« 「JIN-仁-」 第5回 梅毒との闘い! | トップページ | 「ダイ・ハード」 を久しぶりに見て感想 »

2009年11月 9日 (月)

DVDレコーダーの耐久性

 私の使っている東芝製DVD/HDDレコーダーの、DVD部分が故障。 ディスクを乗せても読み取りができず、「ディスクをチェックして下さい」 との表示が出てしまいます。
 そんなに使ってないんですが。
 新しいDVDを入れるとこれは何枚目のディスクですとか出るので分かるんですが、せいぜい80枚ほどしか、録画に使っていません。
 100枚も録画していないのに、壊れてしまうものなんでしょうか。

 これは、それまで使っていたアナログのVHSビデオとの比較でしかないんですが、どうもこのDVD録画というのは、商品として成り立っていないように感じることが多いです。

 こんなにすぐ修理が必要な状況になるのもそうなんですが、まず互換性が極端に乏しい。
 録画したDVDを、ほかのメディアで見られないことが、多過ぎるんですよ。
 だから 「これ面白いよ」 と、番組を録画したDVDを人に貸しても、「見れなかったよ」 ということがよくある。

 それから、ディスクがポシャる率が、異常に高い。

 これまで録画に使用した80枚程度のディスクのなかで、確認できただけでも、5、6枚はある。 とくにDVD-RW。 TDK製です。
 全部確認したらこの程度で済まないとすれば、1割以上はダメになっているのではないでしょうか。
 機械の側の問題でポシャっている可能性も捨てきれませんが、一回の書き込みしかできないDVD-Rが、録画した途端不具合が生じてダメになってしまうと、取り返しが利かない。
 商品としての体をなしていないと思われます。

 HDDはその点、不具合が全くない。 こっちの方をスタンダードにして、持ち運びを便利にしたらいいのに、と強く感じます。 その点で、日立のWooについているカートリッジタイプのHDDこそ、スタンダードにすべきような気がします。 まあ、実際にはどんなものか分かりませんが、コンセプト的には、HDDをカートリッジタイプにするという発想は正しいように思うのです。

 DVDに録画機能は要らないです。 出来合いのものを見るだけで結構です。

|

« 「JIN-仁-」 第5回 梅毒との闘い! | トップページ | 「ダイ・ハード」 を久しぶりに見て感想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

実話、東芝製の物を私の愛方が使っていましたが、ほぼ同じような症状が起きていました。
どうも、DVD部分の機能自体に本質的な問題があるらしく(無償修理しても治らず)結局3年足らずで(パナソニック製に)買い換えました。
ちなみに、これより先に買って私が使ってるシャープ製の物は、不具合等が5年以上全く無く、現在も元気に録画&再生に大活躍しています。
HD-DVDの失敗とかの東芝の迷走が、DVD部分の不具合に象徴されてる気がするのは、私だけでしょうか。
ではまた。

投稿: ぽん | 2009年12月11日 (金) 23時20分

ぽん様
コメント連投、ありがとうございます。

うちのオヤジも東芝製なのですが、やはりDVD部分がたびたびイカレます。 オヤジはHDDをDVDにダビングとかいう難しい(笑)ことはしないのに、トレイの部分が出し入れできなくなるのです。 お話にならないレベルですね。 カスタマーセンターの対応も悪いし。 きっと、四六時中クレームつけられて、オペレーターの人もウンザリしてるんではないでしょーか(笑)。

シャープ製ということは、アクオスリンクとかいうヤツでしょうか? アレは、便利なような気がしますです。

他社製品にすると今でさえよく分からないものがますます分からなくなりそうな気がして(笑)買い替えはまだ先かなーという感じですが、あんまり故障故障でストレスは感じたくないものですよね。

投稿: リウ | 2009年12月12日 (土) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46716775

この記事へのトラックバック一覧です: DVDレコーダーの耐久性:

« 「JIN-仁-」 第5回 梅毒との闘い! | トップページ | 「ダイ・ハード」 を久しぶりに見て感想 »