« 「久米宏 ラジオなんですけど」 堀井美香アナ、カップ焼きそば食べたことないな(笑) | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 2月6日 PTAチャンの危険なダンス、再び… »

2010年2月 6日 (土)

「君たちに明日はない」 第4回 必要とされているか、やる気があるか

 「君たちに明日はない」 第4回は、「ちりとてちん」 の草々役だった青木崇高クンが、リストラの対象候補。 私久しぶりにムネムネクン、見ました。
 とは言っても、前回の内山理名チャンと同じように、別に辞めさせる必要のないほうの人間。
 前回はこの時点で、やめさせる必要もなければ面接でその旨を理名チャンに伝えるとかすりゃいいのに、で終わりの話だったんですが(しかも袴田吉彦クンが、すごく仲のいい同僚のクセに理奈チャンと結婚しないという不可解な役でした)、今回はちょっと違う。

 坂口憲二クンは崇高クンが優秀な銀行マンだということを早いうちから把握し、トラブルで現在の部署に飛ばされてくすぶっている崇高クンを、自分の力がじゅうぶん発揮できる仕事をやらせるために、あえてむりやり崇高クンが務めているメガバンクを辞めさせようとするのです。

 物語では、坂口クンと崇高クン、そして崇高クンを欲しがっている坂口クンの友人、この3人が同じ高校の同級生だった、という、結構出来すぎた設定。
 そして坂口クンとその友人(北村有起哉サン)が落ちこぼれ組、崇高クンが優等生だった、という設定。 優等生だった崇高クンを、劣等生だった坂口クンがリストラする、という構図を作り出しています。

 そのため、最初 「どんなことがあってもあいつをリストラしてやる」 と息巻く坂口クンが、まるで高校時代の遺恨を晴らそうとしているように、見ている側に思わせる演出をする。
 要らんです、こんな演出。
 なんで見ている側に 「こりゃダメだ」 と思わせるような幼稚な引っ掛けをしようとするんですかね、この脚本家の人。
 こんなことをするから、主人公に感情移入できなくなっちゃうんだと、思いますです。

 それはそうとして、崇高クンの奥サン役が、遠藤久美子チャンだったんですけど、うわ、やっぱり久々です、この人見たの。 ずいぶん大人になりましたね。 なかなかいい演技をなさるじゃないですか。 もっといろいろ、ドラマにお出になったらいいのに。

 その奥サンが、これまたよくできた、出来すぎの奥サンで。
 「ムネムネがその仕事が好きで、本気で打ち込んでいなければ結婚はしない」 という、そんなこと言い出したら誰とも結婚できんだろ(笑)、という条件をわざわざ崇高クンに突破させて、それから結婚したという、何様じゃオマエ(笑)みたいな女だったんですけど(笑)、崇高クンが自分が本当に打ち込める仕事に転職したい、と言い出した時、それにあくまでついていく決意を見せるんですよ。 ああ~、できた嫁だ。 そりゃ、あんな結婚条件つけたくらいだから、このダンナの転職話にノーと言うわけにはいきませんよね(笑)。

 私が今回のドラマを見ていて感じたのは、自分のやる気をそのまま前面に押し出して仕事ができることの、ある種の幸せです。

 崇高クンが坂口クンにリストラを拒絶する理屈として言い放ったセリフ。
 「世の中には、本当に思い通りのやりたい仕事ができている人なんてごくわずかですよ。 みんな我慢して、それでもがんばって仕事して、そうやって給料を頂いて、家族を養っていく。 そういうもんでしょ」
 「これから辞めて、再就職したとして、満足できるような職業に就けると思いますか? 辞めてもっとひどい状況になることだって考えられるんでしょ? じゃ、今のままでいいと思う自分だって、間違いじゃないでしょ?」

 つまり、みんな我慢しながら仕事をしているのは、生活のため、なんですよ、ほとんど今のこのせちがらい世の中では。 だからこそ、自分の打ち込める仕事を選べる、という崇高クンのこのドラマでの役どころは、実は相当幸せである、と言っていい。

 崇高クンのように、自分がやる気のない部署に回されても、とりあえずちゃんと毎月の給料が保証されている、という状態も、同時に幸せであると言うほかはない。
 ただやる気がなくても将来にわたるまでただで済む話なら、いいんですがね。

 ところでこれは仕事に対するやる気とは、ちょっと別の話になってしまいますが、私のまわりでは仕事中、「とりあえず」 という言葉がとても頻繁に使われます。 まるでこの業界全体の流行語のような感覚です。

 これって、私たちが仕事に対して持っている気持ちと、とてもリンクしているような気が、するんです。

 「とりあえず」、自分の本当にやりたいことは、こっちへ置いといて。

 「とりあえず」、肝心な人生の問題は、こっちへ置いといて。

 「とりあえずとりあえず」 で一応やっといて、自分のやる気を少しずつずらしながら集中させようとする。
 だから仕事に対しては、結果的にとても打ち込んでいることは打ち込んでいる。
 だけども今回のドラマが問いかけてくるように、「それってホントに自分のやりたかったことなの?」 と言われると、それはちょっと違う。 心から楽しんでやっているのか?と言われると、ちょっと違う気がする。

 結局崇高クンが言ったように、「本当に思い通りのやりたい仕事ができている人なんて、ごくわずかだ」 と自分に言い聞かせるしかないんですよ、普通転職もままならない人からすると。

 そして渡りに船、みたいな話がない人間は、田中美佐子サンのように、あてどもなく転職先を探し続けなければならない。

 でも田中サンの再就職先、このドラマでは前田吟サンとか、落としどころはそこらに転がっているような気がいたしますが(笑)。

当ブログ 「君たちに明日はない」 に関する記事
第1回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-f372.html
第2回(番外)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-d86b.html
第2回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-1c05.html
第3回なし
第4回(当記事)
第5回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/5-9c41.html
第6回(最終回)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/post-d0bd.html

|

« 「久米宏 ラジオなんですけど」 堀井美香アナ、カップ焼きそば食べたことないな(笑) | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 2月6日 PTAチャンの危険なダンス、再び… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47495237

この記事へのトラックバック一覧です: 「君たちに明日はない」 第4回 必要とされているか、やる気があるか:

« 「久米宏 ラジオなんですけど」 堀井美香アナ、カップ焼きそば食べたことないな(笑) | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 2月6日 PTAチャンの危険なダンス、再び… »