« 「チャレンジ!ホビー めざせ!ロック・ギタリスト」 待ってました! | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 2010年度メンバー、前途多難だ… »

2010年3月31日 (水)

「八日目の蝉」 第1回 来週も、…見よう、かなあ?

 タイトルが気になって見ようと思った、NHKドラマ10 「八日目の蝉」。 蝉は八日目くらいに、死んでしまいますよね。

 赤ん坊をさらって逃げる話、みたいな前知識だけはあったのですが、ドラマが始まったと同時に、いきなり檀れいサンが赤ん坊をさらうシーンで、これでもう自分が知ってることがなくなってしまいまして(笑)。

 しかもそのシーン、また結構な天気雨なのが、ドラマとしての出来を左右するほどの要因なのかな~という不安がよぎる(笑)。 つまりですよ、この天気雨、何らかの意図を持って天気雨を演出しているのか、それともそんなことはどうでもよくって晴れの日にただホースで雨を作っているのか、作り手のその姿勢によって、作品の良しあしも決まってくる、そう思うんですよ。

 物語の流れとしては、そんな天気雨の意図に対する不安が後押しするように、主人公の檀れいサンの 「ダメ女」 ぶりが浮き彫りにされていく。

 話としては非常にベタなんですが、不倫をしていたら妊娠してしまって、男に 「妻とは別れるから今回は堕ろしてくれ」 と言われて堕ろしたら、今度は妻のほうが妊娠しちゃってて、結果的に男は妻のほうを取っちゃって、とまあ、とても簡単に言ってしまうとそういう話です。

 ここまでの話の流れから言って、男(津田寛治サン)のダメ男ぶりもひどいけれど、檀れいサンのアホぶりがとても際立っている。
 なにがアホなのかって、そのー、…全体的に(笑)。
 そんなひどい男、さっさと気付けよ、っていうのが最大のアホなところなんですが(笑)。
 まあ、恋愛なんてそんなもんなんですけどね。 冷静に考えれば、そんなひどい男、って分かっていても、止められない感情、というものがあると思います。
 これを、つまらないアホドラマとして見切ってしまうかどうかが、ちょっと勝負の分かれ目なような気がします(笑)。

 私はまあ、ただのオッサンなので(笑)、途中からは檀れいサンがアホだけど可愛いなーという興味だけで、見ていたわけですが。

 で、その男の妻(板谷由夏サン)が生んだ赤ん坊を、檀れいサンはさらってしまう。
 ここでの赤ん坊の演技(?)は、おそらくその表情をしたところをタイミングよく撮ったのでしょうが、檀れいサンが思わず連れ去りたくなるような説得力を持っていました。
 
 ただ、友人(京野ことみチャン)の家に転がり込んでからも、檀サンのアブナさは全開のままでして(笑)。
 すぐばれそうなウソをつきまくって、見ている側は冷や冷やもの。
 赤ん坊が夜泣きしてもオタオタするばかりだし。 それは仕方ないんですけど、それを友人の前でいちいち見せつけるところが、アホなんですよ(笑)。 外に連れ出して泣かせたらいいのにとか、男の私でも思ってしまう。
 見ていてとても、イライラするって言うか(笑)。
 あまりにイライラしすぎて、笑っちゃうくらい幼稚。
 ここまでひどいと、もう意図的に幼稚にしている気がしてきまして。

 なんだか今回、お気づきの方もいらっしゃるでしょうか、この記事ヤケに体言止めの文章ばかりになっております。
 つまりちょっと、ウンザリしつつ、見ていたわけです。
 少なくとも、檀れいサンが赤ん坊をさらってから20年後の話に、ドラマが切り替わるまでは。

 20年後、その赤ん坊は、元の家族のもとに戻ったらしいのですが、推定年齢21歳になったその子(北乃きいチャン)、どうも父親みたいな男と、不倫をしている模様なのです。
 因果は巡る、という感じですね。
 そしてなぜだか、そのことを自分の父親にばらしてしまう。
 まるで、両親に対して復讐をしている感じなんですよ、その子。

