« 「金スマ」 オノ・ヨーコサンの悲しみは、まだ続いている(続) | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 2009年12月26日 うわっ、出っ歯じゃ! »

2009年12月26日 (土)

「クリスマスの約束2009」 J-POP組曲 「22'50''」

 小田和正サンの 「クリスマスの約束」 には、毎年泣かされているような気がしますが、今年(2009年)はそれに、全身の毛が総立ちするような感動、が加わった感じです。

 その原因が、総勢21組34人もの歌い手たちが一丸となって、それぞれの代表曲を歌う、という、J-POP組曲とも呼べる 「22'50''」 という曲。 「22分50秒」 というのは、この組曲のトータルタイム。 なんだかネーミングの発想的には、ジョン・ケージの 「4分33秒」 みたいですけどね。

 この曲のコンセプトとしては、入れ替わり立ち替わり、参加した歌い手の最も世間的に知られていると思われる曲を一部分のみ歌い、それにきちんとバックコーラスも入れる、というもの。 だから基本的に、参加した歌い手たちは、ここに含まれている曲すべてを、覚える必要があるのです。
 そのためリハーサルに費やした時間は膨大。

 この企画を小田サンが立ち上げた時、参加した歌い手たちは、小田サンのやらんとしていることにたいして、そんなことは無理だろうとか、いっしょに合唱みたいにして歌ってしまったら個性がなくなるとか、結構忌憚のない意見が続出。 まあ最初に、忌憚のない意見を求めたのは、小田サンのほうでしたから、当然と言えば当然ですが、最終的に考えると、そのディスカッションというものは実を結んでいたように感じます。 独唱の部分とか、ちゃんとあったりしましたからね。

 そしてなかなかまとまらないイメージに、番組の制作スタッフも、「何のためにこんなことをするのか?という観点がない」 とか、小田サンのやる気を根本から削ぐようなことを言ってくる。 「何のために」 って、それを言ったらミもフタもないでしょうって感じですけどね。 小田サンも、結構きつい調子で、それに反駁していました。

 ここで私が危惧したのは、もしかして単なるメドレーの歌みたいになっちゃうんじゃないのかな?ということでした。
 じっさいのところ、曲と曲とのつなぎ目をもうちょっとエキサイティングにできれば、もっとよかった気はしますが、本番で聞かされたその曲は、そんな細かいことなど一切お構いなしの、人を突き動かす力にあふれていました。

 まず全員で、「この日のこと」 を歌う。
 そして藤井フミヤサンの 「TRUE LOVE」 から始まり、スターダスト・レビュー(根本要サン)の 「今夜だけきっと」。 広瀬香美サンの 「ロマンスの神様」、松たか子サンの 「明日、春が来たら」、クリスタル・ケイサンの 「恋におちたら」、ラッツ&スター(鈴木雅之サン)「夢で逢えたら」、一青窈サン 「ハナミズキ」、キマグレン 「LIFE」、平原綾香サン 「Jupiter」、夏川りみサン 「涙そうそう」、チューリップ(財津和夫サン)「青春の影」、いきものがかり 「帰りたくなったよ」…これでも結構省略してます。

 これが矢継ぎ早にリード・ヴォーカルの人が前に出てきて、ハイタッチをしながら、ものすごい力量で歌い継いでいくんですから、その贅沢さには、ちょっと卒倒するほどのものを感じます。 しかも、コーラスワークは、おそらく小田サンのアレンジなんでしょうが、オフ・コース時代のそれを思い起こせるくらいの、手慣れたところを感じさせるのです。

 また、歌がやっぱり、すべていいんですよ。

 こんないい曲があったのか、と思った曲も、何曲かありました。 特にラストの、いきものがかり 「帰りたくなったよ」 は、なんか、泣けましたね。 J-POPの底力というものを、肌で感じた気がします。

 でもいちばん感じたのは、いろんな世代の人が、こうして同じ時代に生きて、同じ歌を共有している、ということの意義って、なんだかんだ言っても素晴らしいことなんじゃないだろうか、ということ。
 そして、こうして一緒になって何かを成し遂げようとすることが、大勢の人の心を大きく動かすことになり、それが結局は、参加した歌手本人自身の心をも、大きく動かすことになるのだ、ということ。 これだけのことをするには、やはりあの膨大なリハーサルは、絶対欠かせないものだった、と言っていいでしょう。
 それを象徴するような歌が、最後に全員で歌われました。
 「たしかなこと」。
 同じ風に吹かれて、同じ時を生きているんだ――。
 なんか、泣けます。 小田サンも、泣いちゃってたみたいです。

