« 「チューボーですよ!」 3週連続無星って、過去あったかなあ? | トップページ | 「天地人」 最終回 および総括 »

2009年11月23日 (月)

「JIN-仁-」 第7回 明日のための闘い!

 西洋医学所の内紛のあおりを受けて、ペニシリン製造所が焼失してしまい、皮膚移植の感染症予防のために大量のペニシリンを必要としていた南方仁(大沢たかおサン)、大ピンチなのであります。
 しかも、緒方洪庵(武田鉄矢サン)に連れられて、南方先生の皮膚移植を見学していたのが、石丸謙二郎サン。 「仮面ライダー電王」 の時もそうでしたが、この人、結構目つきが鋭くて、何を考えているか分からない、怪人タイプの役者サンです(笑)。
 そのうえ、火事のなかに飛び込んで守ったペニシリンの成功株を、大事に抱えていた山田純庵(田口浩正サン)の前に立ちふさがった、謎の男たち。
 なんか、ヤーな予感がします。

 それもこれも、緒方洪庵が西洋医学所の対立分子からペニシリンを守ろうとした画策でした。 ヤレヤレ。
 石丸謙二郎サンの正体はナーント、ヤマサ醤油の七代目当主、濱口儀兵衛。 あのマークを見て、「あっ、ヤマサだっ!」、と大笑いしてしまいました。 同時にこの番組のスポンサーにライバル会社がなかったっけなー、などと考えてしまった(笑)。 でも、発酵に関する知識が豊富な醤油屋サンなら、ペニシリンも簡単にできそうですよねっ。
 ただ、これでひと安心する間もなく、南方先生が濱口から聞いたのは、緒方先生が重い労咳(結核)にかかっている、との話。 駆け出す南方先生の脳裏には、緒方洪庵の、あまりにも医の道に一筋な姿ばかり。 この回想のインサートが、後々の感動を生む布石になっているんですけどね。

 今回の白眉は、その緒方先生の病床に駆けつけた、南方先生と緒方先生のやりとりでした。

 ペニシリンのお礼のあと、南方は緒方洪庵の診察を願い出ます。
 ドラマを見ている側とすれば、待ってました!南方先生ならば、結核なんかチョチョイのチョイだ!と、軽ーく考えてしまいがちです。
 なにしろ、現代において結核とは、ほぼ何も怖くない病気。 この病気を治して、またまた南方先生は歴史を変えてしまうのか?などということまで、先回りして考えてしまう。

 けれども、緒方洪庵の脈をとり、聴診器を耳にあてる南方先生の顔は、見る間に曇ってきます。 それで見ている側は、この得難い人物の死が、もはや避けられないレベルにまで進行してしまっていることを知るのです。

 緒方は、南方の表情を見て一瞬 「やはりだめか」 という表情になり、次の瞬間すぐ悟ったかのように静かに笑いながら、南方にこう語りかける。
 「先生、先生は、医の道はどこへ通じるとお思いですか。 私は、医の道は、平らな世に通じると思うてます」。
 身分が違っても、体のなかには同じものが入っている。 人間はみな同じだ。 未来は、人間がみな平等な世の中なのですか、と。

 緒方は、南方が未来から来たのだと、勘づいていたのです。 そしてそれを確認した瞬間、緒方はこみあげてくるものを押さえられなくなる。
 大坂から江戸に召し出されて、口先では国のため、道のためだと偉そうなことを言っていたが、心のなかではさびしさと苦悩が渦巻いていた。 それに比べれば、南方先生のほうが何倍もつらいではないか。 私は、自分が恥ずかしい、と。
 またしても、緒方洪庵の肉声を聞く気がします。 先週は、坂本龍馬の本音を聞いた気がしましたし、なんだかこのドラマの秀逸極まる点が、この部分だと思うのです。 絵空事でなく、人物が悩み苦しみながら、その時代を確かに生きている。

 「私は、このご恩にどう報いればよろしいのでしょうか」 と尋ねる南方に、洪庵はこう答える。
 「よりよき未来を、お造り下さい」

 あまりにも、基本的なことではありませんか。 みんな、よりよい明日のために、今日を闘っているのです。 苦悩しながら、闘っているのです。 なんか、泣けました。

 そして洪庵は最後に、未来ではこの労咳という自分の病気が、治せる病気になっているということを南方に確認し、まるで自分がこの病気に勝利したかのような笑顔を浮かべる。
 なんか、医学の進歩によって病気を克服できるようになるということは、それに罹って死んでいった過去の幾多の人々の無念も晴らす行為なのだということを、その笑顔ひとつで感じることができるんですよ。
 深いんだよなあ。

 それにしても今回は、手紙が随所に出てきた気がします。 南方先生のいかにも現代人らしい字、緒方先生のいかにも江戸の知識人らしい手紙、内野龍馬の個性あふれる手紙。 野風の手紙も、じっさいには出てきませんでしたが、話だけは出てきて。 こういう同じイメージのたたみかけも、相変わらず芸が細かい。

 緒方の遺志をくんで、南方先生は自らの病院を開業することになりました。 「それが自分の天命なんじゃないか」 と。 冒頭で、咲(綾瀬はるかチャン)に 「人には、いかに生きるべきか、天命を授かる時が来ると言いますから」 と言われたとおりになっていて、ドラマとしての体裁も、実によく計算されています。

 またまた目の離せない展開ですね。 来週はボクシングで時間変更らしいですけど、間違えないようにしなければ。

当ブログ 「JIN」 についてのほかの記事
第1回 荒唐無稽との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/jin---1-e9ae.html
第2回 建前との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/jin---2-f3b1.html
第3回 自分の病との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/jin---3-3290.html
第4回 女としての闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/---4-542b.html
第5回 梅毒との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---5-9dba.html
第6回 リアルとの闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---6-25d6.html
第7回 明日のための闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---7-87b0.html
第8回 自分の器との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---8-e9a7.html
第9回 心意気どうしの闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---9-8cf0.html
第10回 ああもう、どうなっちゃうの?との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---10-670a.html
第11回(最終回)続編あるかどうかとの闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---7290.html
番外 続編の可能性を、もう一度考えるhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---a138.html

|

« 「チューボーですよ!」 3週連続無星って、過去あったかなあ? | トップページ | 「天地人」 最終回 および総括 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46834030

この記事へのトラックバック一覧です: 「JIN-仁-」 第7回 明日のための闘い!:

« 「チューボーですよ!」 3週連続無星って、過去あったかなあ? | トップページ | 「天地人」 最終回 および総括 »