« 「総力報道!THE NEWS」 が終わって | トップページ | 「チャレンジ!ホビー めざせ!ロック・ギタリスト」 待ってました! »

2010年3月30日 (火)

「鶴瓶の家族に乾杯」 福島県小野町 キョーレツな人ふたり

 去年(2009年)の夏ごろでしたか、「家族に乾杯」 で私の生まれた場所である、福島県三春町を取り上げていただいたんですが(その時の記事はこちらhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-f20c.html)、今回3月29日の放送では、そこから地理的に近い、小野町が舞台でした。
 この三春町と小野町の、ちょうど中間あたりになるのかな、芦沢という場所なんですが、私の祖母の家、要するに私の田舎がかつてありました。
 まあ、芦沢にはなんにもないですからね、今回のような小野小町とか。 小野町は、人形のリカちゃんのお城とか、あったような気がしますが、今はどうなっているのかな? いずれにせよ、番組ではさすが小野小町の町、と言えるほど、切れ長の目をした美人サンがいっぱい出てきましたね。 へえー、芦沢にはバッパ(バアサマ)ばかりだったけどな~(笑)。 ゲストが志村けんサンだったので、美人もそのオーラに吸い寄せられるのかもしれませんです(笑)。

 ただし番組的に面白かったのは、鶴瓶サンと志村サンが初めに出会った食堂のオジサンと、志村サンが出会った、人をはたきまくるオバチャン(笑)。

 食堂のオジサンは橋本サンといって、別に私の親戚じゃありませんが(橋本ってのは、多いんですよ、この地方…笑)、この人が昼間っから酔っぱらっているようなテンションの持ち主で(笑)。
 「分かりまっしぇーん!」 とか(私の知り合いの福島県人で、この言い回しする人、ヤケに多いんですが…笑…)、電話の子機をケータイみたいにして首からぶら下げてたり(笑い転げました…)。
 高校生の頃ベントルズという、ベンチャーズとビートルズを合わせた、なんともしまりのない名前のバンドもやってたとか(笑)。 ドラムを担当していたらしくて、スティックだけでその手さばきも披露してくれましたが、「ウォーク・ドント・ラン」 かな?これは。
 美人を探す鶴瓶サンと志村サンに、「平野屋っていう魚屋さんが美人かな」 と言いながら、「いくつなの?」 と訊くと 「70くらいかな?」(笑)。 聞いた途端に鶴瓶サンも志村サンも 「(バカにすんな…)」 というリアクションで、大笑いしました。

 でもそこの食堂のちゃんぽん、あとで紹介されてましたけど、うまそうだったなあ。
 宿場町だったためその名残で食堂が多いというこの町、食堂メニューがそのほかにもいろいろ紹介されていましたが、総じて量が半端でなく多い(笑)。
 いや、そうなんですよ(笑)、実際。
 三春のほうはひらけてきたせいか以前ほど多くはなくなった気がするんですが、ここらへんの食堂って、東京人のレベルでは食べきれないほど、量が多いんです。
 地方に行くと、そういうことって結構あるんですけどね。 あの大盛りラーメンとか見ていたら、芦沢の 「朝日屋食堂」 をなつかしく思い出しました…。 もう一度、食べたいものです…。 まだご主人は、ご健在なのでしょうか?

 話は戻りますが、もうひとりの印象的な人は、家内工業っぽい観光タクシーの、オペレータの仕事をしている鈴木サンというオバサン。
 見るなり志村サンに抱きついて、何かというと肩をはたきまくる(笑)。 志村サンもタジタジで、「お母さんすごい力だね」 って(笑)。 ケータイで写真を撮ったのにうまくいってなくて、番組後半でまたあらわれて(笑)。 志村サン、あまりに強くはたかれまくったので、もう会いたくなかったみたいだったんですけど(笑)。

 鶴瓶サンも一般人いじりがうまいんですが、志村サンも相当なものですよね。

 この小野町、結構平らかな町なので、私のふるさとなどに比べると雰囲気的に似ても似つかないんですが、やっぱりふるさとと近い場所なのです。 番組を見ていて、その懐かしい匂いを強く求めている自分に、ふと気付きました。

|

« 「総力報道!THE NEWS」 が終わって | トップページ | 「チャレンジ!ホビー めざせ!ロック・ギタリスト」 待ってました! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47946264

この記事へのトラックバック一覧です: 「鶴瓶の家族に乾杯」 福島県小野町 キョーレツな人ふたり:

« 「総力報道!THE NEWS」 が終わって | トップページ | 「チャレンジ!ホビー めざせ!ロック・ギタリスト」 待ってました! »