« 訃報が続きます | トップページ | 「レット・イット・ビー…ネイキッド」 における 「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」 »

2010年1月20日 (水)

「タモリ倶楽部」 2010年1月16日 役に立たない機械たち

 1月16日(一部地域除く)「タモリ倶楽部」 は、タモリサンの母校早稲田大学の創造理工学部建築学科、中谷礼仁准教授ゼミ?の研究室で行なわれている、「役に立たない機械製作」。

 「最も芸術に近づく簡単な方法を教えよう」 という意図のもとでこの演習が行われているらしいのですが、中谷先生の言うには、哲学者イマヌエル・カントが 「美とは目的なき合目的性である」 と述べたことを実演しようとする、「簡単に言うと、なんだか分からないけどすごいもの」(笑)。

 要するにまあ、無用の用、とでも言いますか(笑)。 余計分からん、っつーの(笑)。

 分かりやすい例で出された機械が、機械と呼ぶのもはばかられるような、ヒモの付いたただの平べったい段ボールの箱。 そこに紙をおもむろにしまって、何をするのかというと、ヒモを上下に何度も引っ張る。
 センセイがあまりヒモを何度も上下に引っ張るもんだから、シュレッダーにでもなっているのかと思ったら、中に入れた紙がクシャクシャになる、という(笑)、ただそれだけのシロモノで。 自分の手でクシャクシャにしたほうが早いだろ!と、突っ込むなかれ(笑)。

 そして学生たちが作った、過去の 「役に立たない」 作品たちを見ていくのですが、ただ糸をよるだけの機械とか(笑)、両端コンセントとか(笑)、ただ開くだけの箱とか(「よくあくねー」…笑)、グラビアのビキニの部分に置くことで裸のように見えるだけという 「グラビア定規」 とか(笑)、なにしろ 「意味ねえ~」 機械、道具の連続。

 しかも、この採点基準が変わってて。
 両端コンセントは、機械構造になってないから点数が低く、グラビア定規は役に立つから点数が低い(センセイ 「役に立ちすぎるんですね」 タモリサン 「立ち、すぎる!んですね」)(笑)。
 つまり、大仰な外見でありながら、その機械がこなす役割が意外なものであり、かつしょぼい(笑)、というのが、どうも採点基準らしいことは、見ていて分かってきました。

 しかしよく考えてみると、この 「タモリ倶楽部」 のコンセプトって、まさにこの機械たちと一緒なんですよね。

 下らないものの価値を認めないのではなく、それを面白がる。
 「それのどこが面白いのか」 というようなことの面白さを、無理やり見つけだす。 そのこと自体の面白さ。

 建築学科ということで、登場する学生サンたちの好きな建造物を言ってもらうと、それに対応してタモリサンが安藤忠雄サンのモノマネをしたり、岡本太郎サンのモノマネをしたり、三菱地所の社員のモノマネをしたり(笑)、果ては建築物のモノマネ(笑)。
 ここらへんのクッダラネー加減が、「タモリ倶楽部」 の生命線と言ってもいい気がするんです。 特に建築物のモノマネは、この研究室の下らなさにタモリサンが対抗意識を燃やしたかのような、シュールな展開でした(笑)。

 タモリサンの発想が、早稲田の校風から発しているのか、早稲田大学中谷研究室の発想が、タモリサン的なのか。 どっちが先かはよく分かりませんが、これは校風かなー。

 しっかしこの研究室、こういうことをいかにも論理的にマジメにやってて、楽しいのかなーとは(笑)、感じましたです。 教授の意図が分からないと、スッゴイ苦痛なような気が、するんですよ(笑)。 どうすりゃ可がもらえんのか、単位が取れるのか(笑)って。
 「意味のないことの美しさ」 っていうものを理解できないと、ネ。

|

« 訃報が続きます | トップページ | 「レット・イット・ビー…ネイキッド」 における 「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47341581

この記事へのトラックバック一覧です: 「タモリ倶楽部」 2010年1月16日 役に立たない機械たち:

« 訃報が続きます | トップページ | 「レット・イット・ビー…ネイキッド」 における 「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」 »