« 「恋のから騒ぎ」 ハイパーチャン、暴走し始めた(笑) | トップページ | 「JIN-仁-」 第4回 女としての闘い! »

2009年11月 1日 (日)

「天地人」 第44回 兼続の天下とは

 本多政重との政略結婚を強いられた、直江家長女、お松。
 今回の 「天地人」 は、20歳前後で亡くなったお松の人生にスポットをあてることで、無念の死を遂げたあまたの戦国女性の魂を慰めるかのような内容でした。

 政重(ドラマ内でも勝吉と改名していましたが、政重で統一します)はハナから、これは偽装結婚、自分は徳川方のスパイ、という認識で、お松には徹底して冷たい。
 まあこれは、戦国ドラマにはよくあるパターンなんですが、お松はけっして引き下がらない。 あくまで政重を夫として愛してゆきたいと願うのです。

 現代女性にとっては、このお松の態度というのは、はぁ~?なにソレ~?としか映らないのではないでしょうか。
 もしくは、そういう時代だったから…という理解の仕方でしか、納得できないのでは。

 だけど私は、いくらそれが当たり前だった時代であれ、その運命に敢然と立ち向かい、それに殉じた、その時代の女性たちのことを考えると、これもひとつの生き方なのではないか、と思われるのです。
 けっして、彼女たちの生き方は、無意味なものに思われないのです。

 彼女たちの生き方に共通するものは、「自らの役割を果たす」 ということに尽きる。
 それはお家のためとか、古臭い概念のためかもしれませんが、自分が役割を果たすことによって、自分たちの家族が救われる、という大きな意義が存在しているのです。

 確かに、自分の望む相手と結婚し、自分の望む人生を送る、ということは素晴らしいことです。
 ただそれも、誰かのために生きている、という視点を外してしまうと、いくらそれが素晴らしい人生であっても、それは独りよがりの自分勝手な生き方になってしまう危険が大きくなる、私はそう思います。

 今回の 「天地人」 では、この 「誰かのために生きることの尊さ」 を強く訴えていたような気がします。

 それを象徴していたのが、お松が語っていた、「絆」 という言葉。

 こども店長クンが政重に家督をゆずったのも絆のためであるし、そのこども店長クンの命を救ったのも、比嘉愛未チャン演じる菊姫。 菊姫も自分の命を顧みず、常盤貴子チャンのお船を米沢に帰らせたわけだし、要するに、このドラマに出てくるすべての人々の行動が、「他人のために」 という目的で一貫しているのです。

 だからこそ、お松が病気で亡くなってしまうシーンでは、無性に泣けました。 いくら名ばかりとはいえ、夫のために尽くしているからこそ、お松の 「無念です…」 というセリフには、グッとこないわけにはいきません。

 そして、気丈だったお船の、「今宵ばかりは泣かせて下さい…」 と泣き崩れてしまうシーンも、ああー、ダメです。 妻夫木クンの 「済まぬ…」 というセリフも、ああー、いけません。 ボロンボロン泣いてしまいました。

 そしてお松が縫っていた、政重の羽織。
 それを見て政重も、ようやく心を開くのですが、いやーここで、史実を言ってしまうとちょっとキツイものがあります。 ドラマとして、楽しみましょう、ここはあえて。

 そして、豊かになりつつある米沢の土地を伊達正宗と眺めながら、自分にとっての真の目的とは何なのかを、ようやく悟る妻夫木クン。 いろんなものを失って、ようやくそれが分かった、と語る兼続、自分にとっての天下とは、名誉や栄達のことではなく、民の幸福にあるのだ、ということですね。

 越後、会津と転々としながら、本当に守らなければならないものが民のくらしにあったことに気付く、というこのドラマの展開の仕方は、少々ベタかもしれませんが、個人的には賛同いたします。
 ただもっと、その肝心の民の暮らしを描写すれば、説得力はさらにアップしたことでしょうね。

|

« 「恋のから騒ぎ」 ハイパーチャン、暴走し始めた(笑) | トップページ | 「JIN-仁-」 第4回 女としての闘い! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46645267

この記事へのトラックバック一覧です: 「天地人」 第44回 兼続の天下とは:

» 天地人 第44回「哀(かな)しみの花嫁」 [あしたまにあーな]
不幸は人を強くするのでしょうか、それとも弱くさせてしまうのでしょうか。今回はそんなことを考えさせられる内容となりました。本多政重が直江家にやってきて名前を直江勝吉と改めるのですがなかなか心を開こうとしません。兼続は直江家の婿としてやってきた勝吉に直江家の内情を色々と話して聞かせます。本多家を通じて徳川に情報が筒抜けになることを分かっていても、身内だということで包み隠さずに話をする兼続の心の中には、上杉家が潔白であり自分たちに逆心はないということをアピールするものがあったのだと思います。 そんな表... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 23時03分

« 「恋のから騒ぎ」 ハイパーチャン、暴走し始めた(笑) | トップページ | 「JIN-仁-」 第4回 女としての闘い! »