« アビイ・ロード・スタジオが売却…、何考えとんのじゃ! | トップページ | 藤田まことサン死去 »

2010年2月18日 (木)

「曲げられない女」 第6回 失敗する、ということ

 主要人物が、自分の人生の根本問題といやがおうでも向き合わざるを得ない展開になっていくにしたがって、結構性格描写の甘さが露呈しているように見えてきた、「曲げられない女」。
 いや、のっけから厳しい書きかたで、ドラマを見て感動しているかたには申し訳ないんですが。 まずほめる前に、気になる点を書こうかな、と思います。

 主演の、菅野美穂チャンについては、作る側はかなり深いところまで突っ込んで、彼女の葛藤を考え抜いているように思えるんですよ。 だから、突っ張りながら生きている彼女の悲しみとか、苦しさなんかが、とても共感できる。

 だけど、彼女を取り巻く永作チャンや、谷原サンが持っている、彼ら自身の人生の根本的な葛藤が、ちょっと見る側を納得させるほどに作り切れていない、そんな気がするんです。

 前回、永作チャンが、結局自分の子供たちをむこうのダンナとバアバに取られて、見送る時も、なんとなくそんなことを考えました。
 確かその時、「悲しい顔をするのがシャクだから、笑って見送るの」 みたいなことを言いながら、半泣きの笑顔で永作チャンは子供たちを見送ったのですが。
 本当はここでグッとくるシーンだったんだろうけど、いまひとつ、永作チャンの悲しみに、のめり込めなくて。

 今回の、谷原サンが美穂チャンからブチ切れ激励されて(笑)泣いてしまうところも、いやー、なんか、泣かないでもらいたかった、と言うか。

 つまり、それまでの谷原サンの、このドラマでの性格としては、確かにお飾りの警察署長だったかもしれないけれど、美穂チャンに対してはとてもまっすぐにぶつかっていく男だったし、塚本高史クンのちょっとズルイところにも敏感に反応して、ちょっと言い過ぎなんじゃ?と思うようなこともずけずけ言うような男だったし。
 谷原サンが心の傷にしている、高校時代につき合った女の子に言われたという 「見かけ倒し」 という言葉。 でも谷原サンが、そんな見かけ倒しには、とても思えないんですよ。
 こんなニヒルで面白い仮面をかぶっている男に、簡単に泣いてもらいたくない、しかも美穂チャンとふたりきりならまだしも、永作チャンもいる前で、…そんな気がするんです。

 谷原サンの警察署長としてのやる気を、根こそぎ削ぐような事件が、今回はドラマのウラで進行します。
 それは、桶川ストーカー事件を想起させるような展開で、最終的には最悪の結末に至ることなく解決を見たのですが、この一連の流れで警察に何の落ち度もなかったということにしてくれ、と仲本工事サン(あっ違うか、あの側近の人)から言われ、組織を守ることが最優先の警察署長としての立場に、谷原サンは心から失望する。

 この、谷原サンが忸怩たる思いに陥るまでに、もうちょっと彼自身の 「お飾り人形」 的な扱われ方に対するアクションが、あってもいいような気がしたんですけどね。
 それまでいつも側近からいいようにあしらわれて、ごまかし笑いでやり過ごしていただけ、だったんですからね。
 笑いながらその裏でゴミ箱でも蹴っぽるとか、もっと谷原サンがそれに対して相当頭に来てるというところを、さりげなく見せてくれたら、もっと見る側は谷原サンに感情移入できたかも、しれません。

 側近のメガネの人が、谷原サンが辞める時に 「黙って言われたとおりにしてりゃ後生楽だろーが」 みたいに怒るのも、いかにもトートツ。 これも彼が谷原サンに対してどう思っているか、みたいな部分をどこかで挿入していれば、トートツには思えなかった気がします。

 まあ、ちょっとキツイことを書きましたが、話の流れ的には、面白かったと思います。

 最初マンションのメーワク大学生をたしなめる時、谷原サンは自分が警察であることをひけらかし、次にストーカーの件で自分の仕事に根本的な迷いが出ている時、今度は道端で酔っ払いに絡まれて、自分が警察であることをひけらかすのを拒絶する。
 この、谷原サンの行動の逆転現象。
 うまいコントラストだったと思います。

 そして何より、今回の 「曲げられない女」 美穂チャンのブチ切れセリフは、毎度のことではありますが、また見る側にもグサグサ突き刺さってくるような鋭さで(笑)。

 「私たちが本当に戦わなきゃいけないのは、そういう弱い自分となんじゃないのっ?(略)私だって、なんで9年も司法試験に落ちたのかまだ分かんないし!…でも、将来のことを不安に思ってくよくよ悩んでも何にも生まれないじゃない! 私たちに今できることをやるしかないよ……いいじゃない、少々失敗したって! 『失敗』 って、失って敗れるって書くけど、別に何も失わないし、負けたわけじゃないんだから!」

 しかもこのセリフ、夏木マリサンの本からの引用だと、美穂チャン 「正確に」 断っておりました(笑)。

 私はでも、こういうセリフを、30超えた美穂チャンが熱く語っていることに、とても共感するのです。

 普通、こういうセリフは、まだ年齢的にも若い人が語るほうが似合うような気がします。
 よく言われますよね、「失敗は若いうちにたくさんしておけ」 って。
 つまりこれって、年を取ったらもう失敗したら取り返しがつかないんだ、という意味でも、あるんですよね。
 だけど、そうなんでしょうか。
 確かに年をとればとるほど、いろんなしがらみが増えていって、失敗することなど許されなくなる気がします。
 でも、人間、裸一貫でやり直すことなど、どんなに年を取ろうが、出来るんじゃないのか。
 要は、今できることをやるしかない、そう自分が思えるかどうか、なんじゃないのか。

 人生、どこまで行ったって、失敗はつきものだと思うんですよ。 肝心なのは、そこからどうやって這いずり出るか、じゃないのかな。 絶望に負けることが、人生にとっての最大の悲劇なような気が、するんですよ。

 やー、また説教臭くなってしまいました。

 ところでいきなりぶっ倒れたり、「気分が悪い…」 とか話してたり、どこが悪いのかと思っていた美穂チャン。
 今回のマイケルの曲も、なんで 「ビリー・ジーン」 なんだ?と思っていたら、いきなり健診で 「妊娠してます」。 これのヒントだったんですねー。 「ビリー・ジーン」 って、子供を孕ませる話ですからね。 どうも塚本クンが孕ませたみたいなんですが(笑)、「ビリー・ジーン」 の歌みたいに、「あの子はぼくの子じゃない」 なんてことは、予告編では言ってなかったみたいです。

当ブログ 「曲げられない女」 に関する記事
第1回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-83d0.html
第2回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-5eb9.html
第3回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-a3aa.html
第4回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/4-1d07.html
第5回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/5-d241.html
第6回 (当記事)
第7回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-3fa8.html
第8回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/8-05a5.html
第9回 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/9-5d02.html
第10回(最終回) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-2386.html

|

« アビイ・ロード・スタジオが売却…、何考えとんのじゃ! | トップページ | 藤田まことサン死去 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47597251

この記事へのトラックバック一覧です: 「曲げられない女」 第6回 失敗する、ということ:

« アビイ・ロード・スタジオが売却…、何考えとんのじゃ! | トップページ | 藤田まことサン死去 »