« 「東京DOGS」 私の耳が悪いんでしょうか? | トップページ | どなたですかぁ~(笑)ひとりで600件近くアクセスしてる人ーっ(笑) »

2009年10月20日 (火)

「吉田拓郎が語る加藤和彦」 あらためて感じた、ふたりの絆

 ニッポン放送2009年10月20日の特番、「吉田拓郎が語る加藤和彦」。

 「吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」 の前番組で、拓郎サンが先日亡くなった加藤和彦サンについて語る、というので、ほんの数分にも満たないコメントで終わるのか、と思ったら、ずいぶん長い間、拓郎サンは加藤サンについて語り続けた。 その時間、約30分。

 今年3月だったか、NHKBS2で放送された特番以来の、拓郎サンの声だったが、はじめのうちは かすれがちで、ハスキーな声になったなあ、と感じた。
 拓郎サンのしゃべりというのは、歌と違って、結構低音だというのが、私の認識である。 それが、やや甲高い声になっているような感じを受けた。

 ただ、しゃべりが長くなっていくにつれて、本来の拓郎サンの声を取り戻していくような感じ。
 さらにしゃべりが熱を帯びていくにつれて、加藤サンが亡くなったことも忘れてしまったような、「あいつはさあー」、みたいな話になっていき、湿っぽい雰囲気は、雲散霧消した。

 拓郎サンからすると、加藤サンはひとつ年下だったと、拓郎サンがしゃべるまで、そのことに気付かなかった。
 たしかに、そうだった(!)。
 キャリアは加藤サンのほうが先だったし、「結婚しようよ」 のプロデュースを加藤サンがしていた、ということから、すっかり加藤サンのほうが年上だという誤解をしていた。

 「結婚しようよ」 の曲が出来上がっていく過程も、拓郎サンは今回語ったが、それは聴いているこちら側もぞくぞくするような話だった。
 最初、スリーフィンガーのおとなしめの曲だった 「結婚しようよ」 を、ボトルネック奏法という、当時拓郎サンが知らなかった、そして今も弾くことができない、というテクニックを使って弾き、松任谷正隆サンにバンジョーを弾かせ、ハーモニウムという、小学校に置いてあるような足こぎのオルガンで間奏を作っていく。 拓郎サンはその様子を、こういうこともできるのか、という驚きで見ていたらしい。 アレンジが出来上がっていくにしたがって、「いい曲じゃない?」 というのが、「売れるよこの曲」「絶対売れる」 というように、周囲の反応も変わっていったと。

 加藤サンの仕事ぶりを見ていて、自分もエレックレコードなんかにいちゃいけない、と思ったらしくて、メジャーレーベルに移籍したのは、ある意味では加藤サンがいたからこそ、というとらえ方を拓郎サンはしていた。

 ギブソンJ-45の話も興味深かった。

 この伝説のギター、加藤サンが拓郎サンに15万円で譲ったそうだ。 15万というのは、ボロボロだったということもあって、その値段が妥当かどうか分からなかったらしいのだが、石川鷹彦サンをはじめ、結構評判がよくて、いろんな人のレコーディングに、駆り出された、という。

 このJ-45の話は、この春先NHK教育でやっていた 「フォークギター再入門」 で、当の石川鷹彦サンもしていた(当ブログ5月10日、「『リンゴ』 裏話聞けた」の項を、よろしかったらお読みください)。
 その記事の石川サンの証言から抜粋すれば、そのJ-45は裏側に反り返っていたため、弦がボディにほとんどくっついているような形。
 だがそのことがかえって、指の抑えやすさ、アタックのしやすさにつながり、弾きやすさにつながったのだろう。

 「加藤和彦は、あまり言われたことがないが、ギターがめちゃくちゃうまい」。
 トノバンの愛称の元となった、「イギリスのボブ・ディランと呼ばれた、ドノヴァン」 のギターの弾きかたをマスターしていて、いろんなテクニックを、拓郎サンは加藤サンから教わったという。 ギターを弾きながらそれを解説していく拓郎サンの放送は、かつての 「オールナイトニッポン」 を強烈に思い出させる。 私も、高校時代に逆戻りしたような感覚に陥ってしまう。

 奥さんであった安井かずみサンとの話も、おふたりとも亡くなってしまった今となると、妙に感慨深い。 だが拓郎サンの話しぶりは、まるでまだおふたりとも、生きているかのような気さくさだ。 安井サンから、「拓郎、あなたはライオンなのよ!」 と一喝されたことも、笑い話みたいに振り返る。

 拓郎サンの話というのは、半ばネタ化(笑)している面があるため、どこかで聞いた話もところどころ含まれてはいたが、いずれにせよ、加藤サンとの思い出を30分にもわたって語り続けられる、というのは、おふたりの絆が普通の付き合いでなかったことを物語って余りある。

 拓郎サンがおしまいに選んだ曲は、加藤サンとのデュエット曲、「ジャスト・ア・Ronin」。 武田鉄矢サン主演の坂本龍馬の映画の主題歌だった。 拓郎サンも、高杉晋作の役で出ていた。 あのカーリーヘアのまんまで(笑)。 だけど、実にハマっている、と思ったものだ。 「ジャスト・ア・Ronin」 も、当時よく聴いた。

 「加藤和彦、永遠なれ」。 最後の語りは、あらためて加藤サンが亡くなってしまったことを思い出したように、拓郎サンの万感の思いが迫るものだった。

 いま、後番組の 「吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」 を聴きながら、この記事を書いているが、こちらの拓郎サンは、元気いっぱいだ。 たぶん別の日に収録したのだろう。(追記・そうでもないみたい。 不幸なこともありました、と言ってました。 石川鷹彦サンから、お前はまだやることが残っているぞとメールをもらったらしいです)
 それにしても元気だなあ。 ムチャクチャ元気だ。
 ちょっと、これでは、声がハスキーなのも、あれ?ライヴをやってその足でニッポン放送に立ち寄って、ガラガラ声で 「オールナイト」 をやってるのか?みたいに錯覚するほど。

 これだけ元気だったら、先月の加藤サンも出演した、こうせつサンのつま恋サマーピクニックにも、1曲くらい参加できただろうと思えるくらいである。
 しかしこの、最後のツアー、ライヴ盤を出すらしくて、その話を番組ではずっとしているが、開演前にやったというパフォーマンスとか、MC全部入れたとか、これまでのライヴ盤の常識を打ち破るものみたいだ。

|

« 「東京DOGS」 私の耳が悪いんでしょうか? | トップページ | どなたですかぁ~(笑)ひとりで600件近くアクセスしてる人ーっ(笑) »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46539461

この記事へのトラックバック一覧です: 「吉田拓郎が語る加藤和彦」 あらためて感じた、ふたりの絆:

« 「東京DOGS」 私の耳が悪いんでしょうか? | トップページ | どなたですかぁ~(笑)ひとりで600件近くアクセスしてる人ーっ(笑) »