« 「君たちに明日はない」 許せるあり得なさ、許せないあり得なさ | トップページ | 「君たちに明日はない」 第2回 ちゃんと最後まで見ての感想です »

2010年1月26日 (火)

二子玉川はいま、メチャクチャでございます

 思いっきりローカルな話ですが、見たいテレビもございませんので、私の住んでいる街、二子玉川について書かせていただきます。

 東急自動車学校のそばを、さっき車で通ったんですが、白いシートが張られていてガク然。
 オカンに話したら、とっくに閉校してる、とのこと。
 いや、なくなるとは、小耳にははさんでいましたが、実際この目で見てしまうと、やはりショックです。
 なんたって、私が自動車免許をとったのが、この東急自動車学校だったんですからね。

 東急自動車学校は、自動車整備士の専門学校も併設されていた学校でした。 私が免許をとった20数年前からすでに、相当歴史の古い学校だった気がします。 40年以上前、私が物心ついた時から、あったような記憶があります。 今ネットで調べたんですが、1955年に大田区田園調布にて創業され、1968年に世田谷区上野毛に移転したとのこと。 やっぱり私の記憶は間違ってなかったみたいです。 それで、今度は多摩市に移転したとのこと。 完全になくなったわけではなかったんですね。

 それにしても、やはり自分が免許をとった自動車学校がなくなってしまうというのは、なんかさびしい気がします。
 この自動車学校の斜め隣り的な位置にあったのが、都立玉川高校。
 この高校も、おととしかな、閉校になってしまって。
 確かどこかの高校と、合併したと思うんですが、いま玉川高校のあった敷地は、校門付近が道路の拡幅かなんかで取り壊されてはいるものの、建物はそのまんま。 校庭は、日曜日とかに子供たちのサッカー場みたいな感じで提供されているみたいです。

 私、この玉川高校に、中学校の頃、新聞部で取材に行ったことがあるんですよ。
 たぶん中学校のほうから玉川高校に、あらかじめ連絡がいっていたと思うんですが、結構おぜん立てされたような取材で。
 教室とか、体育館とか、いろんなところを見せてもらったんですが、ホントに予定調和、という感じで。
 私は取材、なんて言うと、結構アグレッシブなイメージがあったので(笑)、意気込んで行ったわりには、スッゴイ拍子抜けでした(笑)。
 それでこの取材を記事にして顧問の先生に提出したんですが、またこれが、全くの無反応(笑)。
 いいのか悪いのか、それくらい言ってくれたっていいじゃないの!(笑)と思いながら、ああこれは、よーするにボツなんだ、と(笑)。
 で、すっかりそのことも忘れ去っていたわけですが(笑)、中学校を卒業する際に手渡された校誌に、私の玉川高校の記事が載っていたんですよ。
 驚きました。 すっかり忘れていたもんですから(笑)。 考えてみれば、これがワープロよりずっと先に、自分の文章が活字になった最初でしたかね。
 そして30年後、このよーな記事を書いとるわけです(笑)。

 その、自分が取材した高校がなくなってしまったのですから、これもエライ悲しかったです。

 わが街二子玉川とその近辺は、近年大再開発が進んで、完膚なきまでにその姿を変えつつあります。
 ここら一帯が東急財閥の手の中にある感じがしてならんのですが、ここまでグチャグチャにせんでもよかろう、という気がしてなりません。
 特に私の住んでいる地域から二子玉川に向かうと、最近じゃ道路がどうなっているのか、行くたびに変わってたりする。 どうやったらあっちに行けるんだ!とか、毎日のように通っていないと分からない。 …これはちょっと大げさですが(笑)。

 だいたいこんなにでかいマンションをバカバカ建てて、インフラのほうはどうなっとるのか、と言いたいですね。
 二子玉川は地理的にも交通が集中する要所なんですよ。
 それをまたわざわざ渋滞する原因を作らんでもよかろうものを。
 道路を広くすりゃ済む問題じゃない、と思うんですな。
 広くするなら、二子橋も、川崎の大山街道も、全部広くせにゃならんと思うんですよ。
 246だって、なんかずいぶん前に、玉川高島屋裏のラーメン屋あたりから入れるような道路を作っておきながら、たぶん相当無理な計画だったんでしょう、現在になっても封鎖されたまんまですし。

 こんな無粋な前世紀の遺物を残しながら、小手先だけの道路拡張なんかをしようとしている。 玉堤通りだってここに向かって常に集中している、246瀬田交差点から二子に流入してくる車両も相当ある、そんな現状を考えもせず。
 要するに、二子玉川自体がかなりいびつな街になるのは必至、という再開発なんですな。

 まあ、出来上がってみないことには分かりませんけどね、この不況でどんだけマンションに人が入るかも分かりませんし。

 それでも、二子玉川の古き良き昔を次々に破壊していることだけは、疑いようのない事実なのであります。 喝ーっっ!

|

« 「君たちに明日はない」 許せるあり得なさ、許せないあり得なさ | トップページ | 「君たちに明日はない」 第2回 ちゃんと最後まで見ての感想です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47397628

この記事へのトラックバック一覧です: 二子玉川はいま、メチャクチャでございます:

« 「君たちに明日はない」 許せるあり得なさ、許せないあり得なさ | トップページ | 「君たちに明日はない」 第2回 ちゃんと最後まで見ての感想です »