« 「不毛地帯」 第11回 里井副社長、頭に血がのぼりすぎ! | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 1月16日 ハイパーチャン、メンバーから嫌われ始めた? »

2010年1月16日 (土)

「君たちに明日はない」 第1回 仕事することの意味

 NHK土曜ドラマに、ちょっとばかり注目しつつあって。

 ただまあ、そんなに傑作ばかり並べ立てているわけではないのも、分かってはいました。
 で、今回の坂口憲二クン主演の 「君たちに明日はない」 を、どんなものかと思って見たのですが、リストラする側とされる側との攻防、という、硬派な社会派ドラマとして成立する可能性を残しながら、まるで漫才みたいに笑わせる部分も作っているという、ちょっとどっちつかずみたいな印象を受けました。

 で、脚本家が誰かなーと思っていたら、松本潤クンとガッキーが出ていた(ガッキーって…)ドラマ 「スマイル」 を途中で切られた(不穏な言い方ですか…?)宅間孝行サンでした。
 あのドラマ、松潤(…)というアイドルが出ていたわりには、途中から殺人とか、なんか過激な展開になってきて、そのうえまたミもフタもない結末が用意されていたから脚本家を降ろされたとか、それが事実かどうかは別として、ずいぶんおしまいのほうゴタゴタしていた印象があって。 でも 「スマイル」 というドラマは結果的には、松本潤クンの新たな可能性を生み出すことになった気もするんですが。

 まあ 「スマイル」 の一件もあって、宅間サンは今回のドラマの硬派な内容を和らげるために、お笑いの部分をあえて挿入したのかとか、要らないことまで考えてしまいました。
 その問題の部分は(問題ってほどじゃありませんが…笑)、リストラされる田中美佐子サンと、妹役の須藤理沙サンとの漫才シーン(笑)。
 正直言って、「エンタの神様」 に出られるくらいのハイレベルなやりとりだった気がします。

 で、本編のほうなんですが。

 リストラ請負会社の稼ぎ頭である坂口憲二クンが、その田中美佐子サンの勤める会社に乗り込んでくるわけですが、まず第1のターゲットが、その田中サンの上司である、村田雄浩サン。

 一回飛ばされて、左遷先で大きな成果を上げたため本社に舞い戻って来たのに、リストラされるとはどういうことだ!と息巻く村田サンに、坂口クンは冷静にいろんな客観的資料をもとに村田サンを追い込んでいく。

 まず村田サンのもとで働いた若手社員の離職率が異様に高いこと。
 部下の成果の一部を自分の業績として報告していたこと。
 とどめが、接待費の額の多さ。 要するに、会社のカネで飲んでいた、っていうことです。

 村田サンは結局負けてしまうのですが、最初に提示した退職金1000万円に途中退職の保証金?が1500万円(逆だったかなー)、計2500万円、っていうのは、私どものような弱小会社からすれば、夢のような額の退職金ですな。 は~うらやましいというか。 そんなにもらえるんっスか。 そのお金でアパートでも建てて、上がりで暮らすとか(笑)できますよねえ? そんな、甘かないか。 まあ、家族なんかいると、身動きとれませんからねえ。 それにしても退職金多いなー。 まあ税金とか、ありますけど。

 だけどここらへんのやりとりを見ていると、もっと 「働くこととは何なのか」、という直接的な問いかけも出来るはずなんだがなーという気が、しないでもありませんでした。
 つまり、坂口クンの言い分に負けた村田サンが、いきなり会社に知らせないでくれとか何とかで、土下座するんですよ。
 こういう行動を取られると、一気にリアリティがなくなる気が、するんです。
 ここで村田サンに、「いい気なもんだな、じゃああんたたちのやっていることは、仕事のつもりなのか?」 とか、反駁させると面白い。 見る側に、「働くことって何なんだろう?」 って思わせなければ、ドラマとしての意味がないような気がするんですよ。 ちょっとキツイ言い方ですけど。

 坂口クンが田中サンに惹かれていく過程も、ちょっと予定調和のような匂いがしますね。
 田中美佐子サンは、ワタシ的には 「天地人」 での、こども店長の母親役以来でした。 その時には感じませんでしたが、それなりにお年を召した感じがしました。 「眠れない夜をかぞえて」「セカンド・チャンス」 などの、昔お出になっていた現代劇と、比べてしまうのでしょう。 年食わない人は、いません。
 だからなのか、坂口憲二クンが惹かれるにはちょっと…、という感じは、失礼ですがしてしまいました。
 でも設定上、坂口クンは麻生祐未サンにも惹かれていたらしくて。 よーするに年増好みなんでしょう(笑)。

 まあ全体的に、宅間孝行サンの脚本、ということで、こちらがちょっと厳しく見過ぎているのかも、知れないです。 とりあえず、来週も見てみます。

当ブログ 「君たちに明日はない」 に関する記事
第1回(当記事)
第2回(番外)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-d86b.html
第2回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-1c05.html
第3回なし
第4回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/4-bd21.html
第5回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/5-9c41.html
第6回(最終回)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/post-d0bd.html

|

« 「不毛地帯」 第11回 里井副社長、頭に血がのぼりすぎ! | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 1月16日 ハイパーチャン、メンバーから嫌われ始めた? »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47311889

この記事へのトラックバック一覧です: 「君たちに明日はない」 第1回 仕事することの意味:

« 「不毛地帯」 第11回 里井副社長、頭に血がのぼりすぎ! | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 1月16日 ハイパーチャン、メンバーから嫌われ始めた? »