« レココレ2009年11月号 ビートルズ・リマスター分析、渾身の一発! | トップページ | 「不毛地帯」 見ごたえありすぎて… »

2009年10月15日 (木)

「ブラタモリ」 二子玉川 もっといろいろあるでしょう!いや、もうないか…

 「ブラタモリ」 2009年10月15日は、私の地元、二子玉川。 地元っつっても、私の住んでいるところはちょっとばかり離れておりますが。 準地元(笑)ってヤツですか。

 それでも二子は私の昔からの庭みたいなもので。 そういう立場からものを言わせていただきますが、今回の 「ブラタモリ」、ほかにいろいろタモリサンが好きそうなところがあるでしょう!と言いたくなるような歯がゆさが、半分ばかりありました。

 まずちゃんとやっていただいたのが、当ブログ先週の 「ブラタモリ」 の記事で一足お先に書いてしまった、二子-砧間の電車のこと。 二度書くのは面倒なので、よかったら先週の記事をお読みください。 だいたい今回やったことが、書いてありますんで。
 でもこれも、もうちょっと足を延ばしてくれると、玉堤通りからこの路面電車の残骸である鉄橋が望めるポイントが、あるんですがねえ。 テレビ的にオイシイと思うんですが。

 それに、玉電がかつて走っていた場所、数年前まで新玉線と言っていた、田園都市線の用賀へ向かう軌道も、昔の写真と付き合わせれば、テレビ的に面白い図だと思うんですけどねえ。
 しかし最近あんまり乗らないんで、この路線の呼称には、ちょっと混乱してしまいます。
 田園都市線って、昔は確か、大井町線から二子を経由して、長津田あたりまでを言っていたと思うんですけど。 それがいまは、新玉線が田園都市線ですか?

 それにしても冒頭から、玉川高島屋のことを、これでもかこれでもか、というくらいしつこくやっておりました。 準地元民からすれば、高島屋の元ボウリング場のことなど、こんなに細かくやらんでもよろしい、という感じです。 まあ、昔ボウリング場の支配人をやっていたタモリサンに媚びた構成、ということですかね。

 確かに昔は、高島屋ではいろんなことをやっていた記憶が、かすかにあります。 だけどまあ、どーでもいいっつーか(笑)。
 個人的に覚えているのは、昔のデパートの定番だった、簡単な遊園地みたいなもの。 これが高島屋の屋上にあった気がします。 それが確か昭和50年、1975年ころになると、金魚だの錦鯉だのの売り場になったような…。 子供のころは、玉川高島屋の屋上に行くのが、ひそかな楽しみではありました。
 あと、地下1階の駐車場からショッピングセンターに入るとすぐにあった、パン屋のパスコ。
 レディボーデンのアイスクリームが、そこでしか売ってなくて。
 この濃厚なアイスを親に買ってもらうのが、すごく楽しみだったなあ。

 あっ、またまたオッサンの長くなりそうな昔話になってきたぞ。

 とにかくまあ、高島屋のことは置いといて、あの河川敷に面していない土手が、どうしてできたのか?とかいう、私も知らないことには、20へぇ~くらいボタンを押しそうになりましたが(笑)、そう言えばあのあたりって、昔は旅館がたくさんあった覚えがあります。 確か泉屋とか?違ったっけな。 多摩川の渡しとか、結構宿場町っぽい風情を残していた気がします。 いまの兵庫島あたりから、東急線の架線下、そして反対運動の渦中にある堤防の建設現場に向かう細い道の並びですね。

 しかし、昔の風情とか言っても、急速にそれが崩壊しつつあるのが、いまの二子玉川です。

 その代表が、かつて二子玉川園、という遊園地があった地区。
 いまじゃ、影も形もございません。
 まったくその残骸すらも残っていない状態。
 でかいマンションが、バカバカ建っております。
 本当はそこを取材してほしかったのですが、あまりにも何も残っていない状態だったのでしょう。 現在は工事中で、立ち入ることすらもできない感じですから。

 そんなにセレブの街にしたきゃ、勝手にしやがれ!という怒りがこみ上げてきます。
 今回の番組冒頭で高島屋を紹介する時、1000円出せば駐車を代行してくれる、荷物も運んできてくれる、なにしろここで買い物をする人の平均出費額が、6万円!などというバカげた紹介の仕方をしておりましたが、40年以上この地に住んできた者から言わせていただければ、何を気取っとるんだ、ここらへんは昔、一面田んぼと畑だったのだ!という感じですな。

 まあ、ちょっと今回は、期待しすぎたせいもあって、いろんな点が物足りなく感じてしまった、「ブラタモリ」 でした。 タモリサンも、あんまり乗ってなかった気がします。 玉電を運転するところ以外では(笑)。

|

« レココレ2009年11月号 ビートルズ・リマスター分析、渾身の一発! | トップページ | 「不毛地帯」 見ごたえありすぎて… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46496003

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラタモリ」 二子玉川 もっといろいろあるでしょう!いや、もうないか…:

« レココレ2009年11月号 ビートルズ・リマスター分析、渾身の一発! | トップページ | 「不毛地帯」 見ごたえありすぎて… »