« アビイ・ロード・スタジオ、売却中止 とりあえず、よかったです | トップページ | カーリングって、碁とか将棋みたいですよね »

2010年2月23日 (火)

「君たちに明日はない」 第5回 良い点も、確かにあるのですが

 ちょっと苦言を呈してしまう記事なので、まず最初に、第5回で私が泣けて仕方なかったシーンを書かせていただきます。 このドラマがお好きな方は、この部分だけお読みいただければ、幸いです。

 田中美佐子サンが、ふるさとの鹿児島に帰って、両親(山本學サン、加賀まりこサン)の思いを知るシーン。
 山本學サン演じるオヤジサンは、リストラされた田中サンに対して辛辣に当たるのですが、あとで加賀サンから、オヤジサンが田中サンのことをとても自慢にしていた、と打ち明けられる。 それを打ち明ける加賀サンも、打ち明けられる田中サンも、だんだんと泣いちゃって。
 娘につらくあたりながらも、自分の子供が社会でちゃんと活躍していることが嬉しくて仕方ない、そんな父親の姿には、私も泣けて泣けて。 自分の父親と、だぶりました。 思い出したら、また泣けてきました。
 ホントに、いいシーンでした。 

 で、ここから疑問点です。

 どうも見ていて、変な部分がはしょられているような気がしてならないんですよ、このドラマ。
 妙な部分が、説明不足な気がします。 カットされてるのかな?

 今回感じたのは、先ほども書いた感動シーンのあと、田中美佐子サンが東京に戻ってからのシーン。
 田中サンは別れ際、オヤジサンに対して、また東京に戻って一花咲かせるみたいなことを言っておきながら、いざ東京に帰ってきたら、今度は妹役の須藤理沙サンに、マンションを売り払って鹿児島に帰る、と宣言してしまう。 田中美佐子サンはいったい、どこで考えを変えてしまったんでしょうか。

 また、坂口憲二クンが街で見かけた、ひげもじゃの、見るからに完璧なホームレスが、かつて彼がリストラさせた村田雄浩サン、というところもそう。 次のシーン、別の場所でまた彼が見たものが、今度はひげを生やしてないけれども、明らかにホームレスになりかけている、村田雄浩サン。
 何だこりゃ?と思いましたけど、要するに坂口クンが最初に見たひげもじゃのホームレスは、見間違いだったんでしょう。 だけど、その説明がない。 「(アレ?なんかホームレスがみんな村田雄浩サンに見えるな、イカンイカン)」 みたいな坂口クンのモノローグとか、説明は、すべきなんですよ。 混乱します。

 それから今回のリストラ対象者、山崎樹範サン。
 結局、どうなったんですかね?
 坂口クンが、「あなたは会社に必要な人間です」 って言って、堺正章サンに怒られて、それっきりなんですか?
 この山崎サンに、放送コードすれすれとも思える(笑)ムチャクチャインパクトのある役をやらせておきながら、山崎サンの処遇がその後分からないっていうのは、結構納得いかない、って言うか。
 しっかしホント、山崎樹範サン、まるっきり子供のまんまの精神状態の大人、すごい演技だったなあ。 ドラマで浮きまくってました(笑)。 彼の開発したお掃除ロボット 「リストラ君」 も、物悲しくてインパクトあったし(笑)。 それだけに彼(およびリストラ君…笑)のその後が分からないのは残念。

 ドラマとして、逆に、かえって説明しまくられているのに、さっぱりわからないのが、坂口クンと麻生祐未サンの関係。 いちいち時を遡ってまで、説明されているんですけどね。
 麻生サンが坂口クンのことを、何となく距離を置きたがっているのは見ていて分かるのですが、それがどうしてなのかが分からないし、しかも、麻生サンが結局どうして姿を消したのかが、現時点に至るまで分かっていない。

 問題なのは、それがどうしてなのか、たとえ分かったとしても、別に現在の坂口クンにとって全くそれは過去のお話だし、視聴者にとっても 「だから何なの?」 っていう話でしかない点。
 なぜなら、坂口クンにとっても視聴者にとっても、田中美佐子サンのほうが、このドラマではメインの人物だからです。
 最終回、もし麻生サンがふたたびあらわれて失踪の原因が分かって、坂口クンが田中美佐子サンを捨てて麻生さんの元に戻っていく、っていう展開ならば、わざわざ毎回麻生サンとの回想シーンを挿入した意味も分かるんですが。

 なんか、悪口のブレーキが利かなくなってきたので(笑)ここらへんでイチャモンはやめますが、このドラマは良い点もとても多いと思うんですよ。 仕事とは何なのかを考えさせるし、本当にリストラされるべきものとは何なのか、という問題提起もなされているし。
 ただ、細かいことを言うようですが、物語の展開上、どうしても必要なセリフは、たとえ野暮でも説明ゼリフでも、登場人物に語らせるべきだ、と思うんです。

当ブログ 「君たちに明日はない」 に関する記事
第1回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-f372.html
第2回(番外)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-d86b.html
第2回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-1c05.html
第3回なし
第4回http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/4-bd21.html
第5回(当記事)
第6回(最終回)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/post-d0bd.html

|

« アビイ・ロード・スタジオ、売却中止 とりあえず、よかったです | トップページ | カーリングって、碁とか将棋みたいですよね »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47640696

この記事へのトラックバック一覧です: 「君たちに明日はない」 第5回 良い点も、確かにあるのですが:

« アビイ・ロード・スタジオ、売却中止 とりあえず、よかったです | トップページ | カーリングって、碁とか将棋みたいですよね »