 最初は伝わりにくかった小田サンの思いが、最後はこうして 「歌のパワーを感じました」「歌をやってていちばんよかったと思った日かもしれない」 という、強烈な感動を、歌う側にも、そしてそれを見る側にも与えてくれた。
 その過程を見せてくれたこの番組には、感謝したいです、素直に。

|

« 「金スマ」 オノ・ヨーコサンの悲しみは、まだ続いている(続) | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 2009年12月26日 うわっ、出っ歯じゃ! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

こちらの番組、僕もとても感動しまして、自分のブログに記事を書いてみることにしました

参考になるものを探して、こちらにたどりつきました

突然で恐縮ですが、TBをお願いいたします

投稿: コンドウ | 2009年12月28日 (月) 05時40分

コンドウ様
コメント、ありがとうございます。
トラックバックのご依頼、ありがたく存じます。
ただ私、パソコンど素人人間なため、トラックバックの仕方が、いまいちよくわかっておりません。
とりあえずヘルプにしたがって、トラックバックをさせていただきましたが、届いておりますでしょうか?

投稿: リウ | 2009年12月28日 (月) 09時36分

こんにちは

番組の中身は良かったと思います。
一方で、日本の音楽界は今、慢性的なヒット曲不足となっています。短距離にいる相手にしか伝わらないような曲ばかりで、多くの人に広く染み渡る曲が少ない、若しくは評価させているのか分からないのです。おそらく今回のようなコラボの傾向はこの番組のみならず、FNS歌謡祭といった他の番組も2010年以降この流れに従うでしょう。

心に染みて口ずさめる曲が出て欲しいものです。

投稿: ポップ | 2010年1月 7日 (木) 20時22分

ポップ様
コメント、ありがとうございます。
ホントに、おっしゃる通りですよね。
特に 「短距離にいる相手にしか伝わらない」 というのは、まさにその通りだと思います。

ここ数年の音楽は、歌詞なんかを聴いていると、結構いいことを歌っています。 昔の歌なんかより、ずっと聴くほうの側に立って歌っているんじゃないでしょうか。
だけど、その言葉は、ただあたりさわりがいいだけで、すぐに消えてしまうような場合が多い。
それはポップサンのご指摘されたように、それが短距離にしか届かない言葉だからだと思います。
つまり、作り手が、大勢の人の心をわしづかみにしようとして紡いでいる言葉では、ないということだと思います。 とてもパーソナルな発信。 だから声の届く仲間内だけで傷のなめ合いは出来るけど、万人の心をつかめない。

メロディにしても、人々の心を思い切りわしづかみにしようという、作曲者の悪魔のような貪欲さが感じられない。
それに、分かりやすく、かつ感動できるものを作ろうという傾向が、あまり感じられない。 聴く者を置いてきぼりにして、いたずらに難しくしたがっている。 それじゃカラオケで、歌えません(笑)。

ただ、確かにいい曲は、あるんですけどね。
そのいい曲がなかなか流行らない、伝わっていかないっていう側面も、あると思いますけど。 いや、時の流れが、早すぎるのかな? 週替わりメニューですもんね、ヒットチャートが。

投稿: リウ | 2010年1月 7日 (木) 23時51分

はじめまして

「クリスマスの約束2009」で検索していて、こちらにたどり着きました

拙ブログにてこちらの記事を紹介させていただきましたので、ご連絡です

TBもお願いできたらとうれしいです

投稿: コンドウ | 2010年2月14日 (日) 09時24分

コンドウ様
コメント、ありがとうございます。

コンドウ様の記事、読ませていただきました。
拙文をおほめいただき、恐縮の至りです。

トラックバック、何度も試みるのですが、どうにもやりかたが分からなくて、少々忸怩たる思いでおります。

投稿: リウ | 2010年2月14日 (日) 10時44分

はじめまして

自分も、「クリスマスの約束2009」で検索をかけた者です。

小田さんのHPに中部から東のみですが、再放送のお知らせをコピペしておきます。

ロビー活動ですよ。皆様。

■[TV]「クリスマスの約束2009」再放送決定!!


