« 「曲げられない女」 第6回 失敗する、ということ | トップページ | 「不毛地帯」 第16回 壹岐ブチ切れの背景にあるもの »

2010年2月18日 (木)

藤田まことサン死去

 このところ、どうも訃報が続きますね。

 藤田まことサンを知ったのは、「必殺」 シリーズより先に、「てなもんや三度笠」 でした。 私どもの年代で言うと、リアルタイムでは見られるはずもないのですが、「あたり前田のクラッカー」 というギャグを、いろんなところから見知っていたんですね。
 ごくガキンチョのころ、「そんなのあたり前田のクラッカー」 などと言って、「オマエなんでそんな古い言葉知ってるの?」 と親から言われ、悦に入っていた覚えがあります(笑)。 実際にその「前田のクラッカー」 を食べたときは、なんか子供ながらも、エライ感動して(笑)。

 だから 「必殺」 にご出演されていた藤田サンも、この人もともとコメディアンなんだよなー、などと知ったかぶって見ていた(笑)。 こまっしゃくれたガキでしたねー(笑)。
 まあ、そのせいか、藤田サンの演技には、いつも拭いきれないコメディの匂いを、常に感じていたものです。
 実際、シリアスな殺人ドラマである 「必殺」 での菅井きんサンとのやりとりは、完全にコメディだったんですけどね。
 その落差が、このドラマの生命線だった気がします。

 ただ、リアルタイムでの 「てなもんや」 フォロワーでないにもかかわらず、私はいつも、藤田サンにもう一度本格的なコメディをやってほしいな、と思っていました。 藤田サンもどこかにゲストに出ると決まってそのことを質問され、自分はコメディアンとしてはやっていけないからやめたんです、みたいなことを言っていたことを、思い出します。

 私の見るドラマのカテゴリーに、なかなか入ってこないため、藤田サンの最近の演技にはご無沙汰しておりましたが、「JIN」 にお出になる、と聞いていたので、ひそかに楽しみにしておったのです。
 それがご病気で、中村敦夫サンに交代。
 実際中村サンの出番を見てみると、そんなに出ずっぱりではありませんでした。 これだけの出番にも出ることができないなんて、どんなに重い病気なのかな、と思っていたのですが。

 いい役者サンが、どんどん亡くなってしまいますね。 なんか、日本がどんどんつまらなくなるような気がするなあー。 残念でなりません。

 ご冥福を、お祈り申し上げます。

|

« 「曲げられない女」 第6回 失敗する、ということ | トップページ | 「不毛地帯」 第16回 壹岐ブチ切れの背景にあるもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47602870

この記事へのトラックバック一覧です: 藤田まことサン死去:

« 「曲げられない女」 第6回 失敗する、ということ | トップページ | 「不毛地帯」 第16回 壹岐ブチ切れの背景にあるもの »