« 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 なかなか、これも面白いです | トップページ | 「君たちに明日はない」 第1回 仕事することの意味 »

2010年1月15日 (金)

「不毛地帯」 第11回 里井副社長、頭に血がのぼりすぎ!

 前回の放送から、約1カ月近く待たされた、「不毛地帯」 第11回。
 これだけ待たされると、話を忘れちゃったという向きのために、冒頭はダイジェスト大会(笑)。
 そして視聴者の食いつきをよくするためか、今回の 「不毛地帯」、副社長の里井サン(岸部一徳サン)が、ますます脱皮したエイリアンのごとく、怪物化しておりました(笑)。 いや、冗談抜きで、笑わせていただきました。 あまりに笑ったので、少々面倒くさいのですが、その全容を書いてみたいと思います。

 その前に、家政婦のハル江サン(吉行和子サン)の、壹岐(唐沢寿明サン)への嫌がらせから、軽~いジャブで一発(笑)。 ここで事情を簡単にご説明しますと(野暮ですが…)、ハル江サンは壹岐が死んだ女房(和久井映見サン)に義理立てして女も連れ込まない、と絶賛していたのに、当の壹岐が秋津の娘サン(小雪サン)を連れ込んでしまったため、嫌がらせをしているわけで(笑)。

 私としては、もっとハル江サンに過激にやってほしかったのですが(笑)。

 そしてジャブの次は、ストレートかと思ったら、フックが飛んできました(笑)。
 つまり、壹岐の夢の中で、里井副社長が暴れ出した、というか(笑)。

 死んだ壹岐の奥サン(和久井映見サン、意外なところで再出演)(笑)に向かって、里井副社長、「君は亭主を立てるいい女房のようだから、壹岐クンによぉ~く言ってもらえないかっ。 もっと上司を立てるようにとっ。 出世なんて興味ございませんという顔をしながら、コソコソ動き、私を出し抜こうとするあのふてぶてしさ! なんかしてくれたまえっ! ホントーは、出世したくてしたくてたまらないと認めたらどうだっ! 君から、壹岐クンに認めさせるんだっ! これは、副社長命令だっ!」

 いや、大爆笑しました。 だって、あり得ない夢なのに、いつも里井サンが言ってることなんだもん(笑)。

 ここから、ストレートの乱れ打ちです(笑)。

 その後、里井副社長自ら持ち出したフォーク社と千代田自動車との合弁会社設立案に難色を示す壹岐に対して、またまただんだん頭に血がのぼっていく、里井副社長(笑)。

 「自分の案が通らなかったからと言って、私のやりかたに水を差すようなことはするなよ」
 「いえ、水を差すなど…」
 「…だったら黙ってろよッ!!」

 また急に大声で怒鳴ったもんだから、壹岐のいるその場で倒れちゃって。 医者を呼ぼうとする壹岐に、「やめろ! なんでもないんだ…ちょっと疲れたウウウッ!」

 ものすごい勢いでのたうちまわる、里井副社長。 そのあまりの苦しみ方に、おなかからエイリアンが出てくるかと思いました(笑)。

 それで、結局入院しちゃったんですけど(笑)、その処置をした壹岐のことが、どーしても許せないらしくて(笑)。

 「私をなぜそんなに病院に入れておきたいのだ? 本当は、ほかに意図があるんじゃないのか? 君は二言目には、私の体を心配してと言うが、本当は、心臓病患者というレッテルを、私に張り付けたいんじゃないのかっ? 発作が起こった時、あのまま安静にしておいてくれたら、発作は自然におさまり、こんなオーゲサな事態にはならなかったはずだっ! それを君が、救急車など派手に呼んだために、一晩中病室に入れられ、…おまけにぃーっ!心臓の世界的権威などというっ!タイソーな名医を引っ張ってきてぇぇ~っ!心臓病を強く印象付けよーとしたぁぁ~っ! それをぉぉぉ~っ!」

 敵意丸出しにも、ほどがあるっつーか(笑)。

 それで、結局ゴーインに日本へ帰国。 病状を心配して仕事を減らそうと考え、壹岐にある程度まかせようと配慮してくれる大門社長(原田芳雄サン)の言うことも、もはや素直に受け止められないほど、里井副社長は制御不能の最終形態まで擬態化が進んだエイリアンと化しているわけで(笑)。

 「…先ほどから伺っていますと、社長のお耳には、救急車が来るのがあと5分遅かったら危なかったとか、フォークと千代田の交渉が重荷だとか、果ては、心筋梗塞などと、ずいぶん私は重篤な心臓病患者に仕立て上げられているのですねえっ! 私を陥れるために、重病人に仕立て上げたのは壹岐君ですかあっ! 自分の出世のために手段を選ばない壹岐君は、ホントォォーに恐ろしい男ですねえっ! 社長ォォーッ! だまされないでくださいいーっ!」

 社長も、タジタジ(笑)。

 いやーもう、ここまで来ると、里井サンには、元気で生きててもらいたいものです(笑)。 壹岐と千里サンの話とか、フォークの覆面調査員のひとりが行方不明とか、もうどーでもいいくらい、ブッ飛んだ演技でした。 降参しました、はっきり言って(笑)。

当ブログ 「不毛地帯」 に関する記事
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-6a81.html
第1回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/1-05a5.html
第2回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/2-w-070f.html
第3回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/3-4bae.html
第4回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/4-9755.html
第5回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/5-abb7.html
第6回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/6-d4bd.html
第7回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/7-8677.html
第8回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/8-4f4a.html
第9回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/9-cdc5.html
第10回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/10-183b.html
第11回 (当記事)
第12回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/12-68a7.html
第13回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/13-2599.html
第14回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/14-4fa8.html
第15回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/15-d4df.html
第16回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/16-3ac8.html
第17回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/17-2-6e30.html
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-b645.html
第18回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/18-5177.html
第19回(最終回) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-7b99.html

|

« 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 なかなか、これも面白いです | トップページ | 「君たちに明日はない」 第1回 仕事することの意味 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47296766

この記事へのトラックバック一覧です: 「不毛地帯」 第11回 里井副社長、頭に血がのぼりすぎ!:

« 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 なかなか、これも面白いです | トップページ | 「君たちに明日はない」 第1回 仕事することの意味 »