« DVDレコーダーの耐久性 | トップページ | 「24Ⅶ」 CTUのない第7シリーズ »

2009年11月 9日 (月)

「ダイ・ハード」 を久しぶりに見て感想

 金曜ロードショーで、「ダイ・ハード」 をやっていたので、ずいぶん久しぶりに見ました。

 吹き替えは、野沢那智サン。
 ブルース・ウィリスと言ったらこの人ですかね。
 村野武範サンがやっているものも見たことがありますが、野沢サンのほうがあってるかなー。 いや、失礼ながら、どちらとも、ブルース・ウィリスって感じじゃないんですが。 でも、「なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだよ~」 というのが笑えるのは、野沢サンに軍配が上がります。

 それにしてもこの吹き替えは、テレビで初めて放送した時のものでしょう。 確か淀川長治サンが解説してたやつが、ビデオで残ってると思うけど。 そう言えば、野沢サンが一時期ラジオの 「いう気リンリン 那智チャコワイド」 で、ご自分の吹き替えした作品を探しています、なんて言っていたことを思い出します。

 この吹き替え、野沢サンの部分はいいのですが、全体的な演出が、ずいぶん稚拙なもののように感じました。 というか、昔チックというか。
 なんとも大げさで、しかも半分ふざけているような感じ。
 あれー、もしかすると、大昔の淀川長治サンのやってたやつって、赤塚不二夫サンなんかが演出していたものがあったからなー。 もしかするとそのノリなのかなー。

 特に途中からでしゃばってくる警察署の上司やFBI、リムジンの運転手やコンピューターの電子制御を解除する犯人のひとり。 なんだかとても、おバカに見える。 まあもともとがそういう映画だったのかもしれませんが、そのおバカさをさらに強調しているような吹き替えで、以前は感じなかったのですが、それが今回はとても鼻につきました。 もしかして、赤塚サン、ゴメンナサイ。

 ただ、この一種ノーテンキな吹き替え版演出から今回感じたのは、犯人のハンス・グルーバーがジョン・マクレーンに 「カウボーイ君」 と呼びかけていたように、この映画はカウボーイ映画だったのではないか、ということです。 それならば登場人物たちの滑稽さも、納得がいく気がする。

 この映画は、脚本がとても緻密で、いろんな伏線が交差しています。 当時単なるアクション映画だと思って見ていた私にとって、衝撃的な一作でした。 この映画がなければ、「24」 などは存在していなかったでしょう。 それほど 「ダイ・ハード」 以前と以降では、アクション映画の質が変わったように、私には思えます。 何回見たかなー。 5、6回じゃききません。

 公開当時、永六輔サンが自分のラジオ番組(「だれかとどこかで」 だったと思います)で、滅多にこの手の映画を褒めない人が褒めちぎっていたことを思い出します。 そんなに面白いのか、じゃ見に行こう、ってな感じで。

 それにしても今回の金曜ロードショー、マシンガンをぶっ放すシーンとか、画像処理が行われていたような感じがします。 光の点滅を見せないようにしているような。
 確か2、3年前だかちらっと見た 「エイリアン」 のクライマックスシーンでも、そんな画像処理が行なわれていました。

 ポケモンのあの事件から、光の点滅をテレビで見せないようになったのは分かるのですが、「ダイ・ハード」 とか、この程度でも処理がされているのかーと感じました。
 個人的にはなんだかなーと思っています。
 だって昔は普通に見てましたよ、「エイリアン」 なんかでも。 確かはじめにテレビで見たのが、中学生の時だったと思いますが、あの光の点滅には、ムチャクチャ緊張を強いられたことは覚えていますが、それを見て気分が悪くなったりは、しませんでしたよ?

 気分が悪くなったのは、「プロジェクト・ミネルヴァ」 ってゲームやった時が最初でした(笑)。

|

« DVDレコーダーの耐久性 | トップページ | 「24Ⅶ」 CTUのない第7シリーズ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46720188

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダイ・ハード」 を久しぶりに見て感想:

« DVDレコーダーの耐久性 | トップページ | 「24Ⅶ」 CTUのない第7シリーズ »