« 「MASTER TAPE-荒井由実"ひこうき雲"の秘密を探る」 モヤモヤ感の正体 | トップページ | 「龍馬伝」 第3回 食われっぱなしぜよ、福山サン »

2010年1月17日 (日)

「矢吹丈対力石徹 完全実況中継」 完全、というにはちょっと…

 TBSラジオで 「あしたのジョー」 40周年記念番組として、「矢吹丈対力石徹 完全実況中継」 という番組をやっていた。

 実況が、TBSの土井敏之アナ。 去年(2009年)11月の内藤VS亀田戦を担当したアナウンサー。 解説が元WBC世界バンタム級王者・薬師寺保栄サン。

 「徹底したリアリティにこだわり、第1ラウンドから最終第8ラウンドの2分47秒まで、漫画やアニメで描かれなかった部分も含め、因縁の対決を完全実況中継する」 という触れ込みだったが、特に目新しい発見はなかった(笑)。 それどころか、1から10まで実況しているわけではなく、テレビアニメ第1シリーズから転用したあおい輝彦サンのジョーの声(心の声まで)とか、力石、段平、葉子、白木のじいさん、観客のヤジの声など、実況だけでは決して聞けるわけのない声が、テンコモリで(笑)。

 ラジオドラマという性格上、これは仕方なかったのかもしれないが、リアリティの追求という観点から言えば、実に片手落ちと言わねばならない。

 特に第8ラウンド、ジョーの心理状態ばかりをテレビの転用で済ませてしまったことには、とても不満である。 ここは、実況で観客と段平との乱闘シーンを描写してもらいたかった。

 だいたい、やはり土井サンと薬師寺サンの演技力、それに期待しても仕方のない面もあるが、実際に目の前の試合を実況しているようには聴こえなかったのは、なんといっても痛い。

 それから、試合終了後のジョーと力石とのやりとり、更に力石死亡の一報が放送席に入ってくる、という場面まで期待していたのだが、すべてテレビアニメからの転用。
 とてもガッカリした。

 もっと私のようなマニアのものをうならせる作りに、してもらいたかった。 厳しいことを申しましたが、なにしろジョーを愛するが故の苦言と、ご了承ください。

|

« 「MASTER TAPE-荒井由実"ひこうき雲"の秘密を探る」 モヤモヤ感の正体 | トップページ | 「龍馬伝」 第3回 食われっぱなしぜよ、福山サン »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47320211

この記事へのトラックバック一覧です: 「矢吹丈対力石徹 完全実況中継」 完全、というにはちょっと…:

« 「MASTER TAPE-荒井由実"ひこうき雲"の秘密を探る」 モヤモヤ感の正体 | トップページ | 「龍馬伝」 第3回 食われっぱなしぜよ、福山サン »