« 「金スマ」 近藤真彦 後編 人の心を傷つける、ということ | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第1回 NHKのやる気を感じさせます »

2010年3月28日 (日)

「龍馬伝」 第13回 大友サン演出は、一味違う

 まーた長い記事になってしまいました。 勘弁してください。

 このところちっくと話がグダグダになった感のあった 「龍馬伝」 でしたが、第1部最終回の 「さらば土佐よ」 は、ようできちょりました。 ひさびさ話に、引き込まれたがです。 なんか、言いっぷりが影響されてます(笑)。 これもドラマの出来がいいからこそですね。

 ただし最初のうちにちょっとだけ、文句を書かせてくださいまし。 申し訳ないですが。
 失礼ながら、話の流れとしては、どうにも唐突感の抜けない感じは、まだちょこちょこするのです。

 まず龍馬(福山雅治サン)が土佐にいるより脱藩したほうがいい、と決断する理由付けが弱い気がします。 龍馬の考えが土佐一藩に収まりきれなくなっている、というところは描写しているんですが。
 武市(大森南朋サン)と吉田東洋(田中泯サン)との大人げないいがみ合いを見ていれば、土佐一藩で小競り合いをしていたって始まらんろう、となるのは分かります。 けれど、だから脱藩することが、龍馬にとってベストなのだ、という描かれかたが弱い。

 人間、思うようにいかないからってそこから抜け出しゃいいってもんじゃ、ないと思うんですよ。 今いるところで最善を尽くせ、と言うか。

 現代の視点から見ているから、龍馬が脱藩するのは当然のように思えてしまうんですが、脱藩して何がしたいのか、理由は若者らしいハチャメチャさでもいいですから、はっきりと龍馬に語らせてもらいたい気が、するんですよね。

 そしてもうひとつ、自分の家から脱藩者が出れば、お家断絶みたいな、その時代にとっては万死に値するようなことを、きちんとこの回ドラマでも説明しておきながら、坂本家の全員が、龍馬を脱藩させることを応援してしまうところ。
 龍馬が家を出ていってしまったあとで龍馬のお兄サン(杉本哲太サン)が、坂本家と家系続きである質屋に上士も質入れしているものがあるだろう、それを盾に取れば上士だって龍馬の脱藩で坂本家に大きなことが言えなくなるに違いない、坂本家は自分たちで守るのだ、という覚悟を語っていましたが、ドラマの見せ方としては、順番が逆だと思いました。

 まず坂本家全員の、お家取りつぶしに対する覚悟のほどを見せてから、龍馬の脱藩を応援する乙女姉やん(寺島しのぶサン)のシーンを挿入すれば、どういて坂本家は龍馬の脱藩を応援するのだ、まずお家が大事じゃないのか、と思いながら見ることもなかったですろうに。 そしてもっと、感動的で泣けるシーンになったですろうに。

 でも。

 今回のドラマは、そんな脚本のアラが隠れまくってしまうほどの、緊迫したすごいドラマになっちょりました。

 まず冒頭、先週の続きで、「龍馬、東洋を斬れ!」 と懇願する武市に、今までけっして自分の考えを強く主張することのなかった武市の妻、冨(奥貫薫サン)が、初めて武市に対して 「おまさんは、あたしのだんな様は、賢うて、穏やかで優しいお人ぞね! お願いですきに、そんな恐ろしいこと言わんといてつかあさい!」 と言い寄るのです。

 このシーンが、のちに 「やっぱり吉田様を斬れなかった」 と言いに来た龍馬に 「もういい」 と、表向き冨を安心させようとする武市の態度につながってくる。
 ただしそこで語られる武市の、完全な 「表向き」 の言葉は、ただならぬ静けさを有していて、その雰囲気で龍馬に、「自分に殺させなかったけれど、武市サンはほかの誰かに東洋の暗殺をさせるつもりだ」 と気付かせてしまう。
 その 「表向き」 の言葉に安心して、陰で龍馬と武市の話を聞いていた冨は、その場を立ち去る。 そのギシギシいう音が収まった途端、龍馬は武市に、東洋の暗殺をやめるように小声で必死に頼み込むのです。

