« 「不毛地帯」第15回 盛り上がってまいりました | トップページ | 玉置宏サン逝去でよみがえる、日曜の昼下がりの記憶 »

2010年2月13日 (土)

「A-Studio」 石田ゆり子サン 自然な人、ですよねえ

 「A-Studio」 2月12日ゲスト、石田ゆり子サン。
 この人、小さい頃、私の住んでいる世田谷区在住で、私の住んでいるところにとても近いところに住んでいたらしくて。 妹のひかりチャンでしたか、世間に出て来た時に、あそこの子だって、近所で噂になっておりました。
 またその石田サンのお家が、高嶋忠夫サンのお家とも、近いんですよ。
 というわけで、石田サンと高嶋サンの息子サンたちは親しい間柄、という話も聞いたことがありますが、そこに住んでいらした当時は、石田サンのほうは有名ではなかったので、たぶん有名になってからお友達になったんでしょうね。

 私にしてみれば、石田サンのお家も高嶋サンのお家も、ちょうど通学路で。
 そのお家の前の駐車場兼お庭みたいなところで遊ぶ小さい子を見たことがあるので、もしかしたら幼いころの石田サン姉妹を、私も見ていたかもしれません。
 そのせいですか、何となく親近感を勝手に抱いてるんですけど(笑)。

 話はずれますが、私も高嶋サンの奥サン、寿美花代サンにあいさつされたことがあります。 おそらくご近所のどなたにでもそうなされているのだと思いますが、知り合いでもなかったのにいきなりあいさつされて、ちょっとびっくりしたと同時に、芸能人っていろんなところに気を遣わなきゃならなくて、大変なんだなーと思った記憶があります。

 今回この番組を見ていて、石田ゆり子サンという人は、とても自然な人なんだなーという印象を、改めて強く持ちました。 なんか、飾らないんですよね、この人見てると。 いつもしっとりしていて、ガツガツしたところがない、というか。
 それがとてもよく表れていたのは、30年来の大親友、という人の目を通した石田ゆり子サンの姿。
 そのお友達のところに送られてくる石田サンの写メール、犬と一緒に食事中(笑)とか、ソファに寝そべってボケーっとテレビを見てるとこ(笑)とか、「なァんでこれ出すかなァ~もぉ~っ」、と恥ずかしがるのですが、なんかちっとも嫌味に見えないんですよね。 ああこの人、ウラオモテ、たぶんあるんだろうけど、それぜーんぶ態度に出ちゃう人なんだろうなー(笑)、という感じ。
 一緒にいて、肩の凝らないタイプなんじゃないでしょうかね、勝手な想像ですけど。

 映画 「サヨナライツカ」 で、中山美穂サンとタンゴを踊る、という場面があって、半年間必死になって練習したのに、結局バッサリ切られていたことを、「ホントにね、すごい怒ってるんですよ」 と言いながら、やはりその怒りが伝わってこない(笑)。
 銀座の焼鳥屋では、砂肝が竹串から取れなくて、怒りの形相で取ろうと歯を食いしばっていたらしいんですが(笑)。
 でもあまり怒りが表面に出ない、とても穏やかな人だと思うんですよ、勝手な想像ですけど。

 その大親友とは、老後に勝手に夫が先に死ぬもんだと仮定して(笑)、いっしょに住もうという計画を立てているほどの仲の良さ。 そのお友達のほうがご結婚なさっているんですが、結婚式でのメッセージのときは石田サンも号泣しながらになってしまったとか。 それを思い出したのか、石田サン、またウルウル来てしまった、と目頭を押さえていました。 こんな大親友がいるなんて、羨ましい限りです。

 今回石田サンの話で興味深かったのは、石田サンが女優の仕事に向いていないと、デビューしてしばらくの間思っていた、というところ。
 私も、妹のひかりチャンが結構体当たりの演技をするのに比べて、お姉さんのほうはお行儀のいい演技をするな、とかねてから思っていたので、この証言は納得でした。

 「25歳ぐらいまでは、もう早くやめようと思ってましたね。 そもそも向いてると、思った瞬間がなくて。 ヘタだし、その…緊張するし。 カメラの前で笑うとかがまずできなくて。 で、誰かに自分を見てほしいとも思わないんですよね(笑)。 恥ずかしくって。 で早くやめようと思って。 で、30になる時に、あ、やっとこの仕事の楽しさがだんだん分かってきて、この10年ぐらいですね、この仕事をやっていてうれしいなと思うのは…でも、本当の楽しさをまだ知らないような気もします」

 高校時代にお世話になった先生の話でも、とても石田サンの、その先生に出会えてよかった、という気持ちが伝わってきて、この人は大親友のかたもそうですが、かけがえのない貴重な人生の出会いをいくつもされている人なんだなーと思いました。
 そういう人の、芯は強い。
 そんな彼女が、「芝居の本当の楽しさ」 を味わう作品に、この先出会うことを、私も陰ながら期待しております。

 それにしても、鶴瓶サンが後説で力説していたんですが、デビュー時に共演された、故緒形拳サンの石田サンへの熱血指導。 ぶん殴られたらしいのですが、そのことを石田サン、まったく覚えてなくて(笑)。
 つくづく彼女、自然体ですよね(笑)。

|

« 「不毛地帯」第15回 盛り上がってまいりました | トップページ | 玉置宏サン逝去でよみがえる、日曜の昼下がりの記憶 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47551403

この記事へのトラックバック一覧です: 「A-Studio」 石田ゆり子サン 自然な人、ですよねえ:

« 「不毛地帯」第15回 盛り上がってまいりました | トップページ | 玉置宏サン逝去でよみがえる、日曜の昼下がりの記憶 »