« 藤田まことサン死去 | トップページ | 「タモリ倶楽部」 満腹アート展覧会 西岡教授の話は面白い »

2010年2月19日 (金)

「不毛地帯」 第16回 壹岐ブチ切れの背景にあるもの

 石油開発で日本石油公社と巨大商事たちを相手取って戦うことになった、近畿商事。
 その圧力は佐藤栄作や田中角栄も巻き込んで、マスコミによる意図的な情報操作、豚肉輸入など近畿商事の別部門への霞が関の介入など、日本中がこぞって近畿商事叩きに狂奔する様相に。

 ただしこんな時に冷静に真実を見極めようとする男、田原(阿部サダヲサン)。 これまで何かと壹岐(唐沢寿明サン)にとっては煙たい男でしたが、なんとなく頼もしく見えてきました。 ただスクープを取りに行こうとする新聞記者だったのに、田原の成長ぶりにも今後注目せざるを得ません。

 こんな四面楚歌の中、壹岐の前に、またまた姿を現した、このドラマでの第2の怪人、小出(松重豊サン)…イーッ!(あっ、スイマセン、ショッカーの声でした)。 あ、ちなみに第1の怪人は、鮫島(遠藤憲一サン)です(笑)。
 この小出サン、今回ちょっと抑え気味ではありましたが、相変わらず、不気味だなあ…。 娘の多部未華子チャンと孫の太クンのことまで監視しているような雰囲気、壹岐にとってはどこまでも油断のならない男です。
 なんか、いるんですよね、こういう、エライ人に薄気味悪くまとわりついて、精神的な揺さぶりをかけたり、金をむしり取ろうとしたりしてくる、人間のクズみたいなヤツって。 松重サン、そういう人の雰囲気を、十二分に出しているような気がします。 迫真です。

 この小出、なんだか総会屋とつながっているみたいなんですが、何やってんですかね、一体。 ホント、ワケの分からない不気味さですよね。
 で、その小出の紹介で壹岐が対面した、総会屋のコワイ顔した人(梅野泰靖サン)。
 なかなか顔を見せない演出で、どんな人かと思ったら、私不勉強なことに、この人知りませんでした。
 その人を怒らせてしまって、事態はますます近畿商事に不利になってくる。

 そんな中、近畿商事を去ることになった第3の怪人(笑)、里井副社長(岸部一徳サン)は、ここぞとばかり大門社長(原田芳雄サン)に最後っ屁(笑)。 「今に壹岐に社長の座を追い落とされますよ」 って。 ひきつる大門社長(笑)。
 でも、里井サン、会社がこんなになってザマアミロでもなく、オシリペンペンでもなく、ただひたすら会社の行く末を案じる商社マンを全うしていましたよね。 さすがです。
 確かに、里井サンにも社長の椅子への確執はあったんでしょうが、男たるもの社長を目指さんでどうする!という価値観が大手を振るっていた時代ですからね。 これでこのドラマからも退場、というのは、とても惜しい気がいたします。

 そして石油開発の落札価格を探るために、またぞろ紅子(天海祐希サン)に取り入ってキーパーソンとのコンタクトに必要な条件を整える、壹岐。
 今回は紅子も割り切っていて、自分が新しく立ち上げる商売の後ろ盾をしてもらうことを交換条件に、壹岐の申し出を受け入れたんですが、やっぱりここらへんのギヴアンドテイクを盛り込まないと、話に真実味が生まれてこない気がします。

 だからこそ、兵頭(竹野内豊サン)がそのキーパーソンに会いに行く場面に、とても緊迫感を生み出す伏線となってくる。 前回のように、何もかもおぜん立てされたようなオリオン・オイルのリーガン会長との会見のようなイージーさがないからです。 見ごたえあったなあ、ドクター・フォルシに兵頭が結局門前払いを食らったシーン。 そして映画館での、「ヒマワリの種」 のコンタクト。 いやー、面白かったです、ここらへん。 竹野内サンの必死さが、ようやく私にもビンビン伝わってくる気がしました。 こういう、困難な問題にガッツで立ち向かう役って、竹野内サンに、ホントに合ってるよなー。

