« 「HELP!4人はアイドル」 けっして侮れない駄作映画(1) | トップページ | 「小島慶子 キラキラ」 2009年12月17日 ありました、ドンパッチ! »

2009年12月16日 (水)

「ファイナルファンタジー13」 の前に、PS3を買わねば…

 「ファイナルファンタジー」(FF)、13作目が発売ですか。

 その前にゲーム機を買う必要が、あるんですけどね。 PS3。

 だいぶ安くなったとはいえ、FF以外にやりたいゲームって、まったくなくて。 あ、あるか、「バイオハザード5」。
 でも、バイオやFF13のためだけにPS3を買う、というのは、どうにも馬鹿らしい。
 PS3で見られる、というブルーレイも、別に見たいという需要がありませんし。
 ブルーレイって、ある程度大画面にならないと、大して必要性を感じないんですよ。 だからPS3のブルーレイ視聴可能、というのは、大した魅力になってこない。

 だいたい、FFとかドラクエとか、どうしてこう、違うハードで出したがるんですかねえ?
 勘弁してほしいっスよ。
 そのゲーム機で、やりたいソフト、1、2本くらいしかないんだから。
 そのためだけに2万だか3万だか、使ってられないですよね。

 FF13も、しばらくはやることもないでしょう。

 「ファイナルファンタジー」 は、主人公がしゃべりまくる(でもないか…)のが、ドラクエフォロワーとしては斬新でした。
 また、物語や設定がとても作り込まれている。 ドラクエの世界が小学生に思えてしまうほどの大人感覚でした。

 ただその物語の作り込みように対応するように、毎回ゲームのルールが大幅に変更される、というのには、ちょっと閉口しました。 しかも、ヤケにワケの分からない、ブラックボックス的な部分が、ゲームをいくらやりこんでも残っているような感覚がする。 なんかやってて、攻略本の必要性をとても感じるシリーズなのです。 攻略本と抱き合わせで買わせようとしてるな、というのが、何となく見え隠れしている。
 RPGと言えばドラクエ、という先入観でゲームをしてきた身にとっては、そういう、よく言えば奥深い、悪く言えば商魂たくましい部分が、受け入れられなかったりしたものです。

 それが驚天動地の転換を果たしたのが、シリーズ第7作目だったと、個人的には思っています。

 PS(1)というステージを得て、当時としてはそのスペックを最大限に生かしたような作り込み方。 なんと言っても、世界が3Dで動いているのには、ちょっとめまいさえ感じるほどでした。
 当然、戦闘も立体的。
 それまで平面的な世界で戦っていた身としては、その臨場感には、シビレまくりました。

 いまだに、ゲームと言えばファミコンやスーファミ時代のドット絵がいちばんいいという人もいますが、私はこのFF7の衝撃が、そのままずっと尾を引いています。 世界も戦闘も、すべてその場でやっているような感じがいちばんいい、とさえ思っています。

 ただ、リアルさを追い求めるのにも、ある程度のクリエイターとしての能力が問われる、と一方ではそうも思います。
 例えば、戦闘するパーティの顔ぶれ。
 すべて同じような人間では、面白くもなんともない。 つまり、仲間同士でチーチーパッパやっているのと、なんら変わらないのです。 それでは世界が広がらない。
 どうせパーティを組んで一緒に戦闘するのなら、いろんな年代の、いろんな顔付きの人間がいたほうが、リアル感は確実に上昇するのです。
 初期のFFでは、じいさんとか子供とか、バラエティには富んでましたけどね。

 FF7では、そこらへんのリアリティは、結構あったほうでした。
 しかも、ヒロイン級の女の子が途中でリタイアしてしまったり、主人公が精神的におかしくなってしまったり、ストーリー的にも衝撃でした。

 FFというシリーズは、そうした 「リアリティ」 と常に闘っているような性格を、強く感じます。
 そしてそれは、同じハードで続編が作られていくにしたがって、次第にこなれていく。
 PS1というステージで作られた、7、8、9のシリーズのうち、いちばん(ビジュアル的なリアリティという点で)完成されていたのは、最後の9だった、と個人的には考えています。

 それを、ハードの進化にしたがって、FFはまた最高の臨場感を求めて、次なるハードへと挑戦していく。
 ゲームをしている側としては、もう9のクオリティでいいよ、とさえ思ってしまうのですが、FFはPS2というステージで、10、10-2、(11)、12という続編を提供してきました。 やはり、ビジュアル的な完成度としては、12が最高だったと感じます。
 10は、物語やゲームシステム的にはFF最高作、とさえ思えるのですが、主人公たちの顔が、やっていた当時から、相当気味悪い人形のように見えていた。 それが12になると、ムービー画面以外の主人公たちの顔が、とても自然に見えて、かえってムービー画面のほうがつまらない顔に見えるほど。 主人公があまり前面に出てこないのも、批判の的になっていたきらいはありますが、ワタシ的には気にならなかったです。 たぶん、主人公と年齢が離れすぎていたからでしょう。

 この法則(?)からいけば、PS3で初めて出される今回の13は、ビジュアル的にいちばんこなれていない(笑)ということになりますが。

 まあ、年々、ゲームの主人公たちと自分の年齢の違いにため息が出てくるのですが(笑)、いったい私も、いつまでゲームのフォロワーをしていられるのかな、と思うと、結構さびしい気分になったりします。 老化防止のためにゲームをやっていらっしゃるご老人がたもいらっしゃるようなので、気にすることもないのかもしれませんが。

|

« 「HELP!4人はアイドル」 けっして侮れない駄作映画(1) | トップページ | 「小島慶子 キラキラ」 2009年12月17日 ありました、ドンパッチ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47038293

この記事へのトラックバック一覧です: 「ファイナルファンタジー13」 の前に、PS3を買わねば…:

» PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A) |ソニー・コンピュータエンタテインメント [お買得情報連絡便り]
PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-200... [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 12時46分

» バイオハザード5 |カプコン [アマゾン情報局]
バイオハザード5カプコンWindows DVD-ROM発売日 2009-09-1... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 12時10分

« 「HELP!4人はアイドル」 けっして侮れない駄作映画(1) | トップページ | 「小島慶子 キラキラ」 2009年12月17日 ありました、ドンパッチ! »