« 「坂の上の雲」 第1回 いや、ガイじゃのう! | トップページ | 亀田兄弟と矢吹丈 »

2009年11月30日 (月)

「JIN-仁-」 第8回 自分の器との闘い!

 龍馬(内野聖陽サン)暗殺のシナリオが狂いはじめ、それと南方仁(大沢たかおサン)のタイムスリップとのかかわりを通じて、物語が終息しそうな感じになってきた、「JIN-仁-」。
 ああ、もう終わっちゃうのかー、あと数回で。
 それで続編が作られるとか、映画化されるとか、ここまで話題作になってしまうと、下手な思惑がいろいろと作品の周囲に漂い始めて、つくづく純粋にドラマを楽しめない、下らない時代になったものだと実感します。

 ただドラマのほうは、相変わらず堅実な作り。
 今回のテーマは、自分の器、とでも申しましょうか。

 以前より強力なペニシリンをつくるために、必要なのはカネ。 そんな時に、ちょうどその強力なペニシリンが必要な患者が出てしまって。
 それが、小出恵介クン演じる橘恭太郎が思いを寄せている花魁、初音(水沢エレナチャン)。 今回はこの初音を救うための闘いを、南方、龍馬、恭太郎の三者三様で見せます。

 南方は野風(中谷美紀サン)からの資金供出を拒み、龍馬は持ち前の口八丁で資金を調達するも、実はだまされていた、という展開で。 結局初音をはらませたと思われる歌舞伎役者、澤村田之助(吉沢悠クン)に土下座した恭太郎のおかげで、なんとか龍馬の失敗は埋め合わされました。

 ここで野風の資金供出を拒んだ南方先生も、状況から見て心情的には実にその通りでありましょう。 いくらなんでも、野風が夕霧ねえさん(高岡早紀チャン)を助けようとした時とは、事情が違います。 野風には南方に対する恋慕の気持ちがあって、だからこそ南方の力になりたいと願うのですが、ここで拒まれたことで、「あちきにはなにもありんせん」 と、自らの器のありようを思い知らされてしまう、という展開が、とても切ない。

 内野龍馬も、結局だまされていたとはいえ、その小判をペニシリン製造所で働いている者たちの前でぶちまけ、ひとりひとりに手渡すなど、実に人心掌握に長けている。 常に直情実行型。 ここまで人のために何の躊躇もなく動いてみたいものです。

 そんな南方や龍馬を見ていて、恭太郎は自分の器の小ささにめげまくっていくのですが、それって仕方がない話ですよね。 ふたりとも、スーパーマン並みですもんね。 南方先生は、ただ単に現代医学を知っているだけかもしれませんが、それも江戸時代の人から見れば、神に等しいわけであって。 かたや坂本龍馬と言えば、現代に至るまでその信奉者が後を絶たない、日本史における魅力的人物ナンバーワンとも呼べる男ですからね。 恭チャンでなくてもめげますよ(笑)。

 ところがその恭チャンが、今回は歴史上の人物も真っ青なことを成し遂げたんですからね。

 頑として譲らない田之助に、金を貸してくれるよう頼み続ける、という 「見世物」 を演じたんですからね。 侍が、「役者風情」 なんてさげすまれるような歌舞伎役者に、公衆の面前で頭を下げるんですから、その屈辱たるやいかに。
 田之助も、それにほだされて、「あの金は返さなくていいからね。 貸すなんてセコイマネはキライなんだよ」 って。 なんかカッコよすぎてムカムカしますが(笑)、それが江戸っ子の心意気って感じでしたよ。

 だけどそれだけのことをやっておいて、まだ自分のことをぼんくらだという恭チャン。
 内野龍馬が、それを一喝します。
 「おまんのどこがぼんくらじゃ!」

 歴史上の人物からお墨付きを頂いたのですから、大いに誇ってもいいんですが(笑)、人間、器が大きい小さいじゃないんだ、ということを、とても肌で感じる展開になっているからこそ、このドラマは凄いのです。 結局、南方もヤマサの石丸謙二郎サンに 「自分は器が小さい」 と打ち明けたうえで、資金の提供を申し出る。
 人間は、結局人を動かすのは、それだけの意気込みが、あるかどうかなんだと。 器なんか関係ないんだ、と。 身を捨ててまで守ろうとするものがあるからこそ、人はまわりを動かすことができるのだ、と。
 目の前のことを、ただ一生懸命にやり遂げていく。 そこにこそ、浮かぶ瀬もあるんだと思います。 あ~また、説教臭くなってきた(笑)。

 いずれにせよ、幕末を生きる人々の息遣いが聞こえてくるようなこのドラマ、もっともっと見ていたい気が、するのです。

当ブログ 「JIN」 についてのほかの記事
第1回 荒唐無稽との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/jin---1-e9ae.html
第2回 建前との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/jin---2-f3b1.html
第3回 自分の病との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/jin---3-3290.html
第4回 女としての闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/---4-542b.html
第5回 梅毒との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---5-9dba.html
第6回 リアルとの闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---6-25d6.html
第7回 明日のための闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---7-87b0.html
第8回 自分の器との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/jin---8-e9a7.html
第9回 心意気どうしの闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---9-8cf0.html
第10回 ああもう、どうなっちゃうの?との闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---10-670a.html
第11回(最終回)続編あるかどうかとの闘い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---7290.html
番外 続編の可能性を、もう一度考えるhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/jin---a138.html

|

« 「坂の上の雲」 第1回 いや、ガイじゃのう! | トップページ | 亀田兄弟と矢吹丈 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46893245

この記事へのトラックバック一覧です: 「JIN-仁-」 第8回 自分の器との闘い!:

« 「坂の上の雲」 第1回 いや、ガイじゃのう! | トップページ | 亀田兄弟と矢吹丈 »