしてしまうきっかけとなる、胎児の形をした奇形腫の持ち主とのもみあい。 ここらへんの描写は、やはり荒唐無稽なのですが、大沢サンの芝居に引きずり込まれる形で、あまり気になってこない。

 なにしろ、タイムスリップした途端、武士どうしの斬り合いに巻き込まれ、その武士のひとり、橘恭太郎(小出恵介クン)を治療するという、テンポの速い展開をすることで、同時にタイムスリップというSFチックなことを、すっかり忘れさせてくれる。
 現代人の外科医が江戸時代に行ったらどんな手術をするのか?という興味深いことが、ここで展開されるために、すっかり物語に入りこめてしまうのです。

 まず、この手術をするにあたって、恭太郎の母親である、橘栄(麻生祐未サン)とのインフォームドコンセント(詳しい説明の上での合意)が必要になる。
 ところが江戸時代だからインフォームドコンセントなど成立するはずもないくらいの認識力の違いがある(笑)。 橘栄にとって、南方のやろうとしていることは、理解不能も甚だしいのです。
 なにしろ、自分の息子の頭をかち割って、血の塊を取り除くという手術。
 理解のしようがありません(笑)。
 ここを南方は、自分の命さえも賭けるくらいの 「あなたの息子を治したいのだ」 という誠意でもって、インフォームドコンセントをごり押ししていく。
 その迫力に、いったんは同意をする橘栄ですが、あまりの術式に手術中ついに逆上、南方に短刀で斬りかかる。
 南方は 「あなたの敵は私ではない!この目の前の血の海です!」 と、恭太郎の頭にぽっかり空いた患部を見せつける。
 ここらへんのリアリティは、息をのむばかりでした。

 第1回後半にもう一度ある、戸田菜穂サンの手術の描写も、相当壮絶なもので。

 馬に蹴られた戸田サンが、額をばっくり切ってしまうのですが、南方が手術をしようとしたとき、橘咲(綾瀬はるかチャン)が持ってきた手術道具の中に、麻酔薬キシロカインがないのに気付く。
 結果的に南方は、麻酔薬なしでの縫合手術をするのですが、痛みのためにショック死してしまうという可能性を提示することで、その緊張感を極限にまで高めていくのです。
 いざ手術が始まると、その話通りの、阿鼻叫喚地獄のような凄惨な手術になっていくのですが、南方はこのとき、現代編において自らの弱点となっていた、「難しい手術が怖くてできない」 という自分の気持ちと、真正面から向き合うことになるのです。
 このリアリティは、ホントにすごいの一言。

 ところが、やはりマンガチックなことは、どうしても起こらざるを得ない気もするのです。

 その最たるものが、いきなり土佐弁で現れる、内野聖陽サン。
 幕末に土佐弁って言ったら、坂本龍馬しかいないでしょう(笑)みたいな、ベタな展開のように思えました。 ひょっとすると、大河で福山雅治クンに龍馬をやられる前に、山本勘助ふう龍馬で先を制してしまおうという、TBSの魂胆なのでしょうか?(笑)
 山本耕史クンなんかも、いきなり現代編のご先祖?(笑)役で、アレはチョイ役なんですか?(笑)
 そのほかにも、綾瀬はるかチャンに道を教えてあげるのが、小日向文世サン演じる、勝海舟だし。 ああー、「篤姫」 での、北大路欣也サンの勝海舟像が、崩れるー(笑)。
 さらにさらに、手術に立ち会った桐谷健太クンの学舎の師匠が、武田鉄矢サン演じる緒方洪庵だし。
 そんな有名人と、次々ニアミスするか?みたいな気もしてきます。 物語に深くかかわってくる内野サン以外は、ちょっと初回の顔見せに、サービスしている印象は、無きにしも非ず。

 ただやはり、坂本龍馬は、このドラマでは南方のタイムスリップと深い関係があるみたいで、その点でフィクション臭さを軽減しているような感じはします。

 綾瀬はるかチャンは、どおーも 「MR.BRAIN」 とつながっているよーな役どころで(笑)。 南方の助手に、このままなってしまうんですかね(笑)。 いきなり南方に、惚れちゃってるみたいなのも、 「MR.BRAIN」 っぽいし。 麻生祐未サンとの母娘コンビは、見ていて楽しくなりそうな予感がします。

 いずれにせよ、後半の母子の 「ちちんぷいぷい」 であるとか、マンガ原作のタイムスリップ物と侮っていたら、相当練り込まれた深いドラマだったのは、うれしい誤算であります。
 また楽しみなドラマが増えました。

当ブログ 「JIN」 についてのほかの記事
第1回 荒唐無稽との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/jin---1-e9ae.html
第2回 建前との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/jin---2-f3b1.html
第3回 自分の病との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/jin---3-3290.html
第4回 女としての闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/---4-542b.html
第5回 梅毒との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---5-9dba.html
第6回 リアルとの闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---6-25d6.html
第7回 明日のための闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---7-87b0.html
第8回 自分の器との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---8-e9a7.html
第9回 心意気どうしの闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---9-8cf0.html
第10回 ああもう、どうなっちゃうの?との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---10-670a.html
第11回(最終回)続編あるかどうかとの闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---7290.html
番外 続編の可能性を、もう一度考えるhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---a138.html

|

« 「天地人」 第41回 死亡フラグ立ちまくり! | トップページ | 「カウントダウン新・三銃士」 泣いちゃうとは思いませんでした »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46460231

この記事へのトラックバック一覧です: 「JIN-仁-」 第1回 荒唐無稽との闘い!:

« 「天地人」 第41回 死亡フラグ立ちまくり! | トップページ | 「カウントダウン新・三銃士」 泣いちゃうとは思いませんでした »