« 「ギネ」 第6回 誰のせいで産科がシッチャカメッチャカなのか | トップページ | 2009年11月20日「スタジオパーク」 「天地人」 を見続けた理由が分かった »

2009年11月20日 (金)

「不毛地帯」 第6回 鮫島サン、面白すぎ

 第3次中東戦争をめぐって、近畿商事の壹岐(唐沢寿明サン)と東京商事の鮫島(遠藤憲一サン)がデッドヒートを繰り広げた 「不毛地帯」 第6回。

 里井副社長(岸部一徳サン)の露骨な妨害工作も見ものでしたが、今回見ていて楽しかったのは、鮫島サンの一喜一憂ぶり(笑)。

 黄社長から依頼された戦標船の発注をめぐる競争に、結果的に勝った鮫島サン。 羽田に黄社長をお見送りに来て、壹岐らと遭遇。 黄社長のお気に入りの朝鮮ニンジンまで持参して、まあ、商売人としてはあまりにもよくあるパターンで笑わせます。
 そしていかにも今気付いたみたいに、「おやぁ~? 壹岐サン!」(笑)。 得意満面で、「こんなお忙しい方がお見送りとは!」 って、もっと舌をかみそうな説明ゼリフを言ってましたけどね(笑)。

 しかし鮫島サン、黄社長夫人である紅子(天海祐希サン)からやたら嫌われておりまして。

 「お見送りありがとうございます」 と手を差し出した黄社長と、壹岐、兵頭(竹野内豊サン)は握手をさせてもらえたけど、鮫島サン、紅子にあからさまに握手を妨害されて、やたら悔しそう(笑)。

 しかし鮫島、負けてません(笑)。

 そのあとすぐ、羽田から帰る壹岐たちの車にビッタリ横付けして、ニカーッ!
 しかも壹岐たちの車を追い抜きます。

 竹野内サンも頭に血がのぼって、「アンニャロー(とは言ってませんでしたが)、(運転手に)抜き返せ!」(笑)。 このあとどんなカーチェイスがあったのか、そっちのほうが見たかったです(笑)。

 それが、今度は第3次中東戦争が長期化するとにらんで、戦時物資を買いまくったあげく、この戦争が短期で終結するとにらんだ壹岐たちに、鮫島は完全に負けてしまいます。 っていうか、近畿商事のひとり勝ちだったんですけど。
 背広もガバッと脱いで 「買え買え買えーっ!」 ってあれほどがんばってたのに、鮫島サン、あまりの大損こきまくり状態に、タバコの灰が落ちるのにも気づかないほどボー然自失(笑)。 「燃えたよ…真っ白に燃え尽きた…」 って感じ(笑)。

 この鮮やかなコントラスト(笑)。 鮫島、もっと過激に、このクソ真面目ドラマをひっかきまわしてくれ!

 それにしても、これだけの逆転勝利を収めたにもかかわらず、壹岐の心は晴れてはいない様子。
 やはり、自分のしていることと、日本のために何かをしたいという自らの望みとの齟齬を感じているみたいです。
 ただ、そのために、どうして里井副社長を追い落とす、という発想が出てくるのか、相変わらず説明が甘い。
 説明が甘いから、「日本のために何かをしたい」 という壹岐の願望が、単なるポーズにしか見えなくなってくるのです。

 確かに、自分の願望と、現実に自分がやっていることに、ズレが起きるのは、よくある話です。 というよりも、たいていの人は、そうであると言っていい。
 だけど、その現実とのズレにいかに壹岐が苦悩しているかを見せなければ、より深い意味で視聴者を納得させ、共感させることはできないのではないか、と思うのです。

 もっと、壹岐の心理の奥深いところまで描写してほしいものです。

当ブログ 「不毛地帯」 に関する記事
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-6a81.html
第1回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/1-05a5.html
第2回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/2-w-070f.html
第3回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/3-4bae.html
第4回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/4-9755.html
第5回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/5-abb7.html
第6回 (当記事)
第7回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/7-8677.html
第8回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/8-4f4a.html
第9回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/9-cdc5.html
第10回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/10-183b.html
第11回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/11-0587.html
第12回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/12-68a7.html
第13回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/13-2599.html
第14回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/14-4fa8.html
第15回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/15-d4df.html
第16回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/16-3ac8.html
第17回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/17-2-6e30.html
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-b645.html
第18回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/18-5177.html
第19回(最終回) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-7b99.html

|

« 「ギネ」 第6回 誰のせいで産科がシッチャカメッチャカなのか | トップページ | 2009年11月20日「スタジオパーク」 「天地人」 を見続けた理由が分かった »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

ものすごく共感しました!
不毛地帯は、なんちゃってドラマよりも内容が深く毎週楽しみにしています。

投稿: まーたん | 2009年11月20日 (金) 10時03分

まーたん様
コメント、ありがとうございます!
私の記事に共感いただき、とてもうれしいです!
「不毛地帯」 は、フジテレビが開局ン周年とかで力を入れてやっているドラマだと思うばかり、ちょっと厳しい記事にどうしてもなってしまうのですけど(笑)。
でも、この重厚なドラマをひょうひょうとした雰囲気で泳いでいる遠藤憲一サン、素敵です。
鮫島の息子サンも、父親に似て結構KYタイプの猪突猛進型ですよね(笑)。

投稿: リウ | 2009年11月20日 (金) 20時48分

鮫島さん、あしたのジョーみたいでしたよね!大爆笑してしまいました(笑)。

近畿商事は、鮫島さんを、東京商事は、イキさんをヘッドハンティングしたらよいのに・・と考えてしまいます。ドラマにならないですが(笑)

投稿: まーたん | 2009年11月24日 (火) 09時14分

まーたん様
またのコメント、ありがとうございます。
鮫島サンを近畿商事、なかなかいいですねー!
なんか、このところ、壹岐と里井副社長の仲の悪さに、大門社長も巻き込まれてきたような感じで、実はこの上層部に合っているのは、鮫島サンのほうじゃないか?って気が、しますもんねー。

投稿: リウ | 2009年11月24日 (火) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46807128

この記事へのトラックバック一覧です: 「不毛地帯」 第6回 鮫島サン、面白すぎ:

» 天海祐希 ドラマ 映画 [新番組ドラマ]
「不毛地帯」 第6回 鮫島サン、面白すぎ ... しかし鮫島サン、黄社長夫人である紅子(天海祐希サン)からやたら嫌われておりまして。 「お見送りありがとうございます」 と手を差し出した黄社長と、壹岐 ... 鮫島、もっと過激に、このクソ真面目ドラマをひっかきまわしてくれ! それにしても ...(続きを読む) ど っ ち な の ? ドラマ「不毛地帯」が、面白い。 一見重苦しく、とっつきにくい印象だが、随所に見どころが散在し、見始めると目が離せなくなる。 見どころはまず、出演者のメンツの豪華さだ... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 08時31分

« 「ギネ」 第6回 誰のせいで産科がシッチャカメッチャカなのか | トップページ | 2009年11月20日「スタジオパーク」 「天地人」 を見続けた理由が分かった »