« 「恋のから騒ぎ」 2月6日 PTAチャンの危険なダンス、再び… | トップページ | 「蒼窮の昴」 アフレコ気にならなければ、結構面白いです »

2010年2月 8日 (月)

「龍馬伝」 第6回 本分をわきまえる、ということ

 千葉道場から追い出された福山龍馬、冒頭から、まるでリストラされたことを言えずにいつも通り家を出ていくお父さんみたいな設定(笑)。 お寺の境内で子供相手に油を売っている龍馬が、なぜか切ない(涙)。

 龍馬が道場をやめたことは、龍馬を訪ねてきた佐那(貫地谷しほりチャン)によって、溝渕(ピエール瀧サン)にバレてしまうのですが、ピエールサンは龍馬の監視役だったんでしょうか? 龍馬がきちんと当初の目的通り江戸で行動していないとまずい、というところが、ここから垣間見ることができます。

 佐那は龍馬に対して、もう一度千葉道場に帰ってほしいと懇願するのですが、まだ破門されたわけじゃ、なかったんですね。
 千葉定吉(里見浩太朗サン)も、おのれの剣術が黒船に太刀打ちできないことは、龍馬に言われるまでもなく分かっておったのです。 それでも、「侍は、剣をおのれの分身として、技を磨かねばならんのだ」 という自らの本分を、やはり見つめるしかなかったんですね。 レーゾンデートルを疑わざるを得ない出来事に翻弄されたら、まずは自らの原点を見つめよ、ということですか。
 「要は、坂本がそれに気付くかどうかじゃ」 と言う、定吉サン。

 かたや、黒船にうなされ続けたあげく、黒船のフィギュア作りに没頭している谷原章介サン演じる桂小五郎(笑)。 眼の下のクマ、ひどくなってます(笑)。
 この黒船フィギュア、なかなかうまい(笑)。 デアゴスティーニで売れそうだ(笑)。
 龍馬は桂が話していた桂の師、吉田松陰(生瀬勝久サン)のことを思い出し、なんとか会いたいと桂に頼むのですが、どこに行ってるか分からないという。

 いっぽう土佐では、武市半平太(大森南朋サン)が吉田東洋(田中泯サン)に呼ばれるのですが、ハナから東洋に攘夷の考えを粉砕されて、怒りの炎がメラメラな武市サン。
 この部分、武市は上申書にも攘夷の思想出しまくりだし、お殿様(近藤正臣サン)からも 「ワシのことを褒めちぎってるけど、所詮下士でしょ」 みたいに思われているのに、なぜいちいち東洋が武市を呼び出すのかが分からない。 別に武市に反感を買わせるようなことをわざわざしなくたっていいのに。 こんなところで将来の種をまかなくってもねー(笑)。
 それにしてもまた武市サンの怒りのBGMが、とってもオーゲサで、好き(笑)。 「ハゲタカ」 が始まりそう(笑)。

 そして松陰が黒船に乗り込むことを、松陰から桂への手紙で知った龍馬、とうとう松陰と出会う。
 この生瀬松陰、これまで私がドラマで見てきたどの松陰よりも、かなりアツい。

 松陰の渡航へのあふれる情熱に感銘して、いっしょに連れてってくれと頼む龍馬を、初対面にもかかわらず、思いっきりぶん殴る(笑)。 「バカタレェェッ!」。 アツすぎる(笑)。 …別に殴んなくたっていいと思いましたが(笑)。

 そこで松陰センセイの放った言葉。

 「きみは何者じゃ! 何のためにこの天の下におる! きみがやるべきことは、何なんじゃ! …考えるな。 おのれの心を見ろ! そこにはもう答えがあるはずじゃ!」
 別に考えてもいいと思いましたが(笑)。

 でもこれは、自分の本心にウソをつくな、自分のやりたいことに正直に生きろ、っていう意味じゃないと思いました。
 冒頭に述べたとおり、「自らの本分をわきまえろ」 ってことじゃないかと思うんですよ。
 まずは為すべきことを為さねばならぬ。 自分の生活のため、家族のため。
 自らの足元も定まっていないものが、自分のやりたいことをそのままやっても、それは上っ面だけのうすっぺらい結果しか生まないだろう。 そんなことを松陰サンは、言いたかったんじゃないでしょうか。

 そして龍馬は、再び千葉定吉の元へ戻ろうと決意する。
 「わしは、間違ごうちょりました。 わしは剣を、道具じゃと考えてしもうたがじゃです。 おのれは何者か、おのれが進むべき道はどこながか、それは、おのれを極限まで追いつめ、無の境地に達してこそ、見えてくるがです」

 そんな龍馬に、千葉定吉は質問する。
 「剣で、黒船に立ち向かえるのか?」
 龍馬は、こう答える。
 「黒船に通用するかせんかは…剣ではなく…この坂本龍馬ゆう人間の問題です」

