« 「不毛地帯」 第17回 第2のシベリア、っていうのが気になる… | トップページ | 「君たちに明日はない」 最終回 宅間サンの脚本って… »

2010年2月27日 (土)

浅田真央チャンの涙

 フィギュアの女子は、冬季オリンピックでもとりわけ注目度が高い競技のように思えます。 そんな中できちんと結果を出すことができた浅田真央チャンは、とてもすごい。

 それにしても、スケートではただ走るくらいしかできない自分にとっては、フィギュアスケートの世界は、まさに超人業の世界。 バックで滑っているだけだって、尊敬しちゃうのに。
 だいたい、スケートじゃなくても、その場で3回転回ってみろ!と言われたって、回れませんし(笑)。 2回転だって、無理です(笑)。 1回転なら、できるかもしれない(笑)。

 今回本番の演技より、特に印象的だったのは、演技後の真央チャンのインタビュー。
 「長かったしあっという間だったし」 と話す真央チャンが、みるみる号泣モードになっていくところは、19歳の彼女が抱えていたそのプレッシャーの大きさを語って、余りありました。

 この女子フィギュア、私は民放の録画されたものを見たんですが、そのコマーシャルでも、浅田選手の出てくるものの、多いこと多いこと。 もしもですよ、自分が事前にそんなものばっかり出演していたら、本番時のプレッシャー、余計大きくなる気がしますけどねー。

 かたや、金メダルのキム・ヨナ選手。

 真央チャンと同じ19歳で、今回同じく涙を流してましたけど、その涙の性格が、真央チャンの流した涙とはずいぶん違うもののように感じました。
 それは確かに、キム・ヨナ選手は喜びの涙で、真央チャンの涙は悔し涙、という違いもあるのですが、それ以上に、なんか違う。

 真央チャンの涙には、自分の感情を抑えきれない、という弱さ、みたいなものを感じたのですが、キム・ヨナ選手の涙は、自分の感情を完璧にコントロールしているような、精神的な強さをうかがわせるようなものを感じたんですよ。 なんとなく、こう言っちゃなんですが、予定調和的な涙、というか。
 これって単に、キム・ヨナ選手が負けん気の強い性格だから、ってことなのかなー。 それとも、国民性の違いなのか。

 浅田選手が、オリンピックまでに、どれだけ周囲からプレッシャーを受けていたかは、うかがい知ることはできませんが、もっと本番で自分の実力を発揮できるようなメンタルトレーニングとか、騒ぎ過ぎないとか、そんな環境づくりをできなかったのかな、という気は、いたしました。

 それにしたって、すごいことには、変わりないですよ。

 特に今季、浅田選手のコンディションは、ずうーっと悪かったような気がするんですけどね。
 それがオリンピックの時に、最高の調子になってるっていうのは、コンディションを合わせたためかもしれませんが、表彰台に立つことだけでも、奇跡なように感じるんです。

 やっぱり、メダルを取る人が出ると、がぜんテンションあがってしまいますね。 現金なものですが。

|

« 「不毛地帯」 第17回 第2のシベリア、っていうのが気になる… | トップページ | 「君たちに明日はない」 最終回 宅間サンの脚本って… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47671738

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央チャンの涙:

« 「不毛地帯」 第17回 第2のシベリア、っていうのが気になる… | トップページ | 「君たちに明日はない」 最終回 宅間サンの脚本って… »