« 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 第4回 若いっていいっスね | トップページ | がんばれ、小林麻耶! »

2010年1月29日 (金)

「不毛地帯」 第13回 不毛だなあ…やっぱり

 「不毛地帯」 というドラマを見ていて感じるのは、登場人物たちが住んでいる世界が、やっぱり不毛地帯なんだな、ということです。 当たり前か。 題名通りじゃん(笑)。

 まあ、そんなことしていて、ホントに楽しいのかな?という感じ。
 それはドラマの内容自体がそうなんですけど、実は演じている役者サンレベルでも、演じていて楽しくないんじゃないか?と思うことがある。 壹岐を演じている唐沢寿明サンという役者サンは、そんなつまらない男を演じていても、それ自体を楽しんでしまう 「開き直り」 みたいなものを常に感じるんですが、それでもなかなかはじけてくれない壹岐に対して、唐沢サンのイライラみたいなものを感じたりします。

 だからこそ、モンスタータイプの里井副社長を演じている岸部一徳サンや、悪役であることに生きがいを感じている鮫島を演じている、遠藤憲一サンみたいなキャラが、特に面白かったりするんですけど。

 今回、そうしたトリッキーに笑わせてくれるキャラの出番が少なかったせいか、ごく正統派のドラマに立ち返ったような気がしましたが、やはりその流れで際立ってくるのが、みんなつまんなそうに演じている、という感覚でした。 まあ、私だけの感覚でしょうけどね。

 アメリカを離れる壹岐の送別会で、家政婦のハル江サン(吉行和子サン)は、最後まで壹岐に対するわだかまりを振り払えないまま、とても消化不良の残る別れ方。

 アメリカ近畿商事の壹岐の部下たちも、千代田とフォークとの提携が失敗しても、クライスラーやGM(なんて言い替えてましたっけ?)との合弁を推し進めたい、などと言っていましたが、どうも商社マンの熱い情熱みたいなものが、感じられない。 ホントにこの人たち、好きでこの仕事やってるのかな?なんて、見えてしまいました。

 小雪サンにしても、壹岐に対して、どうも煮えきらなくて、中途半端な自分の位置に、イライラしているような印象が常にある。 あーもー、モヤモヤするーっ(笑)。

 壹岐の息子にしても、どうしてそこまで父親に対して中途半端に反抗しているのか、見ていて今度はこっちがイライラする。 潔癖過ぎて、やんなるんですよ。
 「母さんの位牌のある場所で、ナニ女とイチャイチャしてるんだ」 って、そりゃ分るんですけど、同じ男ならば、男としての生理を理解すべきじゃないですか。 ここらへん、女の目から見た父と息子の関係だな、という気が強くします。 原作も脚本も、ともに女性ですもんね。

 静養を余儀なくされた里井副社長に代わって、専務に昇格した、壹岐正。
 その取締役選任の株主総会で 「どうしてソ連と通じている壹岐を専務になどするのか!」 という異議が叫ばれ、議場は混乱するのですが、その異議自体があまりにもお門違いで、お話にもならない。 イメージダウンを狙うのなら、もっと信憑性のある話を持ち出すべきだし、この壹岐つぶしの策略の黒幕が誰なのか、というところまで、ドラマで切り込むべきじゃないんですかね。
 橋爪功サンとのやりとりで 「私がスパイだなんて…」 と笑い話にする程度で済ませているところに、話の古臭さがある気がします。

 いったんはフォークとの交渉に勝利した鮫島サンも、この壹岐の専務昇進という話を聞かされ、常務止まりの自分の地位を悔しがっている。 意外なところで、鮫島サンが極度の恐妻家であることが判明して、これはこれで、大いに笑いましたけど。

 里井副社長も、ぶっ倒れる寸前まで、「壹岐に社長の座を明け渡してたまるかぁぁ~っ!」 という執念で生きている。

 みんな、楽しいんですかね、生きてて。

 でもちょっと、考えてしまうんですけど。

 仕事の成果が、その人の人生自体の成果であった時代が、確かにあったと思うんですよ。
 それについて否定的な考えが、今の世の中じゃ大勢ですけど、ホントにそうなんですかね。
 家庭を顧みず家族を破壊してまでも、仕事仕事で忙しくしている人間は、確かに褒められたものじゃないかもしれない。 和久井映見サンの演じた壹岐の奥サンも幸せじゃなかったろうし、里井副社長の妻を演じた江波杏子サンも、「社長の座なんかより、夫が元気なことのほうが大切」 と切実に訴えるのが、普通でしょう。
 けれども、みんな、家庭を守るために、身を粉にして働いてきたんじゃないですかね?
 それを否定的な視点から描いているから、このドラマの登場人物が、生き生きしていないように見えるんじゃないでしょうか。 否定的に仕事人間を描くことがこの話の主題である以上、仕方のないことだとは、思うんですが。

 結構キツイことを書いてしまいました。 この嚥下不良感がドラマの目的であるならば、とても成功しているとは、思うんですが。

当ブログ 「不毛地帯」 に関する記事
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-6a81.html
第1回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/1-05a5.html
第2回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/2-w-070f.html
第3回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/3-4bae.html
第4回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/4-9755.html
第5回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/5-abb7.html
第6回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/6-d4bd.html
第7回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/7-8677.html
第8回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/8-4f4a.html
第9回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/9-cdc5.html
第10回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/10-183b.html
第11回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/11-0587.html
第12回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/12-68a7.html
第13回 (当記事)
第14回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/14-4fa8.html
第15回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/15-d4df.html
第16回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/16-3ac8.html
第17回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/17-2-6e30.html
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-b645.html
第18回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/18-5177.html
第19回(最終回) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-7b99.html

|

« 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 第4回 若いっていいっスね | トップページ | がんばれ、小林麻耶! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47416710

この記事へのトラックバック一覧です: 「不毛地帯」 第13回 不毛だなあ…やっぱり:

« 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 第4回 若いっていいっスね | トップページ | がんばれ、小林麻耶! »