 このシーンを見ながら、千葉道場のほかの連中と龍馬と、どう違うのかな、と考えたりしました。
 もしも、自分のやっていることが無意味だという出来事に遭遇なんかしたら、ふつうは疑問を感じながらもただ漠然そのことを続けるか、それともきっぱりとそのことをやめてしまうかのどちらかでしょう。 やはり極限まで自分を見つめないと、龍馬のように大きく羽ばたくことはできないのかなー、なんて。

 そして今週の 「弥太郎伝」。

 千葉道場の修練を終えて土佐へ帰る龍馬と入れ違いみたいな感じで、江戸に行くことが決まった弥太郎殿。
 お殿様に出した上申書が商人に読まれて、そのつてで江戸に行けるようになったんですから、どこにチャンスが転がっているか分かりません。 例えて言えば、ビートルズが大手デッカレコードのオーディションに落ちたけど、EMIのジョージ・マーティンにそのせいで見い出された、とか(この例え、ちょっと変だ…笑)。
 その勢いで弥太郎殿、加尾(広末涼子チャン)にプロポーズをしてしまうんですが、その時の加尾チャンの表情、戸惑いまくってるのがありありで(笑)。

 歯、みがいて出直して来い!(笑)

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-8e96.html
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということ(当記事)
♯07父のこころ、子のこころhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-e1b3.html
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/8-8680.html
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html

« 「恋のから騒ぎ」 2月6日 PTAチャンの危険なダンス、再び… | トップページ | 「蒼窮の昴」 アフレコ気にならなければ、結構面白いです »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、リウさん。今、再放送見終わりました。

龍馬、半平太、弥太郎、三人三様の人生が展開してきて面白くなってきました。

松陰先生といえば、これまた「花神」の篠田三郎サンを思い出さざるを得ません。生瀬松陰どうかなと思ってましたが、あの「純粋さの中の狂」が出てて、意外とよかったです。龍馬に向けて言った松陰先生の台詞、勝手に感動しまっくていました。(笑)

>この黒船フィギュア、なかなかうまい(笑)。 デアゴスティーニで売れそうだ(笑)。
大爆笑!

ビートルズと弥太郎との例えに、またまた爆笑でした。弥太郎が、広末チャンに求婚なんて百年早い!上申書を商人に渡してくれただけで有り難いと思わなきゃ。(笑)

弥太郎様
コメント、ありがとうございます。

あー、篠田三郎サン、「花神」 で松陰だったですかー! すっかり忘れてたんですけど、中村雅俊サンと同じように、なんか篠田サンというと、ウルトラマンタロウ以上に、松陰、っていうイメージがあって。 なんだかんだ言って、私もちゃんと見ていたんだなー、「花神」。

黒船のフィギュア、龍馬も負けずに次回予告で作ってたみたいですけど(違うかな?)、ヒッドイ出来でしたー(笑)。

岩崎弥太郎殿も、もうちょっと身なりを整えてから求婚したほうがよかったような…(笑)。
それでも加尾チャンがその話を受けるとは、とても思えませんが(笑)。

第6話、再放送、楽しかったです。このごろ、ガリレオが失速してまして、余計に面白く見ました。(笑)でも、ガリレオも私は、楽しく見てます。六年ぶりなんだから、楽しまなきゃ損なので。(笑)東野先生のネタ切れ感が楽しい。(笑)

生瀬勝久さんの松陰先生は、やっぱり、今回も熱かった!大好き!

龍馬の最初のリストラ父さんか!という体たらくに比べて、なんともエネルギッシュ!黒船を表現するにしても、龍馬の民芸調と桂さんのディアゴスティーニ風!桂さんの目の下のくまwww.

そんな中、土佐では、意見書が認められた武市半平太と弥太郎!なのに、武市半平太は、吉田東洋との面接で、早くもボタンの掛け違い。多分、上士、下士のコンプレックスが強すぎたんでしょうね。認められない事を下士という身分制度にすり替えちゃった。それに、彼は自分の攘夷の枠から、踏みでることが出来ない。でも、それで、彼が劣っているという事ではないと思うのです。愛妻家で、育ててくれたお祖母さんの恩をわすれず、地元の若い人達に教育を与えて育てている。青年団の会長さんみたいな表現ですよね。龍馬が自分の生き方を模索する普通の青年なら、武市半平太も青年団の会長さん。多分、福田さんは親しみやすいところに偉人達を連れて来ただけで、貶めるつもりはなかったと思うのです。

で、熱血松陰先生と、心の広い定吉先生のお導きで、龍馬も、自分の成すべき事の為、剣術修行に戻ってきた龍馬!でも、すぐ期間終了。正味どれくらい修行してたんだか。(笑)