 この話の切り替わりには、ちょっとシビレました。 うんざりしつつ見ていただけに、とてもショッキングな展開でした。
 板谷由夏サンが檀れいサンに対して、女の情念丸出しのひどい仕打ちをしていただけに、この展開はある意味、見ている側の残酷な興味をかきたてる話でもあります。

 そして途端に、エンディングタイトルの檀れいサンの、赤ん坊を抱えて逃げていくシーンが、とても愛おしく思えてくる。
 あんなに幼稚っぽく見えていたのに。
 ドラマの魔術に、久々にかかったような気がいたしました。

 ただ次回以降も、檀れいサンが幼稚な女ぶりを発揮してくれるのかなーと思うと、ちょっと見るのがゲンナリしてしまうような気もする。 おそらく偽りの母親としても、成長してはいくんでしょうが。

 続けて見るかどうかの判断が、ちょっとつきかねている状態であります。

 最後に、ダメ女だアホだ幼稚だと、これは役柄の話ですので、なにとぞご了承のほどを。

「八日目の蝉」 に関する当ブログほかの記事
第2回 ヘンなとこ、きちゃったな~http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/2-4f12.html
第3回 がらんどうの悲しみhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/3-da4d.html
第4回 穏やかな、凪のような回でしたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/4-a45c.html
第5回 逃亡の果てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/5-267b.html
第6回(最終回)もう触れることのできぬ思いhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/6-cef7.html

|

« 「チャレンジ!ホビー めざせ!ロック・ギタリスト」 待ってました! | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 2010年度メンバー、前途多難だ… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

riuさま。こんにちは。
「八日目の蝉」見ようと思っていたのに、みそこねてしまいました。riuさまのblogでなんとなく雰囲気が伝わってきました。とりあえず2回めから見てみたいと思います。
いつも丁寧な描写で記載していただき、riuさまの表現力、観察力に感心してます。

投稿: rabi | 2010年4月 1日 (木) 16時59分

rabi様
コメント、ありがとうございます。
ただの感想文をおほめいただき、恐縮です(汗)。

うーん、どうなんでしょうか、このドラマ…(笑)。 見る人を選ぶ、ドラマのような気がいたします。 女性にとっては、共感できる話、かもしれません。
檀れいサンのドラマ中の年齢設定が分からないのですが、30過ぎの女性にしては、ちょっと幼すぎるかな、という気がしたもので、記事ではかなり、否定的に書いてしまいました。

投稿: リウ | 2010年4月 1日 (木) 17時43分

録画したのでまだ見ていませんが、イラッとしましたか〜(笑) 魅力的なダメ男と真面目な詰まらない男の間で揺れるバカ女の映画をいくつか見ましたが、なんでこんなん作るのかさっぱり解らない程イライラしますもんね。端から見たら簡単な答えなのに、当事者には見えないんですかね〜。4月からは何を見たらいいのか、予想を伺いたいです(笑) 今は再放送の「結婚できない男」面白く見ています。

投稿: アールグレイ | 2010年4月 1日 (木) 21時30分

アールグレイ様
コメント、ありがとうございます。

はじめの天気雨もそうでしたが、最初の時代設定が1987年…だったかな?、銀座の場面が出てくるのですが、走っている車が完全に今のもので(笑)。 都バスのボディ全体には広告がしっかり載っているし(当時はコレ、なかったです…笑)、会話にも 「できちゃった結婚」 とか言ってましたが、当時この言葉って、あったかなあ?なんて(笑)。 ここらへんからも、ちょっと見るテンションが下がってしまった気がします(笑)。

4月からのドラマでは、TBS日曜劇場の、阿部寛サンの 「新参者」 を、ちょっと期待しています。 あと、NHKの土曜ドラマ 「チェイス~国税査察官」 かな。 まだ半月以上も待たねばならないので、ちょっとこのブログ的にも、間が持ちません(笑)。

そうそう、「結婚できない男」、最高ですよネ!

投稿: リウ | 2010年4月 1日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47955621

この記事へのトラックバック一覧です: 「八日目の蝉」 第1回 来週も、…見よう、かなあ?:

« 「チャレンジ!ホビー めざせ!ロック・ギタリスト」 待ってました! | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 2010年度メンバー、前途多難だ… »