« 2009年 第60回 紅白歌合戦 見ながら書きました | トップページ | ケンタッキーフライドチキン、食べたくなってきた(笑) »

2010年1月 1日 (金)

「年の初めはさだまさし」 両国国技館から、前代未聞の放送

 まずは、明けましておめでとうございます。 今年も御贔屓のほど、宜しくお願い申し上げます。

 初場所直前の両国国技館、土俵上にセットを作り1万人の観客の前で行なわれた、NHK 「年の初めはさだまさし」。
 いきなりお相撲さんの便器の大きさを測るという意表を突くオープニング。 白い紋付を着たさだサン、「便器ですかーっ!」 という、猪木サンのパロディで笑わせます。
 そして照明の落ちた会場に、まるでプロレスの選手のように入場。
 土俵の上のセットのため、四方八方にお客サンがいるのですが、そのうちの一面は完全なるウラっ側(笑)。 懸賞幕を後ろに並べているため、まったく頭の後ろさえ見えない状態であります。 まあ、巨大モニターが出ていたので、たぶんご不便はなかったのでしょうが、「大丈夫です30分ごとにこのセットは回転いたします」(笑)、というさだサンのご説明。
 でもホワイトボードのウラっ側に後ろ姿のイラストが描いてあったりと、ちょっとしゃれたことをやっていましたけど。

 また、またまた意表を突かれたのは、いきなり冒頭から歌の披露(笑)。
 この番組、通常だいたい1時間半の放送中、ほとんど2曲程度しか歌は歌われず、また最初から歌われることなど、私の見た限りでは全くありません。
 しかもその歌が、「新年にふさわしい曲」 と言いながら、「関白失脚」。 くっらー(笑)。 私ゃフリーフライトの第1弾シングルで1月1日に発売された、「天までとどけ」 かと思いましたが(笑)。
 けれどもその曲、いきなり観客の皆サンが手拍子(笑)。
 「手拍子はやめろ!」 というさだサンの再三の要請にもかかわらず(笑)、手拍子は鳴りやまず、途中からさだサン、あきらめて(笑)。
 でも、最後の 「がんばれ、がんばれ」 のところはお客サンとの掛け合いになって、結構新年早々、ウルウル来てしまいました。

 そしてレギュラーメンバーに加えて、ゲスト解説者が、元大乃国関、芝田山親方(笑)。 スイーツ親方にホテルオークラのいかにも高そうなケーキが用意されまして、親方、「新年早々ケーキがいい」 とか(笑)、寒ーいオヤジギャグ。 でも新年なので、あんまり気になりませんです(笑)。 途中で客席のほうに中座しましたが、事あるごとにさだサンから話を振られて、いじられまくっていました(笑)。 でも受け答えはホントに誠実で、いい人なんだなーというのが、よく分かる。

 そして30分後、約束どおりにセットの回転(笑)。 さだサンもお色直し(笑)。 その間、戸張捷サンと小野文惠アナが登場。 井上サンという、NHKのエライ人も出ていらっしゃって、1月3日から始まる 「龍馬伝」 と 12月に放送される 「坂の上の雲」 の番宣をやっとりました。 それで知ったのですが、やはり今年も大河ドラマ、11月で終わりらしいです。 じゃ来年も、そうなんでしょうかね。 どうもそれを聞いて、また出がらしみたいな大河を見せられるのではないかと、ちょっとばかり戦々恐々としてしまいました。

 そして、多滝鱒造の格好で出てきたさだサン、ドライバーとドライバ、アイアンとアイロン、とか相変わらずつまらんギャグで笑わせます(笑)。

 今回また特殊だったのが、ハガキが読まれた人が結構、会場に来ていたこと。 こういうことは、あまり見ることができません。

 また、ラジオ好きの私には、ちょっとしたサプライズがありました。
 文化放送の寺島尚正アナウンサーが、途中ちょっとだけ番組に加わってくれたことです。 どうも文化放送と東海ラジオで、同時放送しているらしくて。
 いやーしかし寺島サン、お顔は文化放送HPで拝見したことがありましたが、実際に動いてしゃべっているところを拝見したのは、ホントに初めて。 スッゴイ違和感(笑)。 ヘンな感覚でございますね。

 そこでさだサンがしゃべっていた、銀行の自分の口座に金を入れたりするのに手数料が取られる、ということに(厳密にはちょっと複雑な話なんですが)(笑) 「世間が許しても、ワシが許さん!」 というのには、大賛成!
 そりゃそうせざるを得ない事情があるのは理解しておりますが、いかにも杓子定規で冷たい印象があるのを、言いたいわけですよ。

 今回いつもより長めの2時間5分という放送時間のあいだ、都合3回セットの回転がありまして(笑)、東西南北すべての客席に向かって放送できてました。 あっぱれあっぱれ。
 しかしやはり、1万人のお客サン、というのは、いつもの放送とは決定的に、違う反応が見られて、ちょっと興味深かったです。
 いつもの人数なら、ちょっとおっかなびっくりな反応なところを、1万人もいるとなるとどことなく、オーバーな反応になってくる。 みんながいるから怖くない、という感じになるのかな。 群衆の中に自分が隠れやすくなると、ファナティックになりやすくなる、そんなことをふと、考えたりしました。

 そしてラスト(2曲目、いつもの番組と同じ曲数でした…)(笑)、「飛梅」。 なつかしかったです。 その後も国技館で朝までやったか、どうかはわかりませんが(笑)、番組終了後も引き続きいろいろやったみたいです。 いや、NHKももったいぶらずに、全部放送すりゃいいのに(笑)。

|

« 2009年 第60回 紅白歌合戦 見ながら書きました | トップページ | ケンタッキーフライドチキン、食べたくなってきた(笑) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47171292

この記事へのトラックバック一覧です: 「年の初めはさだまさし」 両国国技館から、前代未聞の放送:

« 2009年 第60回 紅白歌合戦 見ながら書きました | トップページ | ケンタッキーフライドチキン、食べたくなってきた(笑) »