« 「天地人」 第40回 パワーゲーム・オン・ザ・ボーダーライン | トップページ | 百恵チャンの 「ザ・ベストテン」 全出演映像DVD化から見えるもの »

2009年10月 7日 (水)

「徹子の部屋」 オノ・ヨーコサンと黒柳サンって…

 16年?18年ぶり?とか言っていました、オノ・ヨーコサンの 「徹子の部屋」 出演。
 えっ、そんな前だけど、以前にも出てたんだ、と思ってまずビックリ。

 このところ、オノ・ヨーコサンはプラスティック・オノ・バンド再結成に合わせて、「僕等の音楽」 とか、結構テレビに出ている気がします。 それも息子のショーンクンと一緒に。 今回も、途中からショーンクンも加わっていました。

 ただし、プラスティック・オノ・バンド再結成、といっても、もともとこのバンドは、固定メンバーのない、流動的なコンセプトのバンドですので、再結成それ自体に、大した意義があるようには思えません。 このバンドが最もパワーを持っていたと思われる時期にバンドを構成していた、エレファンツ・メモリーのメンバーが合流した、というのなら、まだ意義深いものがあるんでしょうが。 もしくは、エリック・クラプトンとクラウス・ヴーアマンとリンゴ・スターが復帰したとか(ヴーアマンサンは、最近フォアマンに日本語読みが統一されていますが、私の世代にとっては、ヴーアマン、なんだなあ)。 や、そんな豪華メンバー、今じゃ絶対、あり得ないって(笑)。

 それにしても、このプラスティック・オノ・バンドのコンセプトというのは、ガキンチョだったころには全くピンとこないものがあって。

 バンドというのは、そりゃ脱退加入もあるけれど、基本的にメンバー固定、というのが、ガキンチョの常識だったからです。
 それがいまにして考えると、この 「流動的」 でどのような形にもなれるプラスティックにそのコンセプトを託した、このバンドの先見性と言ったら、卒倒するくらいのもんですよ。 やっぱりジョン・レノンという人は、この点ひとつとってもすごいなあーと思うことしきりです。

 今回のプラスティック・オノ・バンドのメンバーは、ショーンクンを除いて、全員日本人。 こういうパターンは、初めてです。 ドラムの本田ユカサンは、ショーンクンといい仲だとか、違ったっけ? ベースには、あの細野晴臣サンが、サポートメンバーっぽいですが加入しています。

 「僕等の音楽」 で、その楽曲を聴きましたが、やー、ヨーコサン、相変わらずアバンギャルドです。 音楽性云々は別として(笑)、70とうに超えてるのに(アラエイティ?)(笑)、このパワーはなんなんだ?という気がします。
 ショーンクンも、お母サンの音楽性には、参っているようです。 バンドのメンバーとして、ヨーコサンのアブストラクト(笑)(抽象的、要するにハチャメチャって意味でしょうか?)についていっているショーンクンを見ていると、お父サンのジョンが必死になってフィードバックだのしまくりながらヨーコサンについていっていた姿を思い出します。

 そしてヨーコサンは、しゃべる時も結構、アブストラクトというか、突っ込み気味に話すようなところがあって、それが黒柳サンのしゃべりかたと、結構ダブるんですよ。
 これは今回、ちょっとした発見でした。
 なんか、ふたり黒柳、みたいな(笑)。 歳も同じだし。

 ヨーコサンの日本語って、お嬢様言葉の名残が少しある感覚です。 そういう生まれですからね。
 そんな名家のお嬢様が、前衛芸術家みたいなワケの分からないものにドロップ・アウトしてしまった、そういう人生を、如実に表しているような、「ハスッパしゃべりの変形」 という日本語をしゃべっていると、私は前々から思っているんです。

 ヨーコサンの日本語での一人称は、「あたし」。
 特徴的な口癖としては、「やっぱり」 を 「やっぱし」 と言います。
 「~ね、~ね」 という語尾も、結構特徴的かな。
 息子サンのことを 「ショーンチャン」 と言うのは、何となく上流階級っぽい、という感じもします。

 ことヨーコサンのしゃべる日本語に関しては、なんとなく、せっつかれているような、先を急がされているような錯覚に陥るところがある。 これって、黒柳徹子サンのしゃべりと、本質的に似通っている気が、したんですよ。

 ニューヨークにいたとき、ダコタ・アパートの近くに住んでいたという黒柳サン。
 ニューヨークに行くと黒柳サンはヨーコサンをよく見かけるらしいのですが、いつも素通りされてしまうと話してました。
 いろんな人に声をかけられるから、超然としているらしいヨーコサン、じゃ今度会ったら声をかけてください、とか笑いながら言ってました。

