« 「不毛地帯」 第4回 ギバチャンの無念が伝わってこない | トップページ | どうもキーボードのレスポンスが悪いです »

2009年11月 6日 (金)

「空から日本を見てみよう」 なんじゃコリは?

 テレビ東京の木曜夜8時(19時58分)からやっている、「空から日本を見てみよう」。
 「久米宏 ラジオなんですけど」 で久米サンが 「この番組面白い」 としゃべっていたので、ちょっと見てみました。

 番組の内容は、空撮をしながら気になったポイントを紹介する、という、実に単純なつくり。 「アド街」 を空撮中心にしてやりました、という感じかな。
 最初の印象は、まるでグーグルアースの実写版を見ているような感覚。
 名勝や学校、有名店などには、きちんと名前が入ります。

 なんとなく、大昔にNHKで黒柳徹子サンがやっていた 「魔法のじゅうたん」(1961-1963年) をほうふつとさせます。 って、私生まれてませんけど。
 というのも、ナレーションを務める伊武雅刀サンと柳原可奈子チャンが、「くもじい」 と 「くもみ」 という簡単な雲のイラストのキャラクターになりきってナレーションをしているからで、今時こんなのは、教育テレビくらいでしかやらないでしょう、という感じなのです。
 特に、空撮中に気になるポイントを発見した時のくもじいのセリフ、「ンなんじゃこりは?」 というのが笑えます。 子供サンのツボにはまりそうな感じ。

 番組自体はこういう単純なものなので、なんとなく気分までまったりしてくるような感じです。 テレビ東京サンのこうした番組づくりは、一時期ハマっていたんですがねー。 飽きちゃうんですよ、そのうち。
 この番組でも、ちょっと途中で眠ってしまいました。 まったりし過ぎて気持ちいい、というか(笑)。
 まあしかし、気になるポイントを地上に降りて詳しく紹介するのも、急に俗世間に戻ってきたような、急によく見たような番組になってしまうような、そんな面もあるように感じました。
 何より、この空撮画面が、小さなテレビでは堪能しにくい。
 大画面で見てこそ映える番組のような気がします。

 でも、こういうのんびりとした番組は、はっきり言って貴重です。 あっという間にネタが尽きてしまうようにも思われますが、なにも大都市にこだわらず、サイトスポットがあまりないド田舎でもやってみたら、結構いままでにないような番組になるんじゃないでしょうか。
 グーグルアース、私のふるさとの三春とか田村市とか、いまだに解像度悪いんですよ。 そういう、グーグルアースで冷たくあしらわれている(笑)地域にもスポットを当ててみたら、面白そうな気がします。

 それにしても、「ンなんじゃコリは?」…流行らないかなー(笑)。

|

« 「不毛地帯」 第4回 ギバチャンの無念が伝わってこない | トップページ | どうもキーボードのレスポンスが悪いです »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46689295

この記事へのトラックバック一覧です: 「空から日本を見てみよう」 なんじゃコリは?:

« 「不毛地帯」 第4回 ギバチャンの無念が伝わってこない | トップページ | どうもキーボードのレスポンスが悪いです »