お待たせしました!皆様の熱いご要望により、「クリスマスの約束2009 特別編」が、ついに、再放送されます。
日時:2010年4月1日 23:59~ 

TBS・HBC (北海道放送)・TUY (テレビユー山形)・SBC( 信越放送)・SBS (静岡放送)・CBC (中部日本放送)
※3/19時点

投稿: てんてん | 2010年3月22日 (月) 11時34分

てんてん様
コメント、ありがとうございます。
ロビー活動、ご苦労さまでございます(笑)。

再放送、いいですネ!
私の住んでいる地域(関東エリア)では放送されないようですが、ご覧になっていないかたは、ぜひ見ていただきたいです(追記 てんてん様の情報、ちゃんと読んでなくて、申し訳ありませんでした! しっかり関東エリアでも、やってましたネ! また、見ちゃいました!)。

2009年のすべての音楽番組の中で、ベストだと個人的には思っておりますので。

投稿: リウ | 2010年3月22日 (月) 11時55分

たまたまテレビを見てたらすごいものに出会った感じ。

何の予備情報もなく、ただ本当に出会った

歌って本当にすごいですね。

歌声にある力

何度も泣いてしまいました。


そして、そく検索

このHPへ到着

ここにも素敵な出会いがありました。

突然の出会い、歌に感謝!

投稿: シグマ | 2010年4月 2日 (金) 01時20分

シグマ様
コメント、ありがとうございます。

私も、この再放送をまた見て、前回以上に泣いてしまいました。

それから自分の書いた当記事を読んで、感動を伝えきっていないなーと思っていたところ、シグマサンからのコメントを見つけました。

おほめにあずかり、恐縮の至りです。

先のコメントに、2009年最高の音楽番組とか自分で書きましたけど、甘っちょろいですね(笑)。
少なくとも、過去10年くらいに遡っても、最強の音楽番組だった気がします。

投稿: リウ | 2010年4月 2日 (金) 01時46分

ふだんは海外在住なんですが、

このときはたまたま偶然にちょうど日本に帰国中で、2009年のクリスマスの約束は見ました。小田さん、苦労しているなあ、とお思いました。プロの舞台で活躍している一人ひとりのボーカルの力はものすごいものがある。その力を合わせてみたいと、小田さんは言い、それじゃあ、単なるコーラスだと思うけど、という突っ込みが入る。

そういうものを乗り越えて、小田さんの思いがようやく実現したんだなと思います。

テレビを見ながら、歌詞の内容などとはある意味ではまったく関係のない、もっと強く暖かい連帯のすごさを感じて涙してしまいました。

スマホにダウンロードしてときどき聞いています。

投稿: じん | 2016年1月25日 (月) 21時05分

じん様

コメント下さり、ありがとうございます。

いやー、もう6年も前のことになってしまったんですね、これ。

一昨年(2014年)の 「クリ約」 は何か問題があったのか、数曲歌っただけでこれまでのダイジェスト版を放送。 とても物足りないものでした。

そして去年(2015年)では、それが解消されて、普段通りの 「いい歌をじっくりと聴かせる」、というパターンに戻った気がしたのですが、小田サンの様子からは、「どうやってこの番組を終わらせようか…」 という気持ちがにじみ出ていたような気がいたしました。

結構年齢的にきついものがあるのかもしれません。 けれども、期待してしまうのがファンの罪なところですよね。 自分にとっては 「紅白」 以上に、これを見ないと新年を迎えた気がしないほどの重要性を帯びた番組に、なってしまいました。

投稿: リウ | 2016年1月26日 (火) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47116716

この記事へのトラックバック一覧です: 「クリスマスの約束2009」 J-POP組曲 「22'50''」:

» クリスマスの約束2009 小田和正の22分50秒 [.net.amigo]
オープニングは「風のように」日産エルグランドのCMソングだったね。 2009年8月 前略 突然のことでお許しください・・・ お願いの手紙です [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 16時35分

» クリスマスの約束 2009 [Buddhi Prakash]
先日 (2009年12月25日 23:59 ~) TBS系列で放送された クリス [続きを読む]

受信: 2009年12月29日 (火) 00時28分

« 「金スマ」 オノ・ヨーコサンの悲しみは、まだ続いている(続) | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 2009年12月26日 うわっ、出っ歯じゃ! »