« 「小島慶子 キラキラ」 聴取率、初の一位だそうです | トップページ | ポールの2002年東京ドーム公演を見に行って、はや7年… »

2009年11月13日 (金)

「不毛地帯」 第5回 「この国を発展させる使命」ってなに?

 「不毛地帯」 は、フジテレビがリキ入れまくって作っているドラマだと思っているために、どうしてもこちらのハードルも高くなってしまう。 そのために苦言も多くなるのだが、けっしてダメなドラマだと言っているわけではないのでご了承を。

 先週ラストで大門社長(原田芳雄サン)に辞表を申し入れた壹岐正(唐沢寿明サン)だったが、大門社長の一喝であっさり撤回。
 確かに大門社長の 「企業も闘っとるんじゃ!」 という論理は、壹岐も折れざるを得ない説得力にあふれたものだったが、壹岐の返答を見せないままナレーションひとつでその場を終わらせ、いきなり話を7年もスッ飛ばしたために、結果として壹岐の辞意がまるで軽いもののように感じられてしまった。 残念な展開だ。

 そのうえ、このスッ飛ばされた7年のダイジェストも、7年置いて始まった第2部的な今回の話も、結果としてあまり重要性に変わりがないように思えてしまう。

 その原因は、第3次中東戦争の情報戦に、個人的には大して興味を持てないことによる。 中東戦争が始まるのか始まらないのか、もし始まるとすればアラブが有利なのかイスラエルが有利なのか、スエズ運河が閉鎖するのかしないのか、商社マンたちが必死になってその情報をつかもうとしていることが、どうにも他人事のように思えてしまうのだ。

 もし戦争がはじまったら、商社がそれを突き止められなかったら、どんな被害を日本国民は受けるのか。 その説明が希薄なために、商社マンたちの切迫感が伝わってこない。
 要するに、壹岐や鮫島がしのぎを削っているのも、単なる商社同士の競争というレベルにしか見えないために、物語にのめりこめない。 これは、日本の国防のために戦闘機を売り込んだ前回までの話とは、全く別次元の話なのだ。

 さらに、大門社長が辞意を申し入れた壹岐に言った、「この国を発展させたいというきみの使命を、ここで果たせ」 といった意味の言葉を、どのように壹岐が実現しているのかが見えてこない、といういらだちも、個人的に感じる。

 今回中盤で、壹岐たちのチームはクラブ 「ル・ボア」 の浜中紅子(天海祐希サン)からのつながりで貿易会社の帰ってきたウルトラマン、じゃなかった(笑)、団時朗サンに行きつくのであるが、その仲だちをした竹中莞爾という人物が全く出てこないために、団サンには最後までウサン臭さがつきまとっていた。
 もともと団サンというのは、ウサン臭そうな人物を演じるといい味を出すことが多いので(笑)、狙った人選だったのかもしれないが、これが近畿商事における、壹岐たちのチームの危うさを象徴している。

 そしてその危うさとともに、壹岐の近畿商事内での立場も、だんだん浮いたものになっていくのだが、あまりに機械的な壹岐の行動パターンに、大門社長が、「会社とは何ぞやと言うたらね、従業員っちゅうことや」「近畿商事従業員7300人の和を考えてのことや」 と壹岐に忠告するのは、実に適切なもののように思える。
 壹岐が推し進めようとしている近畿商事内の繊維部門の縮小は、状況は異なるが今日のリストラと相通じる冷たさを感じるのだ。

 果たして、壹岐の考える、「日本のため」 というのは、どのようなことなのだろう。

当ブログ 「不毛地帯」 に関する記事
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-6a81.html
第1回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/1-05a5.html
第2回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/2-w-070f.html
第3回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/3-4bae.html
第4回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/4-9755.html
第5回 (当記事)
第6回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/6-d4bd.html
第7回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/7-8677.html
第8回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/8-4f4a.html
第9回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/9-cdc5.html
第10回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/10-183b.html
第11回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/11-0587.html
第12回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/12-68a7.html
第13回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/13-2599.html
第14回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/14-4fa8.html
第15回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/15-d4df.html
第16回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/16-3ac8.html
第17回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/17-2-6e30.html
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-b645.html
第18回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/18-5177.html
第19回(最終回) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-7b99.html

|

« 「小島慶子 キラキラ」 聴取率、初の一位だそうです | トップページ | ポールの2002年東京ドーム公演を見に行って、はや7年… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46748378

この記事へのトラックバック一覧です: 「不毛地帯」 第5回 「この国を発展させる使命」ってなに?:

« 「小島慶子 キラキラ」 聴取率、初の一位だそうです | トップページ | ポールの2002年東京ドーム公演を見に行って、はや7年… »