« 「曲げられない女」 第2回 悪夢は繰り返す? | トップページ | 「不毛地帯」 第12回 鮫島サン、久々にやってくれました »

2010年1月21日 (木)

「とめはねっ!鈴里高校書道部」 第3回 好きこそものの…

 あまり難しいことは考えずに見ている、NHK木曜ドラマ 「とめはねっ!」 であります。

 主人公の望月結希(朝倉あきチャン)の鈴里高校を、ヤケにライバル視している鵠沼学園なんですが、実力の差がありすぎて相手にする必要もないのではないかとか、…あまり考えないようにしております(笑)。 1回目見てなかったんで、事情がよく分かってない(笑)。
 どうも両校の書道部部長が、互いに双子らしいことが、その原因なのかなーとか。

 ボクシングの赤井英和サンの娘サンが出ている、とも聞いて、今回はじっくり見てみたんですけど。
 長身で、うーん、なかなか美人じゃないですか。 どことなく、若かりし頃の秋野暢子サンを彷彿とさせる気がします。 プロポーションもいいし。
 って、今回その鈴里高校と鵠沼学園の女の子たちの、水着姿がちょろっと出てきたんですよ。 みんなスタイルいいぞ(笑)。 もっとちゃんと見せろ(失礼)。 まあ、あんまり見せるとNHKじゃなくなっちゃうか。 ヒロインの望月結希だけ、ウェットスーツだし(笑)。 なんだよソレ(失礼)。 ガードが堅いなあ、NHK(笑)。
 どうも去年の夏ごろ、集中撮影したらしいです。
 みんな半袖だし、どうしてこの真冬に夏のドラマをやっているのか?ということは、まあ深く考えないように。

 その書道部の夏の合宿で、その鈴里高校と鵠沼学園が、書道甲子園という、文字通り高校生が書道の日本一を競うという大会に出場できるかどうかが、今回のテーマだったのですが。

 書の大家役の高橋英樹サンから望月たちに出された、「太い線を書け」「細い線を書け」「丸をなるべく細い線で書け」 という課題のそれぞれの意味とか、結構見ていて面白い。
 これをすることによって太い線を書くには筆を寝かせ、細い線を書くには筆を立てるというテクニックが学べ、同時に書くときの姿勢や格好なども自然と決まってくる、という、書道に関する知的好奇心を満たしてくれるのが、なんと言ってもこのドラマのキモかと。
 「JIN」 で、江戸時代に現代の治療方法を運び込むことで、現代治療の分かりやすい知識が学べた、というのと、構造が一緒のような気がします。

 そして最後の課題に、「筆で三角形を作る」。

 言葉では説明しにくいのですが、「一」 という字を書く要領で、最初は太く、だんだんと細く書き、横倒しにした長細い二等辺三角形みたいな形を、ひと筆で書く、ということです。
 この練習をすることで、書における、文字の 「はねる」 部分の書きかたが、うまくなるらしいのです。

 そして思い悩む主人公たちに、高橋サンは 「好きこそものの上手なれ、無心で、面白がればいいんじゃ」 と諭すのですが。

 それこそが若さの特権ですよね。
 好きなものに向かっていく一生懸命な気持ち。 好きだからこそ、どんな困難にも負けずに続けていくことができる。

 その若かった気持ちのまま、人生を送れたら、どんなにつらくとも、幸せなんでしょうね。
 「面白がればいい」。

 「たとえ恵まれていようと、自分を殺して生きたくはない」、昨日見た 「曲げられない女」 の菅野美穂チャンも、同じようなことを言ってました。

 今、世の中は本当の不景気になっている気がします。
 バブル崩壊後から不景気は、ずーっと続いているんですがね。
 でも戦後最長の景気拡大と結果的には言われていた通り、今の不景気に比べれば、つい数年前までの不景気は、不景気の部類に入っていなかったんじゃないでしょうか。
 そんな中でますます、だれもが自分にウソをつきながら生きざるを得なくなってきている。
 だからこそ、菅野美穂チャンとか、鈴里高校の書道部員みたいな、まっすぐな気持ちがあらためてドラマで叫ばれ始めている、そんな気がするのです。

 難しいことは考えてないと言いながら、考えちゃいました(笑)。

|

« 「曲げられない女」 第2回 悪夢は繰り返す? | トップページ | 「不毛地帯」 第12回 鮫島サン、久々にやってくれました »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47356904

この記事へのトラックバック一覧です: 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 第3回 好きこそものの…:

« 「曲げられない女」 第2回 悪夢は繰り返す? | トップページ | 「不毛地帯」 第12回 鮫島サン、久々にやってくれました »