« 「不毛地帯」 第2回 墜落すんなよw…って | トップページ | 「アニメ青春時代」 タツノコプロのそうそうたる面々 »

2009年10月23日 (金)

「善徳女王」 カットしすぎなんじゃ?

 話が冗漫すぎて、途中で見るのを結局リタイアしてしまったBSフジ 「風の国」。
 その後番組として始まったのが、韓国では今年の5月から放送され、視聴率40%を超えるという、「善徳女王」。 今年の5月、というのは、日本で見られる韓国ドラマの基準からいくと、ホントについ最近、というレベルである。

 いきなりイ・スンジェサンが大帝役で登場するも 「イ・サン」 とは違う声優サンで、何となく違和感を抱きながらの視聴である。 まあ、大塚周夫サンなんか、チョイ役でおいそれとは使えないと思うが。
 と書いたように、このドラマでのイ・スンジェサンは、ホントに最初だけの出演で、チョイ役、という感じ。 ただしその存在感は、相変わらず圧倒的で、あっという間に亡くなってしまうのに、後室のミシルのたくらみを見抜いたり、喘ぎながらも孫のペクチョンに後事を託したり、ちょっとの出番で実に印象的。
 しかも、ミシルのたくらみを見抜くまではよかったが、ミシルを殺すよう命じた花郎(ファラン)がミシルと通じていることまでは見抜けず、人によって王たりえた、という自らの自負も結果的には崩れていた、という皮肉まで演じている。 深い。

 この、悪役の後室ミシル。
 花郎部隊を味方にして、いったんはイム・ホサン(「チャングム」 の王様役でした)を王位につけたはいいものの、煙たがられてイム・ホサンに復讐。 花郎たちを次々自害させてイム・ホサンを脅迫するあたり、ちょっと常軌を逸している、というか。

 小道具にも凝っている。
 このイ・スンジェサン演じる大帝と、ミシルを運ぶ輿。
 一人用の輿は何度も見てきたが、これは四畳半程度の、部屋ごと運ぶような、巨大な輿である。 「ソドンヨ」 で、百済と新羅のテクノロジー合戦を見てきたので、何となく合点のいくような光景だった。
 初代王の卵、というのも、なんだか 「太王四神記」 を見ているようなCGだったが、まあこれは、「ちょっとやってみました」 程度かな。

 いずれにせよ、さすがに視聴率40%番組、話を面白くするキモを抑えている、と感じる。
 だが、私が気になったのは、話がところどころ分かりにくい、という点だ。

 いちばん分かりにくかったのは、「チュモン」 でヨンタバル商団の護衛隊長?でソソノの夫役をやっていた、チョン・ホビンサン。
 この人、花郎の総指揮者という役柄なのに、花郎集団をミシルに我が物顔に動かされても、何の行動もしない。 いったい何のための総指揮者なんだか、まるで分らない。
 ドラマ冒頭からお祈りをしたり、イ・スンジェサンの北斗七星の遺言(この遺言の場面も、回想のナレーションだけで、そもそも出てこない)を常に気にかけてたり、善徳女王を身ごもっている母親(マヤ)の命を救おうとしたり、ドラマで重要な役割を演じているはずなのに、自分が指揮しているはずの花郎部隊の、常にカヤの外に置かれているような感じだ。

 つまり、どうも、重要な部分をカットされているような気がしてならないのだ。

 韓国ドラマというのは、週2回やって、しかも放送時間が1本70分、とか。
 これを日本で放送するとき、NHKならば 「イ・サン」 のように、60分番組で10分程度のカットで済むところを、民放になると45分程度しかやらないために、だいたい3分の1くらいはカットされてしまう、という計算になる。 まあ、韓国でのCMの時間とか、そこらへんの知識はないのでいい加減な計算ではある。 だけど、「冬のソナタ」 の完全版をかつてNHKBS2でやった時、だいたい1本70分程度だったので、あながち間違いでもないと思うが。
  「チャングム」 も、地上波の民放で数回やった気がするが、かなりズタズタだったのではないだろうか。

 それにしても、初回はいつも登場人物が矢継ぎ早で、それでなくとも話が把握しづらいのに、そのうえカットカットでは、たまったものではない。
 そのうえBSフジでは、これまでその日本語吹き替えの方法に、何度となくしっくりこないものを感じてきた。 いちいち製作費をかけて日本語吹き替えにするよりも、私などは字幕で見たいのだが。
 全編字幕付きノーカット版、という方法が、いちばん良心的な放送の仕方だと思うのだ。 しかも韓国並みに週2回、とは言わないまでも、週1で2時間半放送とか。 そこまでは贅沢ってもんでしょうかね。

 しかしまあ、なんとかならんもんでしょうか。 なまじ面白いだけに余計そう感じます。

当ブログ 「善徳女王」 に関するほかの記事
カットしすぎなんじゃ?
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-69fc.html
第4回 面白いのは分かったから、全部見せてくれ!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/4-62b0.html
第9回 成人後の役者そろい踏み、で… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/9-b1d2.html
第16回 今までにないタイプの悪役、ミシルhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/16-bac2.html
第25回 韓国式の 「生きろ!」http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/25-e18c.html
第28-29回 王女になったトンマン、ミシルとの闘いhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/28-29-11cb.html

|

« 「不毛地帯」 第2回 墜落すんなよw…って | トップページ | 「アニメ青春時代」 タツノコプロのそうそうたる面々 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46563625

この記事へのトラックバック一覧です: 「善徳女王」 カットしすぎなんじゃ?:

« 「不毛地帯」 第2回 墜落すんなよw…って | トップページ | 「アニメ青春時代」 タツノコプロのそうそうたる面々 »