« 「不毛地帯」 第18回 サドンデスの様相 | トップページ | 「龍馬を愛した女たち~ヒロインたちの龍馬伝~」 ヒロスエとしほりチャン »

2010年3月 6日 (土)

「金スマ」 近藤真彦 前編 アタマから水がピューの真相

 当ブログ 「金スマ」 マッチ 後編の記事は、こちらです↓
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/post-2b97.html

 私の高校時代の友達の、その友達だった、近藤真彦サン。
 そのせいもあって、なんとなく同級生感覚で彼のことは見守ってきたんですが。
 当時から既にビートルズどっぷりだった私には、マッチのうたう歌というのは全く管轄外で(笑)。 私の妹たちは、まさにマッチファンの世代でした。 そのせいで、マッチのシングル盤を私も何枚か、誕生日プレゼントで買った記憶があります。 恥ずかしかった~(笑)。

 かく言う私も、妹たちと一緒に、「ザ・ベストテン」 を見ていたクチでして。
 まあもともとは、私がスタート当初から見ていたのを、妹たちも一緒になって見出した、という、…何を張り合ってるんでしょーかね(笑)。 どっちが先でも、別によろしいんですが(笑)。 でも、当時は家族そろって、テレビは見ていたものですね。

 ともかく今回、「金スマ」 でたっぷり流された近藤真彦サンの 「ザ・ベストテン」 映像は、1983年あたりまで、ことごとく見てた記憶があって、我ながら驚きました。 1983年って言ったら、私大学生ですよ(笑)。 さすがにその時には、毎週欠かさず見ていたなんてヘビーローテーションじゃなかったと思います。

 デビュー曲 「スニーカーぶる~す」 で初登場の時も見ていたし、女の子の波の中にダイブっていうのも見てました。 腕を骨折してホータイ巻いてたのも覚えてるし、ボートから夜の海へ飛び込むのも見てましたし、表参道でオープンカーに乗りながら歌ったのも覚えています。 「ハイティーン・ブギ」 のボツになったセリフ、「好きだよ、好きだよ~っ!」 って叫んでいたのも、見てました。 ビル清掃のゴンドラに乗って歌っていたのも。 よーするに、当時は毎週欠かさずに、見てたんですよ(笑)。

 で、番組内でいかにも大事件みたいに語られていた 「マッチの頭から水がピュー」 事件ですが、この1983年の年末に放送されたベストテンの特番で、迷・名場面集、というのがあって、その時にも採り上げられたシーンだったんですよ。 当時はどこが面白いのかちっとも分からなかったんですけどね。

 「頭から水がピュー」 事件、というのは、「金スマ」 をご覧になっていなかった方のためにご説明申し上げますと、当時さまざまに奇抜な演出をしていたベストテンの演出家が、火に包まれた少女をマッチが救出する、というストーリーを考えまして、その際に頭に穴のあいたチューブを巻きつけ、そこから水を流すことによってマッチの額から汗が流れる、という演出を狙ったのですが、それが見事に失敗。 「頭から水がピュー」 というほどひどくはなかったんですが、まるで頭から水がわき出てくるようなマヌケな感じになってしまった。

 これだけでは、ああ失敗失敗、って、ちっとも事件っぽくないんですが。

 これに腹を立てたマッチが、歌い終わった直後スタジオを出て帰ろうとしてしまったのを、なんとかなだめすかして、スタジオに戻らせた、ということだったらしいのです。
 そういう舞台裏があったとは、初めて知りました。 まあ、言うほど大したことでもないような気もいたしますが(笑)。

 それでも、「ベストテン」 の一連の映像を見ていて、今から考えれば当時は、とても考えられないようなハチャメチャを、テレビってやっていたんだなあって、あらためて感じました。 当時はそれが当たり前だと、気にも留めなかったんですけどね。 始末書が飛び交っていた、という 「ベストテン」 の裏側には、当時のテレビマンたちの熱いゴーインさが伝わってくるのです。

