« 「巨人の星」 に深みを与えた、川上監督の存在 | トップページ | 「曲げられない女」 第5回 ちょっと迷走してた、かな… »

2010年2月10日 (水)

「蒼窮の昴」 第4-5回 王道ストーリー、だけど面白い!

 NHKBSハイビジョンの日中合作ドラマ、「蒼窮の昴」。
 この第4回から第5回の話は、正直言って面白すぎ! これ以降どうなるかも気になりますが、ワタシ的にはこの5回のラストは、シビレまくりました! これだけでもじゅうぶん満足であります。 ドラマが好きな人なら、絶対見るべきだと思います!

 冷めた言い方をすれば、この第5回の話というのは、いかにもストーリー的には王道で、目新しいものなど何もないのですが、王道だからこそ、古来この手の話に誰もが魅了されてきた。 こんなDNA刷り込まれまくりのドラマ手法に、悔しいけれどやっぱり、シビレまくってしまうのです。

 ここからネタバレ入りまくりますが、私のこの手放しの褒めように賛同していただけるなら、ご覧になっていない方はここから先はどうか読まないでいただきたいです! 今のところ再放送の予定はないようなのですが、いずれNHK総合でも、きっと放送すると思いますので!

 李春雲(春児)がハチャメチャ師匠、安徳海の知り合いだった黒牡丹、という元京劇のトップスター、かつ西太后のお気に入りだった男に弟子入りし、芝居の稽古を受け続けるのですが、ここらへん、まるでオビ・ワンの修行を受けるルーク・スカイウォーカーといった趣。
 それまで安徳海から 「酔拳」 さながらのハチャメチャさで精神的な鍛錬を積んできて、ここにきて黒牡丹から技術的な修練を積んでゆく。 ここらへんの春児の成長のさせかたが、まず見ていて面白いんですよ。 あーだけど、オーソドックスだよなー。 でもそれがいいんだよなー。

 そして元宦官窟の仲間たちにその成果を披露、という段になって、ガチガチの春児の背中を押す、黒牡丹。 その黒牡丹は春児と一緒に立ったその舞台で、無理がたたって血を吐き、死んでしまうのです。 ここらへんも、いかにもありがちなんですが。
 でも、そこに至るまで、病弱だった黒牡丹の体を揉みながら、いまに宮廷入りして西太后の前で舞を舞い、「黒牡丹が戻ってきたようじゃ」 と西太后に言わせて見せる、という春児の師匠への誓いを挿入させたり、後々重要になってくる逸話が、ここで語られる。
 春児の健気さが、見る側にこれで、しっかりと刷り込まれるんです。

 やがて宦官として宮廷入りした春児。 イヤーミな蓮元という教官が、何とか悪いところを見つけようとするんですが、安徳海と黒牡丹に鍛え上げられている春児はパーペキ状態で、ケチのつけどころが全くない。 それで蓮元が意地悪く預けたところが、黒牡丹がかつていた、京劇なんですよ。
 そこでの下積みは、宮廷の中でもとりわけ厳しい。

 あーもうここからは、いつ春児が西太后の前で舞を踊るのか、そればかりが気になっちゃって。

 それから物語的にはとても性急に進んでいくんですが、こっちも早くみたいと思っているので、その性急さが気にならない。
 いつもの観劇の際、西太后(田中裕子サン)が用意された演目を見て、いちばん難しそうなヤツを選んで。
 演出家?はいちおう演目に入れていたものの、その演目は単なるカッコつけのためのものだったため、西太后にいざ命令されても、誰もやるべき者がいない。
 いちおう通してやってみよう、とおぼつかない演技を役者たちが舞台裏でやっているとき、春児が 「こうすると剣を落としませんよ」 と、黒牡丹直伝の技術をちょっとだけ教える。 そこで 「出来るのか、オマエ?」 みたいな展開になって、春児はその難しい演目をやらされることになるんですよ。

 うわ~ッ、やったー、と思う間もなく、春児は最初に仲間の前で演技を披露した時のように、また緊張でガッチガチになってしまう。

 そこに黒牡丹の幻影が現れ、あの時と同じように、春児の背中を押すんですよ。

 どうせカッコつけだけで演じられるわけがない、とタカをくくっていた西太后が、春児の見事な舞に心を奪われていくさま、と言ったら!
 田中裕子サン演じる西太后か、実に気難しいけれども、ユーモアも解する人物だった、というのは、第4回目で織り込み済み。 ここらへん、まるで水戸黄門の印籠を見ているような気分にさせられます。

 そして、演目が終わった後、春児に向かって西太后が、「まるで、黒牡丹が戻ってきたようじゃ」 とうれしそうに話すんですよ!

 うわーっ、この展開、ベタすぎるんですけど、すっごくいい!

 久々に、ドラマを見て、ドキドキワクワクしました。 王道のお話って、やっぱりいいもんですね!

当ブログ 「蒼窮の昴」 に関する記事
いつの間に始まってたの!見逃した!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-079d.html
アフレコ気にならなければ、結構面白いですhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/post-4cef.html
第4-5回 王道ストーリー、だけど面白い!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/4-5-5869.html

|

« 「巨人の星」 に深みを与えた、川上監督の存在 | トップページ | 「曲げられない女」 第5回 ちょっと迷走してた、かな… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47532618

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒼窮の昴」 第4-5回 王道ストーリー、だけど面白い!:

« 「巨人の星」 に深みを与えた、川上監督の存在 | トップページ | 「曲げられない女」 第5回 ちょっと迷走してた、かな… »