« 「曲げられない女」 第1回 あり得ないけど、結構笑えます | トップページ | 「不毛地帯」 第11回 里井副社長、頭に血がのぼりすぎ! »

2010年1月14日 (木)

「とめはねっ!鈴里高校書道部」 なかなか、これも面白いです

 「見たいドラマがありません」 という記事を書いたら、「こんなドラマがありますよ」 という温かいコメントをいただき、さっそく見てみました、NHKの木曜ドラマ 「とめはねっ!鈴里高校書道部」。

 いや、なかなか楽しいです、教えて下さった方には、この場を借りて、お礼申し上げます。

 新鮮なのは、出演する高校生たちのほとんどが、今まで見たことのない人ばかりだったこと。
 その中で唯一、主人公の女の子に恋をする男の子、池松壮亮クンだけは、NHK 「新・三銃士」 の主人公、ダルタニアン役の声優サンとして知っていました。 大河ドラマ 「新選組!」 の続編、「土方歳三最後の一日」 で、確か土方の最後の手紙か何かを託される役をしていた少年です。 結構 「電車男」 の伊藤淳史クンに似てきたかなあ。 彼が何かしゃべるたびに、ダルタニアンの顔がちらついて…(笑)。

 主役の女の子は、鈴木杏チャンみたいな感じかな。 ごくフツーの女の子、っていう感じです。 そのフツーさ加減が、またいいんですが。

 それで、出てくる学生たちがほぼ知らない人たちばかり、というと、私などが反射的に連想してしまうのが、「中学生日記」(笑)。
 その結果、ヤケに面白い 「中学生日記」 を見せられているような錯覚に陥りました(笑)。
 そして、「ヤケに豪華な『中学生日記』」(笑)。
 この高校生たちをうしろで支えている俳優サンたちが、ヤケに豪華なんですよ。
 高橋英樹サンに山本陽子サンという、ベテラン勢。 八嶋智人サンのような芸達者な役者サンが、顧問の先生で。
 しかも我々の世代的にはお懐かしい、葉月里緒奈サンが、主人公の女の子の母親役。 あやー、母親役ですか…。 時の流れを、すっごく感じます…。 もったいなかったよなー…。 女優として一番輝いているとき、露出が極端に少なかった気がするんですよ、この人。
 そういった人たちが、脇役的な出かたをしているから、予算的に成り立っているのかも、しれません。

 ドラマは高校の書道部を舞台にしているだけあって、書道を取り巻く最近の状況(書道パフォーマンス)や、書道についての豆知識などというものも織り込まれて、見ているうちになんだか、書道がしたくなってくる。 というか、字を書きたくなってきます。

 私、左利きなんで、昔っから書道って、苦手で(笑)。
 いくらうまく書こうとしても、どうしても左利き特有の癖が出てしまうんですよ。 右手で書いてもみるんですが、左手以上に絶望的な字(笑)なので、あきらめて。
 それで筆以外の筆記用具を持った時は、なるべくうまい字が書けるように、努力はしたんですが。
 でもここ数年、ホント、字って書かなくなりました。
 キーボード打ってるほうが、よほど早くって。
 最近じゃ、筆記用具を持って文章とかを書いていても、漢字がすぐにパッと出てこない。
 こりゃ、ヤバいですよー(笑)。
 それに、すぐ順番とか間違えたりする。
 ワードに慣れ過ぎちゃって、いくらごちゃごちゃに書いてもあっちこっち切り貼りできたり修正が簡単にできたりするから、間違えることを、脳が勝手に受け入れちゃっているんですよ。 まずいよなあ。

 話は思いっきりズレましたが、字を書くことに対する欲求をよみがえらせてくれる点で、このドラマはとても貴重かもしれません。

 ドラマとしては、マンガが原作みたいなのですが、そのせいもあってか、とても会話が生き生きしていて、なおかつ面白い。 ポンポン笑わせてくれる。 まあ、高校生たちの演技力については、云々できるレベルではないのですが、「よくできた 『中学生日記』」 だと思えば気にならない(笑)。 若さの持つ勢いみたいなもので押しきってしまおう、という、いさぎの良さがあるのが、いいんですよ。 素人感覚が新鮮な場合だってある、そういう割り切りかたを、ドラマの作り手がしているところが、いい。

 全6回なので、あと4回で終わり、っていうのも、見ている側には肩が凝らなくてちょうどいいかも。 舞台になっている、江ノ島あたりの風景がふんだんに入っていて、江の島好きの私には、ちょっとたまらないものがあります。 確か昔の青春ドラマで、江ノ島あたりが舞台のドラマって、いくつかあったような気が、するんですけどね。

|

« 「曲げられない女」 第1回 あり得ないけど、結構笑えます | トップページ | 「不毛地帯」 第11回 里井副社長、頭に血がのぼりすぎ! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

気に入ってもらえてよかった・・・製作サイドじゃないけど(笑) ちなみに背の大きな女の子は元ボクサー赤井秀和さんの娘さんです。

投稿: アールグレイ | 2010年1月14日 (木) 22時52分

アールグレイ様
コメント、ありがとうございます。
面白いドラマをお教えくださり、重ねてお礼申し上げます。

あっそう言えば、ヤケに背の高いコが、いましたネ! あんまりアップで映ってなかったので、どんな顔をしていたかははっきりと思いだせません。 次回注意して、見てみたいと思います。

でも、特にきれいどころを集めているわけでもないところが、逆に新鮮でいいような気がしますね、このドラマ。

投稿: リウ | 2010年1月14日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47295115

この記事へのトラックバック一覧です: 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 なかなか、これも面白いです:

« 「曲げられない女」 第1回 あり得ないけど、結構笑えます | トップページ | 「不毛地帯」 第11回 里井副社長、頭に血がのぼりすぎ! »