 それにしても、当時から私、マッチのうたう歌には、とても不満があって。

 というより、どうしてこういう下らん歌ばかり歌わせるのだろう、という、スタッフの側に対する不満ですね。
 同時期に活躍した田原俊彦サン(トシちゃん) より確実に歌がうまいのに、どうしてトシちゃんと同じようなレベルの歌を歌わせるのか。 やんちゃ坊主レベルの歌ばかり歌わせるのか。 そういつも思っていました。
 いや、けっしてトシちゃんの歌をけなしているわけではありませんよ。
 彼の歌唱力のまずさにぴったりの歌を歌っている、という点で、それには感心していたし、曲は結構好きでしたし。 「ニンジン娘」 とか。 アレは当時、気がつくとくちづさんでいたもんです…(笑)。
 だいたい浅田美代子サンの時代から、歌のまずいのにはならされていた、っていうか。
 …イカン、言い訳するたびドツボにはまっていく気がする(笑)。

 ともかくそのうちに 「ザ・ベストテン」 の 「今週のスポット・ライト」 に、横浜銀蠅が出てきて。

 番組中でその直後に出てきたのが、マッチでした。

 横浜銀蠅の、当時としてはものすごいハイテンションな歌のあとに歌われたマッチの歌は、ハチャメチャに迫力がなくて、その時もテレビを一緒に見ていた妹たちも、聞き慣れていた曲だったにもかかわらず、「なんかしょぼい」 と、ショックを受けていた模様でした。 私も、ビートルズの歌と 「ザ・ベストテン」 の歌は全く別カテゴリーだと割り切って見ておりましたから、ほとんどビートルズに肉薄する横浜銀蠅のインパクトの前に、あらためて日本の歌謡界の、あまりのヌルさを思い知ったのです。 妹同様、ショックでした。 黒船来航、っていうか(笑)。

 その後の横浜銀蠅の活躍は、ご存じのとおり…と言っても、若い人は知らんだろうなあ。
 銀蠅ファミリーのひとりが、「龍馬伝」 で福山クンのお兄さんをやってる人で、もうひとりが 「ウェルかめ」 でヴァン(分からんか…武田航平クンです)の父親役をやってる人であります。 杉本哲太サンと、嶋大輔サン。 銀蠅本体のほうは、あまりお見かけいたしませんね。

 話はそれましたが、マッチがようやく等身大の歌をもらったな、と思ったのが、「愚か者」 でした。 この路線でどんどん大人の歌を歌ってもらいたかったのですが、どーもスタッフに恵まれない感が、未だにつきまとっている気がするのです、失礼ながら。

 今回の番組で歌われた新曲、「恋 ざんばら」 も、題名だけ聞くと、頼むよなあ、と言いたくなるのですが、曲を聴いたら、結構よかったな。 なんかこの曲、数パターンあるみたいですね。

 マッチの人生は、「ザ・ベストテン」 中心に考えると、かなり栄光に包まれているような気もするのですが、次回(3月26日放送)の3時間SP後編では、結構シビアな話もするみたいです。 見たいような気もしますが、見たくないような気も…。 でも、その話っていったい、話せる話なのか、だいぶ気になったりしてます。
 なにしろ彼女のほうは、未だにその傷がいやせていない気がするものですから。

 蛇足ですが、マッチの 「ザ・ベストテン」 出演シーンだけをまとめたDVDボックスセットとか、百恵チャンみたいに出してみたら面白いような気がするんですけど。

|

« 「不毛地帯」 第18回 サドンデスの様相 | トップページ | 「龍馬を愛した女たち~ヒロインたちの龍馬伝~」 ヒロスエとしほりチャン »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47733983

この記事へのトラックバック一覧です: 「金スマ」 近藤真彦 前編 アタマから水がピューの真相:

« 「不毛地帯」 第18回 サドンデスの様相 | トップページ | 「龍馬を愛した女たち~ヒロインたちの龍馬伝~」 ヒロスエとしほりチャン »