« カバー曲に見る、ビートルズを取り巻く時代の 「懐かしさ」 | トップページ | リーマンショック以降に見た 「ハゲタカ」 »

2010年3月 2日 (火)

津波情報とテレビの関係

 チリ地震の影響による津波情報がテレビに出続けたことに対して、ちょっとした議論が起きているようです。
 個人的な意見を言わせてもらえば、確かに重要な情報であることに間違いはないけれど、もっと小さな表示にするとか、表示の仕方には検討の余地はあると思います。

 特に今回の件で、「再放送を断固要求する」 みたいな強い調子で憤っているのが、「鋼の錬金術師」 などのアニメファン。
 私もアニメ好きなほうなので、彼らの心情も分かる気がします。

 つまり、アニメーションというのは現在、とても情報量が多い作りになっている。
 重度の(笑)アニメファンになると、メインの登場人物だけ見ていないんですよ。
 画面にちょっとだけ出てくるようなものに、製作者のちょっとした遊びや重要な意図が隠されている場合がある。 「鋼の錬金術師」 がそういう作りになっているかどうかは分かりませんが、画面の一部分が隠されることに、特にアニメファンが敏感なのは、そういう事情があります。

 また、そういう人に限って、番組を何回も見るために録画保存しようとする傾向にある。
 ここには一種の、ビンボー人根性も働いているわけですが(笑)。
 要するに、DVD買って見りゃいいだろうとか、よく言う人がいますけど、それって結構、カネのかかる話なんですよ。 日本のアニメーションは、やたらと売れるくせに、設定単価が異常に高い。 ここらへんは、日本のアニメ事情を取り巻くややこしい話が絡んでくるので省略しますが、とにかく録画保存しようとする向きにとっては、今回の津波情報に限らず、地震情報だろうがニュース速報だろうが番組プレゼントのお知らせだろうが、スーパーインポーズというものが、基本的にすっごくジャマなんです(笑)。 これはなにも、アニメに限った話ではないですけどね。

 私が今回の津波情報に直接接したのは、「笑点」 と 「龍馬伝」(午後6時からのNHK衛星ハイビジョン)「NHKニュース7」 を見たときだけでした。
 つまり、津波情報が流れているあいだ、私がテレビを見たのは、この時間帯だけだったのです(テレビ中毒者のはずなんですが…笑)。
 最初のうちは、「大津波」 なんて書いてあるので、大変なことが起こっている、という認識を強く持ったのですが、それ以降は、とても不謹慎ですが、とてもうっとうしくなってきて。
 どうにかなんないものなのかなあと、とても感じました。

 だいたい、この津波情報はテレビだからこそ出来ることで、テレビの持つ重要性のひとつであるとも考えられます。 ラジオで四六時中、それこそ片時も途切れず情報を流すわけにもいかないですしね。
 けれども、私みたいに当日の午後5時半からテレビを見た人間にとっては、もうすでに手遅れの情報だったりする。 テレビを見ない人は、完全に情報から、取り残されることになる。

 やはり何と言っても重要なのは、その危険地域の町内放送とか、地域限定の原始的な手作業感覚のコミュニケーション、ということに尽きるんじゃないでしょうか。
 これをテレビの津波情報を出していればそれで事足りる、という感覚になってしまっていることに、大きな問題が含まれているような気がします。 本当にその情報が必要なのは、誰よりも、まさにその時間、その地域にいる人たち、なのですから。

 今回の議論を見ていて感じるのは、テレビを見ることに命をかけているような(笑)、と言うか、番組をきちんと見たい、という向きの人たち(私も含みます)、さらにその情報が関係ない地域の人たちほど、この津波情報を否定的にとらえている、ということ。
 逆に、テレビ番組というものをさほど重要視していない人たちは、この津波情報を 「当然だ」「これこそがテレビの役割だ」 と考えている気がします。
 価値観は人それぞれですので、それがいいか悪いかはここでは論じませんが、私はいずれの議論にも、「当事者にとって一番有益な情報とはなんなのか」 という視点がないように思えるのです。 これは津波警報をうっとうしく考えてしまった、私にも言えることなのですが。

|

« カバー曲に見る、ビートルズを取り巻く時代の 「懐かしさ」 | トップページ | リーマンショック以降に見た 「ハゲタカ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

TBSとmbsでは再放送が決定したみたいですよ。

投稿: 鋼の | 2010年3月 2日 (火) 13時10分

鋼の 様
そうですか! やはりアニメファンの圧力が、凄かったんでしょーか(笑)。

投稿: リウ | 2010年3月 2日 (火) 13時53分

しかも点滅してましたよね?

日本の全人口の何割にあたる人たちが関係することなのか・・・、と考えるとちょっとね・・・。

あと昨年の衆議院選挙の時も感じましたが、民放各局同じことをやらずにNHKが代表してやればいい!って思っちゃいました。

投稿: けん | 2010年3月 3日 (水) 09時48分

けん様

点滅しなきゃ分からない、って、理解はできますけど、テレビをずーっと見ていると、結構圧迫感じる、というか。

それに、テレビで知らせてりゃそれでオーケーというのがいかにも血が通ってない気がするんですよね。

選挙の開票番組って、各局とも視聴率取れるからだけの理由でやってるような気がします(笑)。
民放の開票番組は、わざとらしくて見る気がしません(笑)。 NHKがいちばん!

投稿: リウ | 2010年3月 3日 (水) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/47703622

この記事へのトラックバック一覧です: 津波情報とテレビの関係:

» 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST第46話の感想 [PiichanのBlog]
グラマンの狡猾さがよくえがかれた内容だったとおもいます。ブラッドレイが乗車していた列車が爆破されましたが、ブラッドレイがそう簡単にしぬわけがないのでその辺がどう描写されるのか興味があります。コードギアスはこういうのを実にうまくえがいていたのですけどね。グ....... [続きを読む]

受信: 2010年3月 7日 (日) 22時01分

« カバー曲に見る、ビートルズを取り巻く時代の 「懐かしさ」 | トップページ | リーマンショック以降に見た 「ハゲタカ」 »