« 「樅の木は残った」 伊達騒動の別解釈としては… | トップページ | アビイ・ロード・スタジオ、売却中止 とりあえず、よかったです »

2010年2月22日 (月)

「龍馬伝」 第8回 汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿

 水田の用水を巡る権利争いで、庄屋とお奉行の汚い裏取引の犠牲となって半殺しの目に遭った、弥太郎(香川照之サン)の父親、弥次郎殿(蟹江敬三サン)。

 かねてから江戸で学問の修行をしていた弥太郎は、オヤジ殿が死にそうだという手紙を受け取るや否や、普通30日はかかるという土佐までの道のりを、16日という猛スピードでご帰還するのですが(笑)。

 早送りやスローモーションを多用したその耐久マラソン(番組HPによると、この撮影には、なんと3か月もかかったそうです)の様子は、まさに抱腹絶倒もの。 途中讃岐で泥の中へとすっ転び(笑)、ただでさえ小汚いっていうのにますます汚くなっていく(笑)。
 どこまで汚くすりゃ気が済むんだ(笑)。

 実家へ帰って来た時のその風体は、顔はどこかの原住民(笑)、足は血だらけ(ひぃぃ、痛そう…)。
 …すごすぎる(笑)。
 …これがすごくなくて、何がすごいというのか(笑)。

 ところがこの弥太郎、こんなコミカルな強行軍とは裏腹に、泣かせるじゃありませんか。 今回。 なんでこんなに、コイツ、人間臭いんだよ!ってくらい。

 虫の息のオヤジ殿(ただし死にそうには、とても見えないのですが…笑)を見て事情をオカン(倍賞美津子サン)から聞くと、弥太郎は矢も盾もたまらず島田の屋敷へ。
 そこで刀を抜こうとするも、すっかり錆びついててちっとも抜けない(笑)。
 なんか、笑えるのに、無性に悲しくなる。
 なんという、なんという人生なのだ!

 この弥次郎殿の一件に首を突っ込んでいた福山龍馬、坂本家の新たな当主となった兄の杉本哲太サンから 「もうかかわるな」 とたしなめられるのですが。
 言ったそばから 「あら、坂本家の当主がそんなことを…」(松原智恵子サン)「器が小さいのお…」(寺島しのぶサン)「お父上がお嘆きになります」(島崎和歌子サン)「ごめんなさい、おじい様…」(子役の女の子)と坂本家の女連中が杉本サンに集中砲火(笑)。 あわてて 「首を突っ込んでもいい」 と訂正する杉本サン、笑えます。 当主が変わって、男女の力関係が逆転した坂本家の変貌が、とてもよく出ていました。
 さっきの弥太郎の強行軍に続いて、今回、ギャグの激しいたたみかけの、連続であります(笑)。

 兄上から許しを得た龍馬、弥次郎殿のお世話をせっせとするのですが、弥太郎はそれが、どぉーも面白くない。 さげすんだような、情けないような、ものすごく複雑な表情を、その時弥太郎はするんですよ。
 「このまま泣き寝入りせい言うがか。 確かに、オヤジの酒癖の悪さはひどいもんじゃあ。 酔うたらすぐにケンカ、ばくち好きでカネにだらしのうて、わしゃ何べん泣かされてきたことか。 …けんどのお。 わしにとっては、この世でたったひとりのオヤジながじゃ! オヤジが半殺しにされて、罪を全部かぶらされて、だまっちょれるわけがないやろがッ!」

 このセリフ、こうして書くとなんてことない平凡なセリフなのですが、これをあの口が悪くて自分勝手でガサツで粗雑で思いきり乱暴な弥太郎が言うと、泣けるんだこれが。
 なんでこんなに、父親に対して不器用な愛情表現しか、できないんだろう。
 ある意味愚直なまでに真っ裸の、父に対するせがれの心。
 弥次郎殿も弥太郎に対して、とても不器用で無骨だけれども、愛情があるし。
 これってある意味、とても素直な家族愛に包まれている坂本家と、この岩崎家というのは、一見すると逆のように見えるけれども、家族愛という観点から言えば、全く同じ種類の家族と言える、のではないでしょうか。

 その後、龍馬と弥太郎は、筋を通すことで評判の吉田東洋(田中泯サン)に今回の問題の直談判に行くのですが、ここでの東洋の反応が、ちょ何ソレ待てよみたいな(笑)ハチャメチャな返事で。
 わしゃ天才だから、何をしてもえいがじゃ!…だって。
 はぁ?

 でもこの東洋の話、結構一理あるような気も(笑)。

 「岩崎弥太郎、お主は何を持っている? 坂本龍馬、お主に、何ができる? なんの力もないもんは、黙っておるしか仕方がないがじゃ。 それが世の中ぜよ」

 つまり、ただ話の分かる人間だから頼みに来た、というのでは、子供が 「あの子にいじめられた」 と泣きついて告げ口するのと、同じレベルでしか、ないんですよ。 まずは東洋に対して、弥次郎オヤジ殿のために動けばこんな利益が出る、というところを、龍馬と弥太郎は提示しなければならない。 これは単なる見返り、という類のものではなく、依頼を受ける側が魅力を感じるだけの要因を作れ、ということなのです。 それが大人の世界ってもんなのです。
 だから、弥太郎や龍馬に、何を私に差し出すことができるのだ?私のためにどう働いてくれるのだ?という意味で、東洋はこのふたりに訊いたんですよ(当たってるかなあ?)。

 東洋にソデにされて、結局、奉行所の門に天誅チックな落書きをすることしかできなかった弥太郎でしたが、そのせいで牢屋入りになってしまう。 落書きをしながら弥太郎が龍馬に訊いた 「どうしてわしらの問題にこんなに命をかけて首を突っ込むのか」、という話は、結構ベタだったので、当ブログでは省略!(笑)。 ええっ?ここが今回の話(「弥太郎の涙」)のキモなのに!(笑)
 いや、さっき愛情表現のところで、書いちゃいましたんで(笑)。 結局、それとおんなじような話でした、龍馬が心を動かされて弥太郎のために動いた原因って。

 というわけで、毎回恒例の 「今週の弥太郎伝」 は、弥太郎殿がメインの話だったので、今回はやりません(笑)。 あしからずご了承ください。

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-8e96.html
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/6-766e.html
♯07父のこころ、子のこころhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-e1b3.html
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿(当記事)
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html

|

« 「樅の木は残った」 伊達騒動の別解釈としては… | トップページ | アビイ・ロード・スタジオ、売却中止 とりあえず、よかったです »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47631838

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第8回 汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿:

« 「樅の木は残った」 伊達騒動の別解釈としては… | トップページ | アビイ・ロード・スタジオ、売却中止 とりあえず、よかったです »