 全世界を敵に回していた時期もあるくらいだから、そりゃガードが堅くて当然、という気もしますが、私がヨーコサンを見ていて思うのは、この人って嫌われるほど悪い人じゃない、ということです。 これって、いわゆる直感なので、なんとも明確な理由があるわけではありませんが、ヨーコサンを嫌悪する意見を目にしたりすると、どうして同じ日本人として温かい目で見てあげられないのかな、と思います。 ジョンが日本にシンパシーを感じていたのは、ヨーコサンが一番の要因なのに。

 ビートルズの来日公演を、武道館で黒柳サンも見た、というのも、なんか初耳だったかな。
 黒柳サン、女の子の悲鳴がすごくて、ドラムの音しか聞こえなかったと話しておりました。 最近の検証によると、演奏が聞こえたところと聞こえなかったところがあったみたいですね。 黒柳サンのいた場所は、聞こえなかったエリアだったんでしょう。

 そのビートルズのことについては、小さな新聞記事程度の知識しかなかったというヨーコサン、インディカ・ギャラリーでのジョンとの初めての出会いの話を黒柳サンから振られて、いままで何百回(笑)話したか分からないその話を、嫌な顔ひとつせずに繰り返しておりました。 えらいなあ。 まあ、サラッと、でしたけどね。 でも、ジョンとの最初の出会いを語るヨーコサンの顔は、なんだかとても大事な、人生の宝物を振り返っているようで、ちょっと時の重みを感じました。 もう、来年で、ジョンが亡くなってから、30年なんですからね。

 途中から登場のショーンクン。 ヒゲをたくわえ、メガネをかけて、風貌的にはジョンに似ている気もします。 ただ顔の作りとしては、ヨーコサン似、ですかね。 ワシ鼻のところだけは、ジョンの血を受け継いでいるかな? 声質も、ジョンよりはヨーコサン寄りのような気がします。 額もちょっと広い感じで、レノン家の血筋かな?という感じ。 日本語は 「チョットダケ」 分かる程度。
 それにしても、ショーンクンが34歳だとは。 オッサンも、トシ食うわけです。 10歳違いですからね。

 ヨーコサンにしたって、もう76ですよ。
 はぁぁ~、なんか、気持ち的に、若すぎやしませんかね、この人。 とても76歳のパフォーマンスには見えませんよ、ステージでの姿も。 胸元も(笑)。 凄すぎます。

|

« 「天地人」 第40回 パワーゲーム・オン・ザ・ボーダーライン | トップページ | 百恵チャンの 「ザ・ベストテン」 全出演映像DVD化から見えるもの »

テレビ」カテゴリの記事

ビートルズ」カテゴリの記事

コメント

リウさん、こんばんは。この番組、私も見ましたよ。

>そしてヨーコサンは、しゃべる時も結構、アブストラクトというか、突っ込み気味に話すようなところがあって、それが黒柳サンのしゃべりかたと、結構ダブるんですよ。
>ことヨーコサンのしゃべる日本語に関しては、なんとなく、せっつかれているような、先を急がされているような錯覚に陥るところがある。 これって、黒柳徹子サンのしゃべりと、本質的に似通っている気が、したんですよ。

コピペばかりでスミマセン。そう、そう。私もビデオ見てて、黒柳徹子が二人いて喋りあっているようにも見えました。(笑)なんか知らないけど、実は物凄く似てる二人。私も新たな発見でした。パワーある可愛いおばあちゃんって感じですかね。

投稿: 弥太郎 | 2010年5月15日 (土) 19時19分

弥太郎様
コメント、ありがとうございます。
コピペ、全然かまいませんよ(笑)。

そうでしたか、弥太郎サンも御覧でしたか。
黒柳サンのお父上は、確かヴァイオリニスト、ヨーコサンのご両親も、実業家の家柄でありながら、実は音楽がやりたかったらしいですね。
そんな原因なのか、ベクトルが確かに、おふたりとも似通っているところがありますよね。

ジョンの節目の年なのに、今のところあまり盛り上がっていない気もする今日この頃、埼玉にあるジョン・レノン・ミュージアムの閉館も決まり、結局一度も行くことなく終わりそうな私です(笑)。 うーむ、一度は行っておくべきか…。

投稿: リウ | 2010年5月15日 (土) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46422542

この記事へのトラックバック一覧です: 「徹子の部屋」 オノ・ヨーコサンと黒柳サンって…:

« 「天地人」 第40回 パワーゲーム・オン・ザ・ボーダーライン | トップページ | 百恵チャンの 「ザ・ベストテン」 全出演映像DVD化から見えるもの »