それと、加尾ちゃんの弥太郎の意見書が「箸にも棒にもひっかからない」という表現がなにげにひどい。まあ、商人に意見書を紹介してくれたから相殺だろうけど。加尾ちゃんは、弥太郎に対して、時々、ひどい言い方をしている!(笑)でも最後のプロポーズは、笑った!というか、弥太郎のポジティブ思考がチャーミング!と同時に、次回の加尾ちゃんと鶏!という展開が!シュールで大好きです。(笑)龍馬伝は第一部がコメディ、シリアスいろいろあって、楽しいです。一本調子になると、福田さんの脚本はちょっとしんどいのかもしれない。そうガリレオを見ながら、合わせて感じています。でも、ガリレオは湯川先生の活躍を楽しむドラマだと思っているので、栗林さんとの掛け合いが多い今シリーズも楽しく見ています。いっけいさん、うまいんだもの!(笑)

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。 またこんな長いのを…(笑)。

「八重」 のほうは見たんですが、どうもレビューの書きにくい出来だった感じで(笑)。 うまく考えがまとまりません。

と思ってたら、ささ様からご感想をいただいたおかげで、今回この、3年前の古~い記事を読み返しまして(笑)、「昔はあんま考えてレビューしてなかったな」 とか 「キモの部分をひとつ書いときゃそれで済んだんだよな」 とか、いろいろと考えすぎの部分を反省することができました(笑)。

その感覚に則って今週の 「八重」 をレビューいたしますとですね、

「小堺一機のよく分からない演技(爆)にごまかされてるけど(笑)、結局岩倉具視がどうしてそんなに急に復活できるほどの大物だったのかワガンネー」 とか(笑)。

正直言って、演技を見ていて余計なことを考えさせすぎるような役者(って、小堺サンは基本コメディアンと私は考えてますが)をキーパーソンで出すなよ、つーか。

小堺サンに罪はないのでそこんところはまあゴニョゴニョ…(笑)。

あとは、「八重がメイサに勝つ因果関係がきちんとしてない」 とか(笑)。

一本とるのはたまたまでしょ、という描きかたが許せんのですよ(許せんはオーゲサ、そこまでは思いませんが…笑)。

この部分、八重がメイサより(どうして呼び捨て?…笑)会津が直面している危機を感じ取れる環境にある、という下地があり、その危機意識からメイサから一本を取れるほどに緊張感がみなぎっていた、という因果関係が考えられるのですが、そこをドラマで表現していない。 八重の気持ちが臨戦態勢になりつつある、という部分は、きちんとドラマで提示すべきだ、と思うのです(やっぱ考えすぎか…笑)。

まあそれで、結局こんなくたびれた大福餅みたいな男(岩倉のことです…笑)をよく薩摩も担げたもんだとか(笑)、吉川・反町の信長コンビが、岩倉のせいでかなりマヌケに見えるとか(笑)。

はっはっは! そうだ、今週の 「八重」 を見ていてどうもスッキリしなかったのは、それが原因だ!(笑)

「龍馬伝」 の場合、そうした性格の話を軽々しく書けたのは、やはり弥太郎の存在が大きかったと思われます。
見ていて気楽に突っ込めるんですよ(笑)。
「八重」 はみんなマジメだから、どうもツッコミにためらいが生じてしまう。

この点を考慮しながら、ちょっと今週のレビューを書いてみますかね(その前に睡眠を取らなければ…今週は、つーか連休明けから、働き過ぎであります)。

八重の桜のレビュー、本文はこのリウ様のコメントの抜粋でいいんじゃないですか?

八重さんが急に強くなった!確かに。精進の賜物じゃありませんか?いいじゃないですか。龍馬だって、いつの間にかおさな様より強くなってるんですから(笑)八重さんが強くなる過程より、幕末描写の方に重きをおいてるようですし。黒船騒動のうちに第一回の修行期間が終わった龍馬よりは、回数かけているでしょ(笑)

明日は鳥羽伏見の戦い。その前に今夕、龍馬伝第七回!ニューヨーカーの回!龍馬伝、一番人気の回です。私も好き。多分、桂浜の浜辺のきらきらした涙の後、鳥羽伏見の戦いを見ると、胸が苦しくなるのでしょう。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

なんか疲れてテレビを見てても途中で眠ってしまう連続で、寝てるあいだに休日が終わってしまった感じです(笑)。 結局 「八重」 のレビューも書くことが叶わず、たぶん明日以降にお預けとなりそうです。

と言いつつ、「あまちゃん」 は2週分、3時間の長丁場を途切れ途切れに見て、感想など書いてるんですけどね(笑)。

「ニューヨーカ」 も、児玉サンが亡くなったときに再放送したのを見たしいいか、などと考えているあいだに、もう仕事の時間でございます(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47509260

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第6回 本分をわきまえる、ということ:

« 「恋のから騒ぎ」 2月6日 PTAチャンの危険なダンス、再び… | トップページ | 「蒼窮の昴」 アフレコ気にならなければ、結構面白いです »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