« 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 第5回 希望の轍、名曲だ… | トップページ | 「崖の上のポニョ」 童話の価値基準をもつ動く絵本 »

2010年2月 5日 (金)

「不毛地帯」 第14回 壹岐サン悔しがる、の巻

 イランの石油開発の情報を求めて暗中模索とも言える苦労を重ねる兵頭(竹野内豊サン)。 正直今回の序盤、兵頭の奮闘ぶりは、ちょっと見ていて退屈だったです。 なんだか外人が、みーんなウサン臭くて(笑)。 よくこんな中で、信用できる相手を探し求めてるよ、って感じで。
 ボブカットにして再登場の紅子(天海祐希サン)も、相変わらず旦那とは寒々しい結婚生活しているみたいでした(笑)。 ま、彼女のおかげで竹ノ内サンは有力情報をつかんだんですが、結果的には、なんかイージーだったなー、なんていう感想になってしまうんですよ。

 壹岐(唐沢寿明サン)と千里(小雪サン)とのすれ違う恋愛も、なんかアクビモノ。 ただ、たった一夜小雪サンが壹岐のマンションに泊まった日の翌朝に、壹岐の娘(多部未華子チャン)が訪ねてくるって、…このあまりにも間の悪すぎる展開は笑っちゃいましたけどね。 そりゃあり得なさ過ぎ!というか(笑)。 なに狙いすましてるんだか…(どっちが?小雪サン?未華子チャン?…笑)。

 ところで見ごたえがあったのは、やはり東京商事の鮫島サンにまたまた出し抜かれて、兵頭の苦労の結晶であるサルベスタン鉱区の入札を五菱五井とともにほとんど横取りされてしまうところ。 後ろ姿の壹岐サン、怒りでブルブル震えているのが、よーく分かりました(笑)。

 ここらへんの壹岐の行動を見ていて、ちょっと思ったんですが。

 前回までのフォーク社と千代田自動車の提携ご破算の時もそうなんですが、どうも壹岐の仕事ぶりに、肝心なところで隙ができる、というか。
 前準備は完璧なんですよ、この壹岐という男は。
 ただ、外堀を最後まで埋めてしまわない、詰めの甘さがある。

 フォーク社との話の際も、里井副社長に押し切られたという面はあったにせよ、フォークの使節団の不審な動きに気付きながらもそれを近畿商事の接待サイドに周知徹底させない、という甘さがあった。

 今回も、日本石油公団総裁の貝塚(段田安則サン)に、不用心に頼り過ぎている。
 この貝塚という男、10年前に壹岐の親友であった川又(柳葉敏郎サン)を自殺にまで追い込んだ防衛庁の元お偉いサンで、川又の葬儀の際壹岐とひと悶着あった因縁を抱えていたんですが。
 なのに、そのことを壹岐は忘れすぎなんじゃないですかねー?
 貝塚が壹岐との最初の接見のとき、「政治家と結託して私に有無を言わせぬ状態にしてるんじゃないのかね」 などと話しておりましたが、じっさいのところそうしていれば、鮫島サンに出し抜かれるようなことはなかったんじゃないか、と。
 貝塚が電話になかなか出ない、という段階で、…いや、もうその段階では、遅すぎる(笑)。 でも、もしかしたらお偉い方に相談するとか、その時点でできたかもしれない。

 それにしても、鮫島サンはサルベスタンの情報を、どこで手に入れたんでしょうかね? なんか初めて、鮫島サンが憎々しく思えました(笑)。

 やっぱりアクビかみ殺しながら見ていた前半の竹ノ内サンの苦労を、ちゃんと見ていたせいなのかなー。

当ブログ 「不毛地帯」 に関する記事
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-6a81.html
第1回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/1-05a5.html
第2回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/2-w-070f.html
第3回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/3-4bae.html
第4回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/4-9755.html
第5回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/5-abb7.html
第6回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/6-d4bd.html
第7回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/7-8677.html
第8回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/8-4f4a.html
第9回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/9-cdc5.html
第10回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/10-183b.html
第11回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/11-0587.html
第12回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/12-68a7.html
第13回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/13-2599.html
第14回 (当記事)
第15回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/15-d4df.html
第16回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/16-3ac8.html
第17回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/17-2-6e30.html
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-b645.html
第18回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/18-5177.html
第19回(最終回) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-7b99.html

|

« 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 第5回 希望の轍、名曲だ… | トップページ | 「崖の上のポニョ」 童話の価値基準をもつ動く絵本 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47480553

この記事へのトラックバック一覧です: 「不毛地帯」 第14回 壹岐サン悔しがる、の巻:

« 「とめはねっ!鈴里高校書道部」 第5回 希望の轍、名曲だ… | トップページ | 「崖の上のポニョ」 童話の価値基準をもつ動く絵本 »