« 「とめはねっ! 鈴里高校書道部」 最終回 青春の輝き… | トップページ | 「A-Studio」 石田ゆり子サン 自然な人、ですよねえ »

2010年2月12日 (金)

「不毛地帯」第15回 盛り上がってまいりました

 前回東京商事の鮫島(遠藤憲一サン)に、まんまとしてやられた、壹岐正(唐沢寿明サン)。
 イランの石油開発に日本石油公社の手を借りず、アメリカのオリオン・オイルと手を結んで鮫島たちに対抗しようとするのですが。
 今回の 「不毛地帯」 は、そこに至るまでの裏工作や、里井副社長(岸部一徳サン)の追い落としなど、見ごたえある話の連続で、ようやく最終回に向けて盛り上がってくる話の、まずは序章、という感じが強くしました。

 なにしろ、公社の手を借りない、という壹岐のそもそもの発想からして、外野の私から見て 「大丈夫かよ」 と思えるような気がするのです。 すごい勝負に出とるな、という感じ。
 公社を通じて石油の開発取引をする、ということは、要するに岸・佐藤(たぶん)という歴代総理を通した慣例みたいなもの。
 それを田中角栄(たぶん)という対抗勢力の力添えを借りて独自の道を探ろう、というんですからね。 違うかな、この原作のモデル。 たぶん江守徹サンは、田中角栄だと思うんですけどね。 今回のドラマ中、壹岐と大門社長(原田芳雄サン)が、江守サンに手土産を持って行ったようですが、あれって裏金ですよね、たぶん。
 外国資本の力を借りる、ということで、国賊なんていう話も次回は出てくるようですが、そうした問題さえも噴出するだろう、いわば 「茨の道」。
 こりゃ相当大変だ、ということは、想像に難くないのです。

 まずは紅子(天海祐希サン)のつてでオリオン・オイルのリーガン会長と接触。 この部分はドラマ的に結構イージーだったんですけどね。 紅子の夫、黄(石橋蓮司サン)に相談すりゃなんとかなるだろう、みたいな。 ここでドラマでは以前の壹岐と紅子の気まずいニアミスシーンをはさんで恋愛ドラマチックにしていたんですが、それより、紅子を利用しようとする壹岐のしたたかな面なんかを挿入したら、ドラマ的にはもっと面白かった気がします。

 そしてリーガン会長との合意に至った壹岐たちは、近畿商事内の情勢をまとめあげようと、鉄鋼部と財務管理の抱き込みを画策する。 壹岐と兵頭(竹野内豊サン)が巧みに里井副社長の疑惑の目をすり抜ける部分は、結構見ごたえありました。

 ここに、角田(篠井英介サン)の思惑まで、交差してくるんですからね。
 なんとか社内の情勢を見極めようと動きまわっている角田は、ずるいと感じるより、ワタシ的には、そういうもんなんだよなー、という感じがしましたです。
 「里井副社長のことは、もう考えなくていい」 と、自分の女房に手作りの料理を作らせて壹岐のところに持っていく角田、なんとも同情したくなります。 もっとこんなトカゲ男みたいな描きかたではなく、角田には角田の生きる道がある、というところも、見せてほしかったなあー。

 そして壹岐の次の勝負どころ、近畿商事の経営者会議。

 ひとり頑強に反対する里井副社長に、壹岐が反駁する場面は、壹岐のこの仕事に賭ける本当の情熱を、個人的はこのドラマで初めて感じることのできたシーンでした。

 「君は、真珠湾攻撃で日本を戦争に追い込んだあの暴挙を、懲りもせず、またこのわが社でおっぱじめようというのか!」
 「確かに真珠湾攻撃は、石油資源を確保するために始めましたが、結果的に多くの犠牲を招くことになりました」
 「だったら!」
 「だからこそ私は! かつて武力で得ようとした石油を! 日本の将来のために、平和な形で得ようとしているのです!」

 壹岐の仕事のほんとうの意味が、ここで明確になった気がしました。

 会議は満場一致で、壹岐のこの姿勢に同調。
 大門社長の決断にも、「社運を賭ける」、ということは巷でもよく聞きますが、ホントはこういうとてつもない覚悟が必要なことなんだな、と感じられてなりませんでした。
 このくだりを見ていると、彼らの仕事がけっして 「不毛」 ではないことが感じられます。
 里井副社長を結果的に下野させることになった大門社長とのやりとりも、大門社長の、泣いて馬謖を斬る、という悲壮さを感じられたし、里井副社長の、会社のために身を削りながら働いてきた男の生きざまも感じることができた。 それまであまり、このドラマの男たちに対して、作り手の温かい目、というものを感じることができなかったのですが、今回の話は、別だった気がします。

 ただし、壹岐たちの前に立ちふさがるのは、あの狡猾な鮫島と、憎々しい貝塚(段田安則サン)。 前途多難なだけに、次回がますます、見逃せなくなってきました。

 蛇足のようですが。
 最後に、壹岐のマンションにやってきた、家政婦のハル江サン(吉行和子サン)。 アメリカから里帰りしたとか。
 そのハル江サン、千里(小雪サン)が来ることをすばやく察知し、いっしょに来た梶原善サンを急かして帰ろうとする(笑)。
 このハル江サンのあまりの推理力に、正直笑いまくりました。
 なんでここまで鋭いんだっ(笑)。
 「家政婦は見た!」 の市原悦子サンも、真っ青でした(笑)。

当ブログ 「不毛地帯」 に関する記事
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-6a81.html
第1回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/1-05a5.html
第2回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/2-w-070f.html
第3回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/3-4bae.html
第4回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/4-9755.html
第5回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/5-abb7.html
第6回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/6-d4bd.html
第7回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/7-8677.html
第8回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/8-4f4a.html
第9回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/9-cdc5.html
第10回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/10-183b.html
第11回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/11-0587.html
第12回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/12-68a7.html
第13回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/13-2599.html
第14回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/14-4fa8.html
第15回 (当記事)
第16回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/16-3ac8.html
第17回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/17-2-6e30.html
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-b645.html
第18回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/18-5177.html
第19回(最終回) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-7b99.html

|

« 「とめはねっ! 鈴里高校書道部」 最終回 青春の輝き… | トップページ | 「A-Studio」 石田ゆり子サン 自然な人、ですよねえ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47543750

この記事へのトラックバック一覧です: 「不毛地帯」第15回 盛り上がってまいりました:

« 「とめはねっ! 鈴里高校書道部」 最終回 青春の輝き… | トップページ | 「A-Studio」 石田ゆり子サン 自然な人、ですよねえ »