 この部分のドラマ的な奥深さには、つくづく引き込まれました。
 これは演出の勝利なんじゃないでしょうか。

 話は前後しますが、先週私がバリバリ違和感を抱いた(笑)後藤象二郎(青木崇高サン)のゲハゲハ笑いの 「龍馬を殺せ」 指令から、弥太郎(香川照之サン)が龍馬に毒を盛って、それが失敗するまでの話。

 大口と憎まれ口ばかり叩いていた弥太郎が、いざ大事を頼まれたらビクビクものだった(笑)、という香川サンの演技は、実にうまかった! これも、脚本通りにやってたら、いかにも浅くなってしまいがちなシーンだったと思います。
 ふだん通りを装う、ということが全くできない弥太郎(笑)の、力の入りまくった肩の動き(笑)、龍馬と目を合わせようとしない動き、キョロキョロしながらふるえる手で湯呑に毒を入れようとする動き、すべてが最高の演技でした。 三菱にお勤めの方々には、創業者が坂本龍馬を毒殺、なんてとんでもなかっただろうとお察し申し上げますが、ワタシ個人的には、ちっとも企業イメージ悪化になっておりませんから。
 弥太郎はすんでのところで、龍馬の毒入り湯呑を払いのける。

 そしてここで、暗殺未遂に終わった龍馬毒殺について、弥太郎に勘違い気味の解説をさせる。 これは完全なる脚本の勝利であります。

 「後藤象二郎様に命じられたがじゃ! 吉田様の甥っこぜよ。 ちゅうことは、吉田様がおまんを殺せとお命じになったがじゃ!(ここがカンチガイ…笑)。 だがのう龍馬! おまんを助けたかったわけじゃないき! …悔しかったがじゃ! この土佐じゃ、やっぱり下士は虫けらながじゃ! 上士に命じられて、虫けらが虫けらに、毒を盛る…こんーな滑稽で、こんーなみじめなことがあるかえ?」

 「虫けらが虫けらに毒を盛る」…奥の深い、すごいセリフだと思いました。
 なんだかんだ言いつつ、龍馬のことを気にかけているから、殺せるはずもない。 だがそんな自分の置かれている境遇の、情けなさのほうが先に立ってしまう。 実に弥太郎の考えそうなことではないですか。
 龍馬はこの話に、上士と下士の関係にがんじがらめになっている土佐藩の現況を、痛感したに違いないのです。

 そして、東洋のところへ意見をしに来た龍馬。
 武市を藩政に加わらせ、上士と下士の争いを鎮静化させよ、というのが龍馬の言い分。

 それに東洋は、こう答えるのです。

 「能力があると思うたら、わしは下士やちどんどん引上げちゃるぜよ。 武市を足蹴にしたがは、やつが無能やき!」

 ここでようやく分かったのですが、吉田東洋の価値基準の中心には、有能か無能か、ということしかない。 それがこのドラマにおける、吉田東洋という人物の解釈の仕方なんです。
 だからこそ 「自分は天才だからなんでもやっていいんじゃー!」(笑)とか、衆目の中であれだけ武市を足蹴にしまくったりとか、見ている側がドン引きしたくなることが、できたんでしょうね。
 その吉田に、再び龍馬を抱き込ませようというセリフを、しゃべらせる。
 龍馬にしてみれば、これもまた土佐というコップの中の嵐であって、うんざりするような話であることは、確かなのです。

 この時に象二郎の、龍馬毒殺のたくらみが東洋に露見してしまう展開は、東洋鋭すぎ…(笑)…とツッコミを入れたくなりますが、それで弥太郎のところへ命令遂行失敗におとがめなしの報せが来るところは、抱腹絶倒ものの可笑しさでした(笑)。
 好きだよなあ、福田靖サン、こういうマンガチックな話(笑)。

 この、弥太郎の抱腹絶倒シーンのバックに必ず流れる、彰義隊が演奏するような(よく知らんのですが…笑)、明治時代の鼓笛隊が演奏するような音楽は、私とても好きなんですけど。 サウンドトラック、買いたくなります。

 そして坂本家の朝餉の席。

 ダレソレが脱藩したとかいう話になり、龍馬はそういうことはないろ?と話を向けられ、ひどく狼狽してその場を立ち去ってしまう龍馬。
 そのとき家族全員が、「龍馬にその気あり」 と気付いてしまうのです。
 この、家族全員の表情を追う演出は、とても優れていたと感じます。

