« 「NOVA」 CM復活していて驚いた! | トップページ | 「森山良子のハートオブポップス」 終わってしまいました »

2009年10月 1日 (木)

「ブラタモリ」 早稲田・神田川 高低差に潜む物語

 始まりました、「ブラタモリ」。
 レギュラーで半年間の放送らしいです。 待ってました、と言いたいところですが。
 個人的には、こういう、取材に労力がかかりそうなものは、以前と同じく単発でやってもらってもいい気はするんです。 まあ、NHKの取材力に、期待しましょう。

 番組としても、立派なタイトルバックがついたり、ナレーターに戸田恵子サンを配したり、エンディングテーマにタモリサンの知己である井上陽水サンが曲を提供したりと、NHKの力の入れようが、今までの単発版とは違う、というところを見せてくれています。

 街をぶらぶら歩いて、いろんなところからその土地の歴史を探る、といった趣向の番組、と言ったらいいでしょうか。 興味のない人には全く意味のない番組です。 まあ、観る人を選ぶ、というのが、いかにもタモリサンの番組らしいですけど。
 まず、この番組自体が、東京に的を絞ってロケを展開している点。
 地方の人にとっては、なじみの薄い場所を、どうやって興味を持たせるような内容に料理するのか、これは難しいところです。
 東京に住んでいる私などは、結構親近感を持ってこの番組を見ることができるのですが。

 その、興味の対象を有名どころでつなぎとめるためか、今回のロケーションは、早稲田大学が出発点。 タモリサンにとっては、母校でもあります。 って言っても、確かタモリサンは、中退しているはずです。 どういう思いで、母校を訪ねたのでしょうか。

 いきなり早稲田の学生たちに握手攻めにあうタモリサン。 ここらへんが昔田んぼだったこととか、大隈講堂の高さが125尺である意味とか、「へぇ~」「へぇ~」 と、学生たちからトリビアの嵐。

 そこから近くを流れる神田川に足を向ける一行、神田川の両脇には桜が咲いています。 早稲田大学で勧誘が行われていたことと合わせて、このロケが春先に行われたこと、図らずも暴露してしまった格好です。
 「秋に桜…」 とか、久保田アナがしゃべってましたが、さらにこの番組が、10月からレギュラー番組として半年間の集中放送をすることが、その時点で決まっていたことを、図らずもまたここで明かしてしまっています。 ただ、こういうユルさが、なんともアバウトで、いいじゃないですか。

 この神田川の街灯が、一本だけ新宿区のものになっていることに気付いたタモリサン、まわりの人たちに訊きまくって、ここが昔、神田川が大きく蛇行していたことの名残であることを突き止めます。
 これって見ていて、ちょっと演出っぽかったかな。
 街灯が一本だけ新宿区のものだと気付いたのだとすれば、タモリサンの観察眼が並大抵ではないことを表すんですが。

 ここで、タモリサンが大勢のギャラリーに囲まれていたり、そばのクリーニング屋サンに事情を訊いたりしているところを見て、私はちょっと 「鶴瓶の家族に乾杯」 を、ふっと思い出しました。
 なんか、似てるかなって。

 でも、「家族に乾杯」 と 「ブラタモリ」 が決定的に違うと思ったのは、鶴瓶サンは、その土地に住んでいる、「人」 を相手にしているのに対して、タモリサンはその 「土地」 じたいを相手にしている、という点です。 これって、このふたりのコメディアンの特徴を、とても象徴しているように、思ったんですけど。

 一行は胸突坂という場所へと移動。 坂道に関する本まで出しているタモリサン、江戸時代のいろんな状況を想像しながら、とてもうれしそう。 自虐的に 「妄想族」(笑) なんて、自分のことを言っていましたが、妄想することの楽しみに気付くと、人生、数倍面白くなる気が、私もします。

 椿山荘で、縄文時代の海岸線を妄想しながら、番組ではCGでその妄想を再現します。 「タモリ倶楽部」 でも、同様のことをやったりしますが、NHKの予算には敵わないかなー(笑)。

 「地形のことをとっても、ホントに東京は面白い。 だって、5千年6千年の上に住んでるんですよ、我々は。 これが広がって妄想するのはとても面白いですからね。 だから、ものを知ってるとか知らないとか、教養があるとかは、関係ないんですよ。 教養なんてものは、あってもなくてもいいの。 あれは、大人のおもちゃなんだから。 あれば楽しみや遊びが増えるだけの話ですよ」 そう語る、タモリサン。

 タモリサンが九州出身の人にもかかわらず、東京という場所に興味をもつ理由が、なんとなく分かった気がします。
 東京というのは、限りないデータ上書きのうえに、成り立っている都市です。
 それは、地方にはなかなか見られない、「昔の名残だらけの街」 でもある、ということなのです。

 それを探っていく趣向の、「ブラタモリ」 という番組。
 これまで見てきた、どの番組よりも、NHKとタモリサンのコラボレーションが成功している番組と、言えるのではないでしょうか。

|

« 「NOVA」 CM復活していて驚いた! | トップページ | 「森山良子のハートオブポップス」 終わってしまいました »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

お昼にやっている「ふるさと一番」も台本ありありがシラケると誰かが言っていましたが、NHKも変わるようで変われないんですかね〜。タモリさんに出てもらう意味を考えて!

投稿: アールグレイ | 2009年10月 2日 (金) 01時15分

アールグレイ様
お久しぶりでございます。
やはりあの街灯の場面は、ウソっぽいと感じましたか。 まあ、NHKサンも、何にもなきゃ何にもなかったでいーや(笑)という「タモリ倶楽部」みたいなわけにいかないでしょうけどね。 タモリサンの特性を生かすには、「なにもなかったでいーや」という姿勢のほうが、いいんですけどね。

投稿: リウ | 2009年10月 2日 (金) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46366623

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラタモリ」 早稲田・神田川 高低差に潜む物語:

« 「NOVA」 CM復活していて驚いた! | トップページ | 「森山良子のハートオブポップス」 終わってしまいました »