« 二子玉川はいま、メチャクチャでございます | トップページ | 「曲げられない女」 第3回 死にゆく人のリアリティ »

2010年1月27日 (水)

「君たちに明日はない」 第2回 ちゃんと最後まで見ての感想です

 1月25日当ブログ記事で、完全にこき下ろした 「君たちに明日はない」、第2回。
 その後 「そうでもないと思いました」 というコメントをいただいたので、ちゃんと最後まで見て記事を書き直そう、と思いまして。

 結果から申しますと、坂口憲二クンのリストラ請負人としての仕事は、最後まで誠実そのものでありました。
 ドラマとしての見ごたえも、実によく決まっていました。
 それだけに、田中美佐子サンへの 「唐突なキス」 は、ただただ残念に思えます。
 私がこの、「あーこのドラマはダメだ」 と見るのをやめた 「唐突なキス」 シーンのあと、坂口憲二クンは田中美佐子サンに思いっきりぶん殴られてました(当然と言えば当然)。
 さらに、4年前の彼の回想シーンで、麻生祐未サンに同じようなことをしていた経緯とか入っていましたが。

 やっぱり、坂口クンが田中サンに惹かれていくのに、いきなりキスっていうのは、理性が足りませんでしたと言うしか…。 どうもあそこだけ、浮いちゃっている気がしますです。

 その話はそれくらいにしまして。

 今回の話は、音楽事務所のふたりの敏腕プロデューサーのどちらかをリストラする、その決断を任される坂口クンの苦悩に焦点があったような気がします。 坂口クン、トイレでもどしたりとか、してました。 他人の人生を決めてしまう、ということのストレス、これは、たまったものではないとつくづく思いました。

 そのリストラされるうちのひとりは田中哲司サン扮する、正確にデータ分析しまくって会社の利益を考えまくっている 「氷の」 プロデューサー。
 もうひとりは中村育二サン扮する、歌い手たちに親身になって接している 「炎の」 プロデューサー。

 リストラするための面接においても、このふたりとも、実に論理が整然としていて、田中サンは冷静沈着、中村サンは型破り。 しかもどちらとも、結果的にはそれなりの業績を上げている。

 けれども、ここでふたりの論理をあまりにも 「ごもっとも」 過多にしてしまうと、「じゃあふたりとも辞めさせないのが、いちばんいいんじゃないか?」 という疑問が、どうしても持ちあがってきてしまう気がするのです。

 会社としては、田中サンという人間も、中村サンという人間も、いなければいけない人間のように、私には思えました。
 会社には、いろんな人間がいます。
 だから衝突することだってあります。
 けれども、その衝突が、会社のためになる衝突なら、やめさせる必要はないと私は思う。
 それがもし個人的な感情だけの衝突だったり、会社全体の士気にまでかかわってしまうほどの険悪な衝突ならば、どちらかひとりをやめさせるべきかもしれません。
 オーディションの場で田中サンと中村サンのふたりはケンカをしていましたが、私が見る限り、それは感情的ではありましたが、情熱ゆえのケンカ。 そのケンカを見てオーディションに来た人たちがぞろぞろ帰っていくとか、ほかの社員たちが露骨に嫌な顔をするとか、そんなケンカじゃなかった気がします。

 そしてこのドラマでは、田中サンが結局首を切られましたが、もしここで、中村サンを残した場合、中村サンは田中サンというストッパーがなくなって、増長する危険性がある。
 伊武雅刀社長のすべきことは、リストラ請負人にひとりの首切りをゆだねるなどという他人事のような方法よりも、田中サンと中村サンを互いに別グループとして切磋琢磨させる道を選ぶことのような気がしました。 だいたい、はじめのオーディションの場にふたりを同席させていること自体が、伊武社長の判断ミス、とも思える。 この回のいちばんの問題人物は、ひょっとして伊武社長だったかも?(笑)。

 小さな小さな小さな(笑)会社の経営をしている関係上、ちょっと社長に対して辛口のドラマ評となってしまいましたが(笑)、今回のリストラが、コストカットが目的でないので、別の見方ができてしまうという例を、ちょっと書いてみました。

 それにしても、坂口クンの田中美佐子サンへの思いは、酒場での友人とのやりとりを見ていても、ちょっといい加減なような気が、するんですけどねー。 いや、彼のリストラ請負人としての仕事の誠実ぶりと、比較してっていう話ですけれど。 どうでしょう。

当ブログ 「君たちに明日はない」 に関する記事
第1回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-f372.html
第2回(番外)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-d86b.html
第2回(当記事)
第3回なし
第4回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/4-bd21.html
第5回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/5-9c41.html
第6回(最終回)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/post-d0bd.html

|

« 二子玉川はいま、メチャクチャでございます | トップページ | 「曲げられない女」 第3回 死にゆく人のリアリティ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。先日コメントさせていただきました1964です。
なんかすみませんでした。わざわざ見ていただいてありがとうございます。
話変わるんですが、『JIN-仁-』の映画化が決まったみたいですよ!って、情報遅すぎですかね?

投稿: 1964 | 2010年1月29日 (金) 17時19分

1964様
コメント、ありがとうございます。

いえいえ、お気になさらずに。 こちらこそ、ちゃんと最後まで見て、よかったです。 やっぱり全部見ないでの批判は、イカンですよ(反省)。
とりあえずこのドラマ、回数も少ないことですし(笑)、最後まで見てみようと思います。

「JIN」 映画化ですか~?
もしそうなら、私としてはがっかりしますね。
当ブログにも幾度も書いておりますが、テレビと映画は、違う媒体だと思っておりますので。

まあ、本音を言えば、いくら面白くても、トシのせいですかねー、別に映画館にまで行って観ようっていう気が起きないだけの話で(笑)。 どーせそのうちテレビでやるだろう、っていうか(笑)。

投稿: リウ | 2010年1月29日 (金) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47407478

この記事へのトラックバック一覧です: 「君たちに明日はない」 第2回 ちゃんと最後まで見ての感想です:

« 二子玉川はいま、メチャクチャでございます | トップページ | 「曲げられない女」 第3回 死にゆく人のリアリティ »