« 「恋のから騒ぎ」 2月13日 アレ?鬼太郎チャン、戻ってきた? | トップページ | ただ今メンテナンス中です »

2010年2月14日 (日)

「龍馬伝」第7回 父のこころ、子のこころ

 江戸から帰ってきた福山龍馬を待っていたのは、開国によってすっかり変わってしまった土佐の人々の姿。
 龍馬はほとんど浦島太郎状態なのですが、ただひとつ、変わっていなかったのが、龍馬の家族。
 第7回の 「龍馬伝」 は、まさにこの家族の絆を描いて秀逸だった気がします。
 泣けました。

 軽々しく 「武市サン」 と呼ぼうものなら、「武市先生と呼びや!」 みたいな物々しい攘夷派の急先鋒となってしまっている、武市半平太(大森南朋サン)。 すっかり変わってしまう人を演じさせたら、この人の右に出るものはいない、と言うか(笑)。
 はじめ出て来た時は、武市という人物は道場を開いている割には何とも頼りなげで、大した特徴のある人物ではなかった。 それがここまで過激な人物になってしまう、という変貌ぶりを、大森サンは見事に演じている気がします。 さして気持ちの見えにくい人物だったからこそ、変わってしまうとこのようになる、という見本のような気が強くします。

 ただし武市サンはじめ、佐藤健クンとか、実際に黒船を見たことのない人々が掲げる攘夷というものが、ドラマを見てるととても幼稚な姿に見える。
 龍馬のように、誰も外国との軍事力の差を目の当たりにしてないんですから、これは致し方なし、なのかもしれません。

 加尾(広末涼子チャン)に出会ったら出会ったで、彼女結婚もしてないし、岩崎弥太郎(香川照之サン)のところで学問をしていたとか言うし。
 「帰ってきたそばから、いろんなことが起こりすぎじゃ…」 と、戸惑いまくりの福山サン(笑)。

 そんな龍馬が弥太郎にひつこく(笑)くっついて行った先は、絵師の河田小龍(リリー・フランキーサン)。
 そこには武市も来ていて、何が始まるのかと思ったら、リリーサン、ただ外国の知識を紹介するだけ。 目を見張って聞いているのは、龍馬だけで(笑)。
 この場で武市がリリーサンに聞きたかったのは、「どうしたら異国を打ち払えるか」 ということ。 かたや弥太郎がリリーサンに聞きたかったのは、「どうやったら金持ちになれるか」 ということ。
 リリーサンはどっちにも、木で鼻をくくったような返事(笑)。 互いをバカにし合う武市と弥太郎は、その場で大ゲンカ。 それの仲裁に入った龍馬の様子を厠で聞きながら、リリーサンは龍馬に興味を抱く。

 ここらへんのやり取りは、三者三様のぶつかり合いを象徴的に演出した、という点で、なかなか面白いものがありました。
 リリー・フランキーサンもミョーな存在感がございますね。 こういう役者サンって、近頃なかなかいない気がします。
 特に演技がうまいわけではないのですが、だいぶ前の映画 「幕末青春グラフィティRonin」 で高杉晋作を演じていた吉田拓郎サンのような匂いがいたします。 普通演技に素人、とかいうと、セリフに感情がこもってなかったりしますけど、プロの演技者にはない方向からリアリティを出す人が、いたりするもんです。 拓郎サンも演技の素人でしたけど、さすがにフォークシンガーの道を極めた人、強烈な存在感を発散させていたものです。
 リリーサンは演技の素人ではないようなのですが、プロの役者サンにはない、独特の雰囲気が出ている気がしました。 ドラマでのリリーサンの居宅?には、何匹もの猫がいましたが、なんかぴったりな小道具な感じでしたね。

 それから、リリーサンは、なぜか龍馬の家に居候してしまうのですが(笑)、ひょうひょうとしてるためか、それがちっとも不自然じゃない(笑)。
 彼のおかげで、発作を起こした龍馬の父、八平(児玉清サン)が一命を取りとめます。

 「わしは、なんも知らんと、江戸で好き勝手なことを…!」 と悔やむ龍馬。
 病床の八平の様子は、子を思う父の心にあふれていて、父親の不肖の息子である私も、居ずまいを正して聞く気持ちでありました。

 「龍馬、…わしに構もうな。 おまんは、剣を振り、書を読む。 侍が、己を磨き、高めよういう気持ちを忘れたら、生きておる値打ちは、ないぜよ。 この世に生まれたからには、己の命を、使い切らんといかん。 使い切って、生涯を終えるがじゃ」

 「私は、まだ、なにも成し遂げちょりません。 父上に、なにもお見せできちょりません。 父上には、もっと、もっともっと、生きておってもらわんと困ります!」

 「おまんは、ひとまわりも、ふたまわりも大きゅうなって、江戸から帰ってきてくれた。 それだけで、じゅうぶんぜよ。 わが子の、成長が、親にとっては、いちばんの、幸せながじゃ」

 私もまだ、親に何もできてません。 してるのかもしれないけど、まだまだ不十分という気がいたします。 とても、身につまされるシーンでした。

 そしてある晩、リリーサンに向かって、八平は 「龍馬が咲かせた花を見たかった…」 とつぶやく。 その父親としての気持ち、痛いほど伝わってきました。 龍馬の場合、大河ドラマになるくらいですから、現代に至るまで、花は咲きまくっておりますよね。

 龍馬の発案で、家族総出ででかけた土佐の海。
 そこで 「黒船を作って、一家をのせて世界中を旅してまわる」 という壮大な夢をみなに語る龍馬。
 それを聞きながら、感極まっていく八平。
 「…おまんは、そんなことを考えちょったか…楽しそうな旅じゃ…みんなあで、行くがぜよ…こんな、うれしい日は、初めてじゃあ…」
 父親との、最後の日々。

 福山サンの、父親を思う気持ち、児玉サンの、息子を思う気持ち。 互いの演技がぶつかった、とてもいいシーンでした。 泣けました。

 さて、今週の 「弥太郎伝」 でございます。

 加尾チャンにトートツなプロポーズをした弥太郎殿。
 「岩崎先生…!」
 「先生はいい!…おまさん、と呼んでくれっ!」 ニカニカッ! 光る汚い歯(笑)。

 見事、玉砕いたしました(笑)。 突っ伏した弥太郎殿の目の前には、のんびりと餌をついばむ、二羽のニワトリ(笑)。
 リリーサンちには猫、坂本サンちにはカメ、そしてラストのリリーサンの絵が、龍。
 なんか関連性は分かりませんが、狙ってるなー(笑)。

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-8e96.html
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/6-766e.html
♯07父のこころ、子のこころ(当記事)
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/8-8680.html
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html

|

« 「恋のから騒ぎ」 2月13日 アレ?鬼太郎チャン、戻ってきた? | トップページ | ただ今メンテナンス中です »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47567840

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」第7回 父のこころ、子のこころ:

« 「恋のから騒ぎ」 2月13日 アレ?鬼太郎チャン、戻ってきた? | トップページ | ただ今メンテナンス中です »