« 「矢吹丈対力石徹 完全実況中継」 完全、というにはちょっと… | トップページ | 小林繁サンの訃報に接して »

2010年1月17日 (日)

「龍馬伝」 第3回 食われっぱなしぜよ、福山サン

 「特上カバチ!」 に出てきたよーな気がした、福山雅治サン(TBSも内野龍馬サンに引き続いて挑発しまくってますよね…笑)。
 どうも1回2回と岩崎弥太郎(香川照之サン)に食われ気味だったのですが、それなりに頑張っていたので、どうにか対峙できていた。 けれども 「龍馬伝」 第3回では、ほとんどばくち打ちを追い払ったくらいしか、見せ場がなかった気がします。 完全に、「弥太郎伝」 と化しておりました(笑)。

 江戸へ行く道中一緒の、溝渕広之丞に、ピエール瀧サン。 「小島慶子 キラキラ」 のリスナーとしては、注目しないわけにはまいりません。
 龍馬が立ち止まっているのに気付かずひとりでしゃべりながらどこまでも歩いて行っちゃったり、龍馬と弥太郎の追いかけっこに 「オレを置いて行くなぁ~!」 とか、ピエールサン、結構面白かったです。

 それで、道中にいきなり乱入、みたいな感じで現れたのが、弥太郎殿で。

 偽の通行手形とか、カネは龍馬が出してくれとか、人を頼ってるくせにやりたい放題なのが笑えます。
 オヤジ殿の蟹江敬三サンも、息子がいなくなったー!と、武市道場の連中をぶっ飛ばしまくってるのが、また笑える。 腕っぷしだけはすごい、このオヤジ殿(笑)。

 宿を取っている龍馬と溝渕を尻目に、往来で大声でイジケまくったあげく(笑)、結局龍馬の計らいで、宿に泊めてもらうことになった弥太郎殿。 湯船につかってきったない歯をまたまたむき出しにして大声で歌を歌って、…なんかオヤジ殿に似てきたような…(笑)。

 湯上りに博徒たちにつかまって、オヤジ殿の借金を返せと迫られ、絶体絶命のところに、今回唯一の見せ場で龍馬がひと立ち回り。
 せっかく助けてもらったというのに、余計なお世話だとお礼のひとつも言わないし。
 国へ帰れと諭す龍馬にも、食ってかかるし。

 ただそれが、自分は最低の人生を何もかも捨ててここまできたんだ、それだけの覚悟を持って国を出たんだという、弥太郎殿の必死の覚悟の表れだった。 「オマエとオレとを一緒にするな」 と目をギラギラさせて話す香川サン、迫力ありました~。

 そしてそのシーンと前後して、さんざん息子を探し回って、ケンカして着物をぼろぼろにして帰ってきた、弥太郎のオヤジ殿も、とても哀しい。 なんだかんだと言いながら、結局息子に自分の夢を託していた。 倍賞美津子サンの膝にもたれて男泣きするオヤジ殿が、今回いちばんグッときましたね。 倍賞サンも、オヤジ殿をひとしきり叩きたくて仕方ない、という演技が、また泣けます。

 やっと本州上陸、という段になって、弥太郎のニセ通行手形がとうとうバレる。 ここで弥太郎をかばう龍馬に、弥太郎は 「こいつらに博打でつかまってさんざんな目に遭っている」 と暴れ出し、お役人につかまってしまう。

 この展開、溝渕が語ったように、弥太郎が龍馬たちに自分の志を託し、かばった、と見るべきか。

 私の見立てでは、弥太郎殿はやっぱり、龍馬の下手な気遣いを拒絶したんだと思います。 こんなヤツにかばわれるのは屈辱だ、ぐらいに考えたのではないでしょうか。

 船で本州へ向かう龍馬たちに、役人の手を逃れた弥太郎が、あらん限りの罵声を龍馬に浴びせかける。 それは思い通りに行かないみずからの人生への、恨みつらみの爆発だった気がします。

 私も、海に向かって 「バカヤロー!」 と叫びたいですね。
 あ、それじゃ青春ドラマか(笑)。

 ちなみに 「特上カバチ!」 は、10分でリタイアしました。 これでも相当、我慢しました(笑)。 これが 「JIN」 の後番組とは…。 はああ~。

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サン(当記事)
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/6-766e.html
♯07父のこころ、子のこころhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-e1b3.html
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/8-8680.html
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html

|

« 「矢吹丈対力石徹 完全実況中継」 完全、というにはちょっと… | トップページ | 小林繁サンの訃報に接して »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

弥太郎、またやってくれましたね。(笑)この第三話は、正真正銘「弥太郎伝」になってました。次回から、この暑苦しい弥太郎の登場回数も減りそうなので、本格「龍馬伝」の始まりかも?しれません。

>倍賞美津子サンの膝にもたれて男泣きするオヤジ殿が、今回いちばんグッときましたね。

昔、倍賞美津子さん好きだったなぁ。姉の倍賞智恵子さんもタイプは違うけど好きでした。案外年増好みの私です。(笑)

ところで、今回弥太郎の入浴シーンがありましたが、相変わらずの小汚さでしたね。(笑)

投稿: 弥太郎 | 2010年1月18日 (月) 19時36分

弥太郎様
コメント、ありがとうございます。

来週から 「龍馬伝」 の始まりですか、あーあ、つまんないな~(笑)。 もっと香川サン、見たいです(笑)。

倍賞美津子サンも、還暦超えましたからねー。 昔はアントニオ猪木の奥サンで、五社英雄監督の映画では脱いだりなんかも、してましたっけ。 アマゾネスタイプだったけど(笑)、実に美人でした。

倍賞知恵子サンは、なんといっても 「男はつらいよ」 の映画版第1作目が、かなりキテます(笑)。 あんなカワイイ妹から 「お兄ちゃん」 と言われた日にゃ…。

特に若いころ美人だった人には、時の流れは残酷すぎます。 吉永小百合サンなんか、なんでこううまく老けられるんだ?という感じがしますが。

…「龍馬伝」 の弥太郎殿は、どうすればあんなに汚い歯をしていられるんでしょーか?(笑)

投稿: リウ | 2010年1月18日 (月) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47322427

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第3回 食われっぱなしぜよ、福山サン:

« 「矢吹丈対力石徹 完全実況中継」 完全、というにはちょっと… | トップページ | 小林繁サンの訃報に接して »