 そして兵頭がようやく落札価格判明の糸口を見つけて帰国し、壹岐に持ってきた成果が、モスクワで話をする、というドクター・フォルシの伝言。

 これに対してやおら、表情を曇らせる壹岐。

 モスクワ行きを、頑強に拒むんですよ。 反発する兵頭に、このドラマ始まって以来(笑)とも思える大声を張り上げて。

 「生意気な口を叩くなっっ! 君には、極北の流刑地で囚人番号を押され、地下数十メートルの暗黒の坑内でつるはしを持ち、11年間も重労働を強いられた人間の苦しみが分かるかぁぁーっ!」

 ちょっと今までの展開から言うと、ソ連に行きたくないのは分かるけど、なんでそこまでブチ切れまくらにゃいかんのだ?(笑)という気にもなってきます。
 平和的に石油を獲得する、という、自分の人生の総決算とも思える事業なんじゃないですか。
 結局、壹岐はモスクワに行くことに、なるわけですけどね。

 でもこの時の壹岐の心情は、現在の社会的、世界的な情勢から考えるから、分かりにくくなるんじゃないかな、という気もしたんです。
 1970年あたりの、日本人のソ連に対する感情は、現在のロシアに対する国民感情と比較して、相当違っていた気がするんですよ。

 当時は、シベリア抑留から帰国した人々が左翼思想に染まっていた、という一面的事実が独り歩きをして、ドラマの中でも壹岐なんかはちっともその気がないのにソ連のスパイ呼ばわりされているほどだし、ソ連という国は、言論も統制され、真実が全く伝わってこない、とても怖い国だという認識で、日本人のソ連に対する意識は一致していた気がするのです。
 私も、ソ連という国は、人間が住んでいるのではなく、人間の顔をした思想が住んでいるのではないか、などと考えていた時期があります(チュウボウの頃ですけどね)。 マルクス=レーニンのシチめんどくさい思想にがんじがらめに縛られている国。

 兵頭が壹岐の頑強な姿勢に反発するのは、中東を中心に世界を飛び回っていた兵頭がいつの間にか身につけていた、国際感覚のなせる技だった。 兵頭も元軍人ですが、彼が身につけた国際感覚の前には、昔からの悪感情なんかちっとも問題じゃない、そう思えてしまうんでしょうね。

 そして壹岐がこれほどまでにブチ切れまくってソ連行きを頑強に拒むのは、当時の日本人全体の、ソ連に対する悪感情の代表として、壹岐が自分のことを捉えていたためだった、そう推測することができるのです。 そりゃ、自分(たち)がいちばんソ連にひどい目に遭ったんですからね。

 いずれにせよ、壹岐は自分の人生の原点でもあるソ連の地に、ふたたび足を入れることになった。 これは物語の体裁として、とても見事な構築のされかただと感じます。 エンディングで背広姿のまま極寒の収容所にたたずむ壹岐の姿が、ここで急に意味を持ってきたような気が、するのです。

当ブログ 「不毛地帯」 に関する記事
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-6a81.html
第1回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/1-05a5.html
第2回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/2-w-070f.html
第3回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/3-4bae.html
第4回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/4-9755.html
第5回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/5-abb7.html
第6回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/6-d4bd.html
第7回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/7-8677.html
第8回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/8-4f4a.html
第9回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/9-cdc5.html
第10回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/10-183b.html
第11回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/11-0587.html
第12回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/12-68a7.html
第13回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/13-2599.html
第14回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/14-4fa8.html
第15回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/15-d4df.html
第16回 (当記事)
第17回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/17-2-6e30.html
(番外) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-b645.html
第18回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/18-5177.html
第19回(最終回) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/19-7b99.html

|

« 藤田まことサン死去 | トップページ | 「タモリ倶楽部」 満腹アート展覧会 西岡教授の話は面白い »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47605186

この記事へのトラックバック一覧です: 「不毛地帯」 第16回 壹岐ブチ切れの背景にあるもの:

« 藤田まことサン死去 | トップページ | 「タモリ倶楽部」 満腹アート展覧会 西岡教授の話は面白い »