 ただここで 「そんなことはとんでもない!」 と怒る杉本哲太サンに、乙女姉やんが 「龍馬はやっと、自分のやりたいことを見つけたんだ」 と反駁するんですが、ここはもっと、当時のお武家にとってお家がいかに大事だったか、という概念を、折り込んでもらいたかったですね。

 そして、先ほど述べた、龍馬が武市の東洋暗殺を引きとめる、あのシーンですよ。

 そのとき武市が昔話を語るんですが、ここもよかったなあ。
 子供の頃、スズメを酔っぱらわせると面白いように生け捕りに出来る、という話(これって私なんかは、反射的に 「カムイ伝」 を思い出してしまうんですが)を聞いて試してみたけれども、失敗に終わった、という話。

 「わしとおまんは、ふたりでそれ(逃げたスズメ)を見送ったがじゃ。 ハハハ…。 アホじゃったのう、わしらは。 …人ゆうもんは、歳をとって、それなりに賢こうなると、おんなじものをずうっと一緒に見続けることは出来んがじゃ。 スズメを見送ったあの時とは、もう違うがぜよ」

 ここで龍馬は、もう完全に土佐に見切りをつけたような感じなのですが。

 で、龍馬はそれとなく弥太郎に別れの挨拶をしに行き、戻ってみると、乙女姉やんが龍馬の旅支度を勝手にしている。
 ここの感想は、先に述べたとおりです。
 龍馬、脱藩です。

 けれども、冒頭に述べたような、話として弱いかなと思わせる部分が、今回は帳消しになっていると感じたことは、事実であります。
 それはどうしてだろうと思ったのですが、やっぱり演出を担当した、大友啓史サンの底力によるものが大きいのではないか、という、自分なりの結論に達しました。

 その演出が最高の力を発揮したのが、今回ラストの吉田東洋暗殺シーン。

 どしゃ降りの雨の中、斬る側も、斬られる側も、いかにも無様な立ち回り。
 このバタバタした殺陣の演出には、シビレまくりました。
 これが時代劇でよく見るような殺陣の方法だったら、リアリティなど全く感じなかったことでしょう。
 田中泯サン、最後まで、カッコよすぎです…。
 そして、「ハゲタカ」 を思わせるブルーの強調された画面に、叩きつける雨のしずくが、赤く点滅する。 血の色ですよね。
 大河史上に残る、名シーンだと感じました。

 そのほかにも、都合3回出てきた春猪(前田敦子チャン)の龍馬を起こすシーン(3回目に呼びに行った時、龍馬がいなかった、という見せかたは、最高でした!)とか、喜勢(マイコサン)が 「土佐を離れたくない!」 とごねるシーン(気になりますねえ、その理由…)とか、細部にまでいちいちこだわった作りが、ドラマとしての見ごたえをさらに増しているような気がします。

 肝心の龍馬の心理状態が、いまいち伝わってこないうらみはあるのですが、ドラマ全体のディティールとして、ここまで見せてくれれば、多少の不満点は解消してしまう。 そんなタイプのドラマの見本なんじゃないでしょうかね。 だから演出のキモをきちんと押さえていないと、途端に物語の弱さが露呈する。 演出家の、ウデの見せどころ、という気がします。

当ブログ 「龍馬伝」 に関する記事
♯01論点が、はっきりしちゅうhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/1-e718.html
♯02えらい天気雨じゃったのう(笑)http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/2-a44b.html
♯03食われっぱなしぜよ、福山サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/3-8e96.html
♯04佐那チャン、ツンデレ、してません?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/4-5776.html
♯05アイデンティティの崩壊http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/5-d115.html
♯06本分をわきまえる、ということhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/6-766e.html
♯07父のこころ、子のこころhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/7-e1b3.html
♯08汚さに磨きがかかる(なんだソレ?)弥太郎殿http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/8-8680.html
♯09思想か、命かhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/02/9-febd.html
♯10もっとなんとかできたはずhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/10-b847.html
♯11龍馬が担ぎ出される、その理由http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/11-ac67.html
♯12武市の心理、執拗にやってますねhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/12-2a95.html

« 「金スマ」 近藤真彦 後編 人の心を傷つける、ということ | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第1回 NHKのやる気を感じさせます »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第13回 大友サン演出は、一味違う:

« 「金スマ」 近藤真彦 後編 人の心を傷つける、ということ | トップページ | 「ゲゲゲの女房」 第1回 NHKのやる気を感じさせます »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