« 小林繁サンの訃報に接して | トップページ | 「タモリ倶楽部」 2010年1月16日 役に立たない機械たち »

2010年1月19日 (火)

訃報が続きます

 小林繁サンの訃報に接したと思ったら、浅川マキサン、ミッキー安川サンの訃報を、次々に知って。

 浅川サンは、小林サンと同じ、心不全。 ミッキーサンは肺炎だそうです。
 このところ、結構寒いので、その影響が出ているのかもしれません。
 皆さんも、外に出るときはじゅうぶん気をつけてまいりましょう。 温度差が激しいと、心臓に来ると言いますから。

 浅川サンについては、なんと言っても 「夜が明けたら」。
 すっごくアングラの雰囲気漂う曲で(笑)。 ジャジーな曲、というものを私が聴いた、いちばん最初の曲でしたかね。
 当然後追いでしたが、この曲を最初に聴いた時は、なんか怖くて、鳥肌立ちました。 汽笛がボーオオーッ!とかね。 今の若い人は、だれも知らないかな。 いや、我々の世代だって、知ってる人はそういないと思いますけど。

 ミッキーサンについては、ラジオ日本の番組かなんかで、よく忌憚のない意見を話していたことを思い出します。 過激でまっすぐで面白い、政治の論客でした。 私が知る限り、もっとも初期の政治批判キャラのタレントでしたよ。

 それで、ネットの訃報関連を見ていたら、なんと、声優の田の中勇サン、郷里大輔サンも、亡くなられていたらしくて。 ただただ絶句。

 郷里サンは別ですが、私が子供の時に見ていたアニメの声優サンたちも、そんな年代に突入しているんですよね。 田の中サンは目玉おやじの声優サンを全うしましたが、交代の話が出るたびに、やはりこの人しかいない、ということで、立ち消えになっていた。 この人のモノマネをする人は星の数ほどいますけど、ただ甲高い声を出すだけで、鬼太郎の父親としての感情を表現できている人は、見たことがありませんでした。 だから誰も代わりができなかったんでしょうね。
 郷里サンは、「TVタックル」 のナレーションやってましたね。 世の無常を感じます。

 どうも、続くときには、続くもんですね。 謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

|

« 小林繁サンの訃報に接して | トップページ | 「タモリ倶楽部」 2010年1月16日 役に立たない機械たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47332609

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報が続きます:

« 小林繁サンの訃報に接して | トップページ | 「タモリ倶楽部」 2010年1月16日 役に立たない機械たち »